メルカリ(4385)の初値予想暫定記事になります。この記事を待っていた方は多いと思いますが、ラクスルの当選者が少なかったことから少し多めに申込まないと配分が低いのではないかと感じています。上場規模は約1,067億円規模となり、現時点では国内株式18,936,900株で約464億円の募集が日本では行われる予定です。


主幹事は大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が務めることになっていますが、オーバーアロットメントの2,840,500株は大和証券が割当先となります。


メルカリ(4385)初値予想価格


事前人気は赤字にも関わらず盛り上がっているように思います。雑誌で特集も組まれるようなことも起きていることから、市場からの注目も相当ありそうです!また通常であればラクスル(4384)も公開価格割れしてもおかしくなかったと思いますが、公開価格1,500円に対して初値は1,645円とプラス9.67%の上昇となっています。


メルカリが上場する前に大型IPOが公開価格を割らなかったのは前向きな材料です。日経平均が23,000円を超えた後に失速していることは気になりますが、上場までには安定することを願っています。


初値予想3,500円~4,000円


100株につき10万円程度は狙えるという情報が事前にありましたが、大手予想も似たような数値となっているようです。これは期待ができそうな数値なので全力申し込みでしょう。ただし自己責任でお願いします。


項目 株数データ
公募株数 18,159,500株
国内募集4,288,700株 海外募集13,870,800株
売出株数 22,554,800株
国内募集14,648,200株 海外募集7,906,600株
公開株数(合計) 40,714,300株
※国内募集は18,936,900株になります
オーバーアロットメント 2,840,500株
幹事団 大和証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)
カブドットコム証券 ←狙い目かも
SMBC日興証券
みずほ証券
野村證券
マネックス証券 ←完全平等抽選です
SBI証券
岩井コスモ証券 ←後期型抽選です
極東証券


既存株主にはロックアップが180日間かけられていますが、ベンチャーキャピタル保有も多く上場後の値動きも荒いものになりそうです。また大量のストックオプションも気にります。大型IPOで共同主幹事ということで公開価格を割る結果だけは避けたいはずなので、公開価格は超えてくると思いますが・・・・



メルカリ(4385)新規上場承認の詳細データなどは下記に書いているのでよかったら見てください。


メルカリ(4385)IPO新規上場と初値予想記事


主幹事からの申込みは期待していますが、ネット証券大手のマネックス証券には期待している投資家が多いと思います。完全平等抽選ですからね。抽選ルールについては下記の記事にまとめています。
⇒ マネックス証券のIPO配分が完全平等抽選なのか調べた結果は?


またSBI証券ではIPOチャレンジポイントを使った当選者も出てきそうです。個人的には勿体ないため使わないと思いますが、メルカリ配分を狙ったポイントは何ポイントでしょう?100ポイント~150ポイント程度は必要な気がします。SBI証券についても下記で抽選ルールを詳しく書いています。
⇒ SBI証券でIPOをはじめる3つのポイントはこれだ!


メルカリの上場に際し巨額な金額を投じる方もいるみたいですが、資金が豊富にある方にはかないません。よって出来ることは口座数を増やしてインターネット抽選などから申込むほかありません。支店(対面口座)からの申込みも有効だと思いますが、IPOばかり申込んでいる方は担当者がいない口座、もしくはネット口座への移行を勧められているようです。


私もそろそろ通達がきそうですが、しぶとく生き残っています。支店に預けているお金を開放してネットから参加するにも限界があるため現状維持です。IPOで数百万円を稼げても資金がなかなか増えず自問自答の日々です。メルカリ上場による大量配分期待は少ないですが、300株~500株くらい配分があればと思っています。こんなに人気になるとは思ってもいませんでしたけどね。


カブドットコム証券でもメリカル株の取扱い決定しています! 【抽選による配分がポイント】
⇒ カブドットコム証券公式