エヌ・シー・エヌ(NCN)の初値予想暫定記事になります。JASDAQスタンダードに上場をするIPOになり株数がやや多いため当選を狙いたいと思います。野村證券主幹事のサービス業になり、木造耐震設計や構造部材の販売を行っている企業です。


想定発行価格が700円と低いためとりあえず参加のスタンでよいと考えています。上場日も単独上場となっているため買い需要はそれなりにあると考えられます。前日のサーバーワークス(4434)が翌日持ち越しになったとしても同社にはそれほど影響はないはずです。


エヌ・シー・エヌ(NCN)初値予想暫定


項目 株数データ
想定価格 700円
仮条件 2月22日
公開価格 3月05日
公募株数 560,000株
売出株数 240,000株
公開株数(合計) 800,000株
オーバーアロットメント 120,000株
幹事団 野村証券(主幹事)
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
カブドットコム証券 ←後期型抽選です
SBI証券
SMBC日興証券
エイチ・エス証券


初値予想800円~1,200円!


2019年3月期の連結業績予想は売上7%増、経常利益12.2%増(2,800万円増)の増収増益予想となります。PERは想定発行価格700円ベースで約9.67倍、PBRは1.43倍あたりになります。業績期待はそれほどなく売上は横ばいが続くようです。配当は23円を予定していることから配当利回り3.28%になります。


配当が3%を超えてきているため一定の買いが入るでしょう。同社の強みは木造構造設計技術を活用した次世代構造設計システムになり事業内容から「耐震」というテーマを考えると悪くありません。


公共事業でも木造化が進められるなど需要は高まっているようです。同社の詳細については下記の記事でまとめているためよかったら参考にしてください。

⇒ エヌ・シー・エヌIPO上場と初値予想【評判が良いSE構法が魅力】30%上昇?


幹事名 配分単位(株)
野村証券(主幹事) 712,000
みずほ証券 24,000
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 24,000
SBI証券 24,000
SMBC日興証券 8,000
エイチ・エス証券 8,000


上場規模は6.4億円と小粒上場、そして単価が低いため買い先行になると思われます。JASDAQスタンダードなのでマザーズよりも安定している企業イメージはありますが、今後の業績が一気に加速化するようなことも考えにくいでしょう。


無難な初値を付け、業績期待の投資になりそうです。指標的には若干割安設定なので個人的には全力申し込みとなります。


気になり野村證券の配分数を確認すると、200株セットになっており当選は厳しいのかもしれません。と言うことで仮条件が大幅に変更される可能性はなさそうです。KHC(1451)も200株セットになっていました。当選すれば嬉しいですが、最低単元の配分でも嬉しいですよね。


IPO取扱いは少ないが口座数もかなり少ない丸三証券です! 【穴場的存在に期待したい】
⇒ 丸三証券公式



※丸三証券(マルサントレード)のIPO抽選方法とルールのポイント!






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事