エフオーアイ(6253)が東証マザーズへ新規上場承認されました。公開株数が8.1万株と多く少し気が引けます。しかも半導体はあまり人気が無いためどうなるでしょうか。想定発行価格は低いため何とか公開価格割れはないれべるでしょうか。


業種: 機械
市場: 東証マザーズ
公開予定日: 11月20日
BB期間: 11/04-11/10

【事業内容】
半導体製造装置の製品開発、製造、販売

100株単位
公募株数 6,750,000
売出株数 1,350,000
合計枚数 8,100,000 (81.000枚)

想定価格 850円 ⇒ 8.5万円必要
仮条件   800円 – 850円

みずほインベスターズ(主幹事)  5,942,700 (75.01%)
SBI証券      633,800
東洋証券     316,900
高木証券     237,600
松井証券     237,600
香川証券     237,600
三菱UFJ証券    79,200
藍澤證券      79,200
丸三証券      79,200
マネックス証券   79,200


エフオーアイのポイント

オーバーアロットメントによる売出し1,215,000株
吸収金額約68.8億円となり、OAを含めると約79.2億円となり
マザーズの上場規模を考えると少し大きいと思います。
三菱総研でも東証2部で66億円の上場(2200円計算)だったので
なんとなく鈍い動きになりそうです。
しかし半導体銘柄も少し上向きになってきているようですので今後も
チェックでしょうか。

みずほインベスターズ主幹事だという所が個人的に悩みます。
今のところ参加予定です。
野村證券だと割れるときは公募価格に近いところで買い支えしてくれる
印象があるので・・・・

企業の収益は順調に推移していると思われますが2009/03決算からは
やはり大きく減益のようです。しかしながら黒字を確保しているのは
すばらしいといえるのではないかと思います。
ただ、目論見書を見ると純資産も大きく減っているので気になります。
結構地味なホームページとなっています。
株主もファンド系があり、幹事団も10社とちょっと多いですね。
連結子会社は、台湾・韓国・アメリカとなっていてグローバル企業!
さて初値は飛ぶのでしょうか?

当選を狙うならインベスターズは参加しておく必要があります。
さらに副幹事がSBI証券となっていてある程度こちらも当選確率が
高くなると思われます。(ポイント使う方はあまりいないでしょう)
忘れそうなのがBBが後期型松井証券でしょう~!

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!