ASSECLI(アセクリ)の評判を調べていると投資家により判断が異なるようなことに直面しました。これから投資を行う方に参考になりそうな事も合わせてご紹介したいと思います。


同社は株式会社プレミアムバリューバンクという企業が運営している「不動産クラウドファンディング」になります。新しい企業がどんどん出てきているため、私もどのような企業なのか調べてみました。


記事ではメリットやデメリットについても詳しく掘り下げています!最低投資金が1万円となっていることで他社とあまり変わりないようです。


ASSECLI(アセクリ)評判とデメリット


不動産クラウドファンディングは「クラウドファンディング」の中でも初心者向きとされているため悪くありません。リスクは存在しますが、株式等とは異なり実際に不動産の取得や管理、売却などの工程があるため紙切れになることはまず考えられません。


さらに同社母体企業が創業以来1,000件以上の取引実績がある事で実績もあります。また優先劣後方式を取り入れているため投資リスクも軽減される仕組みとなっています。


劣後出資を採用している企業はCREAL(クリアル)やFANTAS fundingなどが有名だと思います。


最近私が口座を開設したSYLA FUNDINGも採用しているためどんどん劣後出資を行う企業が増えているようです。定番の募集方法になりそうですね。




ASSECLI(アセクリ)の特徴と優先劣後方式の割合などを調べてみた結果

ASSECLIへの投資を検討している方がポイントとする利回りや投資環境などについて調べてみました。まず気になるのは利回りです。


同社の場合は利回り4%~8%の設定になっていることから不動産クラウドファンディングのカテゴリーではやや高めだと思います。実際に公開されているファンドを確認すると8%となっているものがあります。


利回りが高く設定されていることでリスクもあると思いますが8%は高いと感じます。母体が不動産業を行っていることから損失を出してまで募集を行うとは思えません。良質な案件を用意できる技量が備わっているのかもしれません。


ASSECLI(アセクリ)の特徴


    【投資前に確認したい事】

  • 1万円から投資を始めることができる
  • 利回りは4%~8%を想定している
  • 不動産に特化した企業がプロの目により情報を提供している
  • 劣後出資は20%~30%を予定している
  • 口座開設や維持管理は無料
  • 口座への振り込み代金は投資家持ち
  • 出金の際はASSECLIが負担を行う


優先劣後方式で投資家を守りながら資産運用を行うことか出来る

投資の流れはどの企業も殆ど変わりがありません。あとは投資できる環境と企業への信頼性などが関係してくると思います。同社でも投資家が同社と匿名組合契約を締結し、出資金を支払い投資を行う流れになります。


劣後出資の流れ


賃貸料や不動産売却などによって得られた利益を先に投資家に分配し、残りを同社が受け取る構造になります。最近では多くの企業が採用しています。


クラウドファンディングへ投資を考えている方で、投資初心者の方は「不動産」を選択したほうが賢いかもしれません。クラウドファンディング最大のリスクは元金が戻ってこない場合があることです。


投資対象が不動産で劣後出資方式を採用していればリスクが軽減できます。


劣後出資のイメージ画像


イメージ画像は上記のようになります。1億円の総運用資産があり、運用資産の評価が8,000万円まで下がったとしても投資家が出資した元本への影響はありません。


しかし、このような事が何度も続くようであれば企業規模の小さい企業は財力的に維持が出来なくなる恐れもあります。最終的には企業規模と運用規模のバランスなどが関係してくると思います。


元本損失が低くても企業倒産となった場合には投資家にも影響があるでしょう。またしっかりと調査を行い不動産評価を行っている企業は不動産価値が下がっても自社に影響がない範囲でファンドを組成してくるはずです。


同社の場合は一棟収益不動産(マンション・アパート・商業ビル)を中心に、創業以来1,000件以上の取引実績があると公式サイトに書かれています。

投資物件の情報公開とファンド利回りを実際に確認してみた

投資物件を実際に確認してみました。まだファンド組成が少ない企業のためこれから運用方針などが変わってくる可能性があります。今回は「ASSECLI都庁前駅(区分)ファンド1号」というファンドを確認してみます。


ASSECLIファンド1号


予定分配率は年利8%になり想定運用期間は6ヶ月になっています。また優先出資78%劣後出資22%の割合で運用すると書かれています。情報量としては普通だと思いますが、見やすくまとめてあります。


