電算(3640)新規承認!

業種:情報・通信業
市場:東証2部
公開予定日:06/24
BB期間:06/07-06/11

【事業内容】
情報処理事業

100株単位
公募株数 190,000
売出株数  5,000
合計枚数 195.000(1950枚)

想定価格 3500円 ⇒ 35万円必要
仮条件  3200円-3500円

野村證券(主幹事)           156,200
三菱UFJモルガン・スタンレー証券  15,600
大和証券キャピタル・マーケッツ     7,800
八十二証券                 7,800
岡三証券                   1,900
高木証券                   1,900
長野證券                   1,900
SBI証券                   1,900


■電算のポイント
オーバーアロットメントによる売出し29000株
吸収金額は6.8億円と少なく情報・通信業業で期待♪(OA含まず)

財務状況は安定していて増益が見込まれていて純資産も
増えています。
筆頭株主は信越放送で44.59%になっていました。放送会社とはどんな
関係があるのでしょうか?
会社設立は1966年になっており老舗です。
東証2部にはマイナーだが実力派も多く存在しています。
最近の東証2部は一昔前と違って公募割れしにくいですから
ここは人気でるかな??
電算の詳細は後日

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!