みずほ証券がシステムトラブルと言うことで国際紙パルプ商事(9274)は売れませんでした。私は仕事で忙しく妻が当選した分は任せていましたが、お昼前にまだ売れないんだけど?と電話がありました。は?と言った感じでみずほ証券の公式ページを見るといまだにシステムトラブルとなっています。


「じゃあコールセンターに電話して売ってね」といいましたが、忘れていたそうです。Amazonから液晶テレビが届いたということで組み立てを頑張っていたら3時過ぎていた感じです。寝室に欲しいと言ったので安いやつを注文していたらお昼に届いてそのまま頑張ったそうです!いや~全くついていないですね。


みずほ証券システムトラブル


全てはメルカリの補欠繰り上げ当選見逃しから始まっているように思います。IPOで損失が出たわけではありませんが、みずほ証券で300株当選していたため初値で売却すれば31,800円の利益が出ていました。利益はたいしたことがありませんが、今日はストップ安で引けています。


証券大手のみずほ証券は、システムの不具合によって、26日午前6時から、インターネット上で株式の売買などができなくなっていると発表しました。

みずほ証券によりますと、トラブルが起きているのは、インターネット上で株式の売買などを行う「みずほ証券ネット倶楽部」です。26日午前6時から、ログイン画面へのアクセスができず、取り引きができない状態が続いているということです。システムの不具合が原因とみられますが、詳しいことは分かっておらず、復旧の見通しも立っていないということです。



公式サイトが先ほど更新され、下記のようにでています。


当社一部システムで不具合が発生し、現在、みずほ証券ネット倶楽部及びみずほ証券カード等がご利用いただけない状態になっております。原因は当社システム間のネットワークの不具合とみられ、明日(6月27日)の復旧を目指し作業を進めています。復旧次第改めてお知らせいたします。お客さまに多大なご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申しあげます。



27日中となっているので明日も駄目かもしれませんね。投資をしていて証券会社がこのようなことになったのは初めてではありませんが、なんでIPOに当選していた日になるの?しかも今日は権利確定日ですよ?あり得ないですよね。確かネットで1日に5万人がみずほネットを使用しているとありました。


金融庁から怒られたりしないのかな?と思いますが、起こったことは仕方がありません。明日は頑張って奥さんに売却注文を出してもらうか9か月放置で配当を頂くか?会社がつぶれることはないでしょうが、減益予想なので持ち続けたくもないですよね。一部のメディアではネット時代なのでダンボール需要が期待できるとありましたが、待ってられません。


またしても記憶に残りそうな出来事を経験しました。
とはいっても2018年のIPO利益が110万円となり上半期で100万円利益を超えたのは久々かもしれません。結局300万円あたりまで行くと妄想していますが、少し安心しています。


国際紙パルプ商事は900株当選し、600株を初値売却できているので、残りの300株を明日売れば損はないでしょう。


国際紙パルプ商事 (9274)みずほ証券システムトラブルで最悪


初値 450円
高値 470円
安値 370円
引け 370円(ストップ安)
公開価格344円


【モーニングスター社】

26日、東証1部に新規上場した国際紙パルプ商事<9274.T>が公開価格344円を30.8%上回る450円で初値を付けた。国内2位の紙パルプ商社で、王子ホールディングス<3861.T>の持分法適用会社。東証1部上場案件ながら市場からの吸収金額が少なく、需給妙味が大きかった。公開株式数は805万株。



みずほ証券は今回主幹事だったため責任は重大だと思います。ジェイコム事件後も何も変わらないと言われても仕方がないでしょうか。応援したいとは思いますが、システムトラブル復帰の時間が長すぎますね。予備システムもないのでしょうね。


それと私も運がないためデパ地下に行ったらお店自体が休みでした。なんもかんもあり得ないですわ~
6月の株主優待はマクドナルドとアルペンだけになりました。すかいらーく(3197)は野菜にカエルが入っていた店舗に事件の1週間前に行ったので今回は何となくパスしました。


完全についていないわけではありませんが、微妙についていない日が続いています。怪我や事故にあわないように生きていきます!


エクスモーション取扱い決定の岡三オンライン証券! 【前受け金不要でIPO参加可能】
⇒ 岡三オンライン証券公式サイト