また投資対象の住所や間取りもしっかり表記されています。「収支・その他」という項目と「運用報告」については口座開設後に確認できるようになります。


私はまだ口座を開設しておらず様子見となっています。それには少し理由があるので下記で説明します。ファンドの内容は悪くないと思います。


⇒ ASSECLI(アセクリ)公式へ


アセクリ会社概要詳細と業績について調べてみた

ASSECLI(アセクリ)の企業概要を調べてみました。グループ企業には株式会社岩本組という建築会社があるそうです。


項 目 その内容
社名 株式会社プレミアムバリューバンク
本社所在地 〒107-0061
東京都港区北青山3-2-5 NH青山ビル4階
代表取締役会長 藤本 保雅
代表取締役社長 北野 孝
資本金 100,000,000円
主な事業内容 不動産小口化事業
収益不動産の買取・販売・仲介事業
収益不動産のバリューアップ事業
不動産デベロップメント事業
不動産コンサルティング事業
プロパティマネジメント事業
リノベーション事業
インベストメント事業
免許 不動産特定共同事業許可番号:東京都知事 第115号
不動産特定共同事業の種別:第1号・2号事業(電子取引業務を行う)
第二種金融商品取引業:関東財務局長(金商)第3061号
不動産投資顧問業:国土交通大臣(一般)001212号
宅地建物取引業:国土交通大臣(2)第8397号
賃貸住宅管理業者:国土交通大臣(1)第4504号
マンション管理業者: 国土交通省(1)第034401号
プライバシーマーク: 認定番号17002775(01)
加入団体 一般社団法人 不動産テック協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
公益社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会
公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会
公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会
日本住宅保証検査機構(JIO)
※2020年1月10日調べ


プレミアムバリューバンク公式ホームページ


ちなみに上記がプレミアムバリューバンク公式サイトのTOPページです。見やすい作りになっているようです。そして画像にこだわっている感があります。


企業理念が「不動産×金融×テクノロジー」になり不動産テックやアセットマネジメント、コンサルティング、プロパティマネジメントを行っているそうです。上場(IPO)を行えば人気になりそうな事業を手掛けています。


また会社は2008年に設立されており業績などの開示はないようです。東京に本社オフィスがあり、大阪にもオフィスがあります。


上場企業ではないため業績の開示などは行わなくて良いですが毎回確認するようにしています。企業規模が大きくなるにつれ非上場でも開示している企業が多いと感じます。もちろん黒字の場合に開示される割合が多いと感じています。


赤字開示だと企業イメージを損ないますからね。同社の場合は非上場なので開示義務はありません。


悲報と思った原因は何だったのか?これってデメリットじゃない?

実は悲報と思った原因は2019年12月02日に「ASSECLI 世田谷区((1棟MS)ファンド1号」が発表されていたのに中止されたことです。私も確認をしていたので募集がどのように積み上がっていくのか確認をしたかったのでよく覚えています。


kimukimu

しかし予定されていたファンドが募集中止になってしまいました!


これには本当に驚きました。第1号のファンド組成がいきなり中止になったのはビックリです。そして中止の理由は「対象不動産の売却時期が当初の予定よりも早まる見通し」となっています。


kimukimu

いやいや、これって一大イベントなのではないのか?と感じるため中止はあり得ないと感じるところもあります。


逆にそれだけ人気があるファンドを組成できたという理由づけもできます。しっかりと公式サイトに書かれているため言い逃れなどはありませんが、この辺りに少し疑念を抱いたのでしばらく様子見をしたいと思いました。

投資家の反応を調べてみると期待している投資家が多いぞ

第1号は募集金額1億4,000万円と大きなファンドを用意していました。予定配分率は年利8%設定で想定運用期間6ヶ月です。投資家にも人気だったそうです。


ASSECLI 世田谷区ファンド1号


ファンドは世田谷区上北沢の1棟賃貸マンションの運用でした。画像掲載数も多く時価総額を自分で算出している方もいたようです。投資対象として調べ上げていたようですから真剣に資産運用したかった方でしょう。


劣後出資は30%になっていたため類似企業の中でも大きな割合になります。6ヶ月運用で不動産価値が30%も下落することは考えにくいため投資対象としては優良物件だと思います。








