ソラコム(147A)IPOの初値予想と幹事割当数などを評価したいと思います。PERは高めだけど初値が付いた後は堅調な相場が予想できそうです。


親引けや資本業務提携などによるコーナーストーン投資家が多く期待できる側面があります。


ソラコム(147A)IPOの評価


項目株数データ
想定価格845円
※820円~870円の平均価格
仮条件3月06日
公開価格3月14日
公募株数4,733,800株
売出株数6,071,500株
公開株数(合計)10,805,300株
オーバーアロットメント1,620,700株
幹事団みずほ証券(共同主幹事)
大和証券(共同主幹事)
野村證券
SMBC日興証券
岡三証券
東海東京証券
松井証券
マネックス証券
楽天証券
委託見込大和コネクト証券
岡三オンライン
DMM.com証券


ソラコムはKDDIの子会社になり、IoTプラットフォーム「SORACOM」の開発などを行っている企業です。某紙によれば明確な類似企業がいないと判断されているようです。


また、2024年3月IPOラッシュの中では最注目と観測されています。


想定発行価格の上限870円による吸収金額は約108.1億円、時価総額は約376.0億円になります。


親引けが最大37.5億円なので差し引くと70.3億円規模の上場になります。海外販売も行われるということで日本国内での販売は多くないかもしれません。


グロース市場に資金が流入していることを考えると投資妙味がありそうです。ただ警戒は必要だと思います。


ソラコム(147A)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,000円~1,300円
※注目度A


みずほ証券と大和証券の共同主幹事、さらに顧客基盤がしっかりしたメジャー証券が幹事なので個人投資家の資金流入も期待できそうです。


案外当たらないパターンのIPOなのかもしれません。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

「IPO承認」ソラコム(147A)の上場データと初値予想を考察!


ソラコム(147A)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はみずほ証券と大和証券の共同となっています。割合からみずほ証券主体だとわかります。


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(共同主幹事)8,655,100株80.10%
大和証券(共同主幹事)1,080,600株10.00%
野村證券540,300株5.00%
SMBC日興証券162,100株1.50%
岡三証券86,400株0.80%
東海東京証券86,400株0.80%
松井証券86,400株0.80%
マネックス証券54,000株0.50%
楽天証券54,000株0.50%


大型のIPOになりますができるだけ引受割合が多い証券会社から申込みすることをお勧めします。


当選が欲しい方は全力で申込みしておきましょう。ペナルティーがあるところから申込めば当選確率が高いはずです。


楽天証券は後期型抽選になりますが、案外申込者が多く当選は厳しいと考えています。


kimukimu

通常申し込みで当選をいただきたいところです。現段階では株価設定が高い判断なので少し迷い気味ですけどね。上場前の売買からだと割安になります。



当選と言えばmoomoo証券のキャンペーンが延長されていました。ハズレなしで参加できます。


入金ベースで米国株式が貰えるため面白いかもしれません。アプリ利用などで費用が発生することはありません。詳しい内容は下記記事にまとめています。




ソラコム(147A)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


仮条件発表後に参加スタンスを決定しますが多分全力で参加することになりそうです!


ソラコム(147A)IPOの業績予想
※ソラコム公式サイト引用


業績を確認すると2024年3月期の連結予想を確認することができました。売上80.31億円となり前期62.99億円から27.50%増、経常利益5.92億円となり前期1.12億円から428.57%増となります。


四半期利益は4.35億円となり前期0.70億円から521.43%増を予想しています。前期利益が少なかったためインパクトがあるように見えているだけです。


想定発行価格の上限870円から指標を計算するとEPS11.31からPER76.92倍、BPS184.43からPBR4.72倍になります。


類似企業比較ではPER12倍~25倍あたりのようです。成長期待で買われる銘柄なのかもしれませんね。


kimukimu

公募組はこの機会に利益を得ておきたいと考えているはずなので競争倍率は高いと考えています。私は株高でも日経225など主要銘柄を殆ど保有していないため資産が増えない日々ですね~



コツコツ利益を積立てるクラウドファンディングに興味はありませんか?LEVECHY(レベチー)で新ファンドが登場しています!


3月11日までとなっていますが、口座開設ベースでAmazonギフトカード2,000円分をプレゼントしているのでよかったらご利用ください。


公式サイトにタイアップページが用意されていないため下記記事を参考にしていただければと思います。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。