ブロードバンドセキュリティ(4398)が当選し、何とか9月IPOも参加できることになり楽しみが一つ増えました。株単価は低いものの好調な出だしが期待できるようなので、上場日の9月26日を待ちたいと思います。筆頭株主のSBIインキュベーション(ファンド)にはロックアップが90日掛けられており、解除倍率が公開価格1.5倍の1,125円となっています。


ブロードバンドセキュリティ IPO当選画像


大手初値予想上限は1,750円となっていますが、現在の地合いだとそれほど高い初値期待はできない気がしています。株価1,000円あたりが妥当のような気がしていますが、連敗中だったため今回の当選は非常に嬉しく思います。


情報セキュリティ業界はこれからさらに拡大傾向にあるものの、人員の確保と教育などによる費用も問題となっているようです。セキュリティ系の銘柄は短期的に盛り上がる傾向があり、初値後の値動きも荒い傾向にあります。今回はどうなるでしょうか。


株単価が低いため即売する方も減るような気がしますが、過去にはFFRI(3692)のようなバケモンも登場したため何となく期待しています。アークン(3927)も初値後の値動きは見ているだけで楽しかったので今回も?その可能性は殆どないと思いますがどうなるでしょうか。


ブロードバンドセキュリティの事業は「セキュリティ監査・コンサルティングサービス」、「脆弱性診断サービス」、「情報漏洩IT対策サービス」になり情報漏洩IT対策サービスの売上が大きくなっています。内容は、セキュリティ機器を運用(監視)サービスやセキュアメールサービス、マルウエア検知サービスなどを官公庁や大手民間企業で行っています。


上場規模は6億円程度なのでこのあたりに期待したいと思います。先日、自宅のIHクッキングヒーターが壊れたためその補填に充てたいと思います!子供が携帯を壊してさらに10万円の出費も痛かったです。


イーソル(4420)IPO取扱い決定しました 【後期型抽選による配分がポイント】
⇒ カブドットコム証券公式