チャーム・ケア・コーポレーション(6062)IPOを考えてみましょう。介護事業なので社会貢献的な意味合いもあり公開価格はこえてくるかもしれません。業績はまずまずなので積極的申し込みスタンスの方は多そうです。


業種:サービス業
市場:ジャスダックS
公開予定:04/27
BB期間:4/11-4/17


【事業詳細】
介護付き有料老人ホームが主力。同施設や併設施設にて、介護保険法の適用を受ける介護サービスを提供している。運営ホームのブランド名「チャーム」は、英語の「Charm=魅力」に由来する。全室個室によるプライバシーの保護や、家具や寝具などの持ち込みを可能とすることで住み慣れた住環境を提供している。

現社長の下村隆彦氏が還暦を迎えた時、介護コンサルタントに出会ったことを機に介護ビジネスへの参入を決意。自身が経営していた下村建設により、2003年9月に旧・愛ライフを買収した。愛ライフは2000年に介護事業を開始していた。その後2007年2月、上場を目指すことを前提に下村氏が全株を取得。同年12月に現社名に変更した。なお、下村氏は現在も下村建設の非常勤取締役会長を兼務しているほか、近親者も含め53%の株式を保有している。

2011年6月期の売上高構成比は、介護事業98.5%、その他1.5%。主な販売先は大阪府国民健康保険団体連合会28.5%。2011年12月末現在の有利子負債比率は74.6%


介護事業は今後期待されていますが、私も以前は病院に勤務していて
特別養護老人ホームの立ち上げを遠目にみていたつまらない人です・・・・
どうでもいいですが、数億円をかけて作ったはいいけど大丈夫なのか?
と思っていたら予想に反して即完売状態で凄くびっくりした事があります。
友人は現在でも務めていますが、現状をこの前聞いたら規模拡大だと言っており
家に帰れないほどの仕事量だそうです(尊敬します)


チャーム・ケア・コーポレーションの業績は順調ですが、2011年6月決算では
当期利益が前年度の倍以上になっており地味な業種でなぜに?
本年度の中間決済でもいい感じの内容です。
上場後の下方修正は無いと思いますが、あったら怖いですね~


株式面では、ストックオプションやVCなどの出資はないので需給面では
問題が無いと思われます。上位株主にもロックアップがかかいます。
地味な業種なので初値で買う理由も特にないし、配当も無いので私はパス案件
になります。良い初値が付けばIPO投資家として嬉しいだけです!
マザーズで情報通信業が出てくると今度も爆上げしそうなのでそちらに期待
したいと思っています。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!