トライアルホールディングス(141A)IPOの上場直前の初値予想と東京証券取引所から発表された気配運用を調べました。


機関投資家需要は国内だけでなく海外もあるようです。再承認案件で失敗が許されないだけに期待している投資家が多そうです。セカンダリーも賑わいそうです!


トライアルホールディングス(141A)IPOの上場直前の初値予想
※トライアルホールディングス公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段1,700円(公募・売出価格)
上限値段3,910円(更新値幅85円、更新時間10分)
下限値段1,275円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲425円以上、6,800円以下


トライアルHDは九州地盤のディスカウントストア大手になり業績拡大が続いています。


所得の伸び悩みが日本では起きているためディスカウント小売業にも買いが入っているようです。PER的には高いと観測されていましたが成長性を考えると問題なさそうです。


最終的な上場規模は約446.8億円、時価総額は約2,021.1億円になりました。PERは16.3倍になります。


海外販売が上場承認時は35%でしたが結局は60%に増やされており、国内販売が減らされるといった事態になっています。


今の地合いなら高い初値が期待できそうです。公募組も成長性に期待し中長期保有を考えている方も多そうです。


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

「再承認」トライアルホールディングス(141A)IPOの上場データと初値予想を考察



トライアルホールディングス(141A)の上場直前の初値予想はこうなる!

トライアルホールディングス(141A)の上場直前の初値予想について調べてみました。

上場直前の初値予想


大手の上場直前の初値予想は2,000円となっています。幹事引受け価額は1,598円です。


市場コンセサンスでは2,000円~2,200円という数値も確認できているため意外高もあり得るかもしれません。


現在はグロース市場となっていますがプライム市場へ昇格する期待も十分あると思います。某紙ではオーナー持ち株比率の問題などが指摘されていたようです。


今の地合いが続くのであればセカンダリー投資も面白そうです。IPOラッシュに入る前の数日間は小粒IPOを好む投資家も参戦してきそうです。


kimukimu

また、同日上場のSTG(5858)の初値予想は公開価格1,920円に対して3,250円となっています。VC保有株のロックアップは解除が初値形成後なので公開価格1.5倍を超える予想みたいですね。



COZUCHIの口座開設だけでAmazonギフトカード2,000円が貰えるタイアップを行っています。よかったらご利用ください。


投資を行うと最大48,500円分のアマギフが追加で貰えます。通常の公式サイトから申込んでも適用されないため詳しくは下記記事を参考にお願い致します。


キャンペーンページから申込めば適用されます。口座開設費用などは無料です!


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。