FXのチャート設定で利益が出る事は多いです。
チャートに頼らない方もいるかもしれませんが、大多数の方はチャートを
見て取引していると思います。
初心者に多いのは何かしらの情報を見つけて取引をすれば勝てると思って
いる方も多いと思います。(昔の私のように)


私が思うチャートの使い方は、スキャルピング派スイング派に分かれると思います。スキャルピングでは実レートと同時、または実レートよりも速く動くチャート
有利になります。
「そんな企業ないよ」と思う方は現在持っている口座のレートやチャートを比較して
みてみると何かつかめる事があるかもしれません。

スイング派の方はある程度チャート機能が備わっている企業であればどこでも
よいと思います。 (人気⇒ Foreland
ただスキャルピング派の方は一瞬が全てだったりするので出来るならば
チャートが速いに越した事はありませんね。
と言っても私はスキャル派なのでスイングを語るほど知りませんが・・・。

ただ、トレードをするにはストップを入れることになると思いますが
スキャルとスイングではストップの数値がまったく違います。
それにストップを入れる場合はストップを入れる目安があります。
無意味なストップは損切りになるし適切とは言いがたいと思います。

米ドルを日足で見てみるとどうでしょう?
米ドル 日足 

直近では92円が上値で下値が88円程度ですね。
前回の92円までの上昇の時は私はノーポジでしたが下げを確認した
段階でショートエントリーです。
私なりのショートエントリーサインも出ていたのでとりあえず参加ですね。
大きく賭けて大きく取れればいいのですが私には無理なので勝率がよい
ところだけ頂いています。
今までの下落も後で確認してみればサポートラインとレジスタンスラインが
はっきり出ています。

緑のライン
米ドル 日足1 

しかしチャートをにらめっこしているとなかなか難しいので大きく取れません。
今朝も超下落していたので美味しいところでしたが仕事に出かけたので
指をくわえてみていただけです。
スキャルピング派スイング派ではどちらがいいとは言えませんが
私個人としてはその時その時で終わらせてしまうスキャルピング派
人間的余裕が出来ていいですね。
今度時間があれば簡単エントリーポイントを載せたいと思います。


スキャルピング派に欠かせないチャート企業⇒ マネーパートナーズ
※特に指標時スキャルに有効