コンフォリア・レジデンシャル投資法人(3282)がIPOをします。


コンフォリア・レジデンシャル投資法人IPO


コンフォリア・レジデンシャルは東急グループがスポンサーになり
都市型高級賃貸マンションを勧めてきました。
2010年6月に設立された若い企業です。
東急不動産にとっては、アクティビア・プロパティーズ投資法人に次ぎ2本目に
なるリートとなります。
資産規模は612億円となっており、上場により約100億円を調達する予定です。
これにより上場時の資産は712億円になるとの事です。


上場日:2/6
BB期間:1/22-1/25
仮条件日:1/21
価格決定:1/28
主幹事:みずほ証券とSMBC日興証券
投資口発行18,691口、売出し27,800口、オーバーアロットメントによる売出し3,264口


東急不動産が100%出資している子会社なので安心感はあります。
将来的には住居系資産特化型のリートをして頑張るそうですよ~


【Jリートニュース】
コンフォリア・レジデンシャル投資法人(CRR)が2月6日東証に上場する(証券コード3282)。スポンサーは東急不動産1社。東急不動産にとっては、商業施設及びオフィスビルを運用するアクティビア・プロパティーズ投資法人に次いで2本目のREIT上場となる。投資対象はレジデンスに特化し、東急不動産の賃貸マンションブランド「コンフォリア」シリーズを中心に組入れる。CRRは2010年設立後私募で運用しており資産規模は612億円となる。上場に際し、投資口発行18,691口、売出し27,800口、オーバーアロットメントによる売出し3,264口を行う。これにより約100億円を新規調達し、レジデンス5棟を取得し、上場時資産規模は712億円を見込む。ブックビルディングは1月22日~1月25日、発行価格決定日は1月28日、主幹事証券会社はみずほ証券とSMBC日興証券。



BBまでに期間がありますので、先日担当者と話したときに「人気があれば申込む」
と伝えておきました。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!