投資家の反応はそれぞれですが前向きな方が多いように感じました。下記文章は公式サイトの募集中止お知らせになります。


【ご利用者様各位】

平素よりASSECLIをご利用いただき、誠にありがとうございます。この度、12月9日より申込受付を予定しておりました「ASSECLI 世田谷区 (1棟MS)ファンド1号」につきまして、募集を中止させていただく事となりましたので、お知らせを申し上げます。

▼募集中止の背景
本ファンドは対象不動産から得られる賃料および売却益を原資とし、ご出資いただいた投資家の皆様へ分配を予定しておりました。しかしながら、対象不動産の売却時期が当初の予定よりも早まる見通しとなり、ファンドの運用期間が1ヶ月に満たない期間となってしまう事が想定されます。

1ヶ月に満たない運用期間では投資家の皆様へ十分な分配が行えなくなってしまう為、止むを得ず募集中止と致しました。多数のご利用者様に投資家申請を行っていただいたにも関わらず、募集中止となりました事をお詫び申し上げます。

※ASSECLI公式サイト抜粋



ASSECLI(アセクリ)投資家登録に必要な流れとデメリット発見!

ASSECLIのデメリットを発見しました。それは分配金支払い日に同社から投資家の銀行口座へ振り込みが行われることです。SBIソーシャルレンディングでも行われていますが、再投資を考えた場合にまた振り込み代金が発生するデメリットがあります。


SBIソーシャルレンディングの場合は即時入金があるためまだよいのですが、同社には即時入金はありません。また分配金の支払いはASSECLIが負担することになっているため投資家が振り込み代金を負担することはありません。


ここで少し気になるのは、1万円の投資を行った方の分配金も振り込みが行われるのか?という疑問です。投資家が多くなると振り込み代金も馬鹿にならないと心配になります。


ASSECLI(アセクリ)への投資手順


投資手順は上記のようになっています。会員登録を行う場合に一度登録メールアドレス認証メールが届くためそのURLから個人情報などを入力していく流れとなっています。


本人確認書類やマイナンバーも必要になるため口座を開設したい方は事前に用意を行っておきましょう。また20歳未満の口座開設や75歳以上の口座開設はできません。


ファンド申し込みにはファンド毎に上限が記載されているそうです。大口の投資家だと分配金が口座に振り込まれる流れは歓迎できると思いますが、小口投資家だと少し面倒に感じると個人的に思います。


都度出金ではなくデジポットなどを用意している企業のほうが個人的には使いやすいと感じます。実際に投資を行っている企業で元金償還や分配金が口座に入る企業は下記になります。




じっくり読むと時間がかかるので、ざっくり読んで概要が掴めたらと思います。企業により投資対象が異なるため面白いと思います。


クラウドバンクに4年くらい投資を継続しているので記事が参考になるかもしれません。上記以外にも好んで投資を行っている企業もあります!


ソーシャルレンディングも口座数を増やしリスク分散を行っておくことをお勧めします。絶対に倒産しないとは言い切れませんからね。


ASSECLI(アセクリ)への投資はリスク分散のために行いたい

ASSECLI(アセクリ)への投資は現在のところ様子見しています。これからファンド組成が沢山出てくるようであれば投資を考えます。その理由として、実質2号案件になるASSECLI都庁前駅(区分)ファンド1号が1分で完売となっているからです。


まだサービスを開始して間もない状況にも関わらず大人気となっています。続くファンドの組成も準備しているという事です。


ソーシャルレンディングを行う企業が増えてきていますが、まだ投資需要の方が多いようですね。


投資で利益が出るイメージ


先日、ある企業に投資を行おうと思い募集時間にログインをするとサーバーが対応できていないのか投資できませんでした。ログインできない状況は流石に改善してほしいと思います。


またASSECLIへの投資をお考えの方はリスク分散のために良いかもしれません。初めてソーシャルレンディングへ投資を行う場合は上場企業への投資が良いかもしれません。


最近は上場企業がソーシャルレンディングを行っているケースもあります。同社への投資を行う前に資金力を高める努力が個人的に必要だと最近感じています。


IPO投資で数百万円稼げるような市場が到来すれば一気に資産が増えるため株式市場にも期待したいと思います。利益が出たらソシャレンへの投資も幅が広がりそうです!


⇒ ASSECLI(アセクリ)公式へ

クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!