かんぽ生命保険(7181)の売出価格が2,375円に決定したのは4月15日です。そして安定操作が2日間になるはずなので今日まで操作が行われるはずです。株価を確認すると本日終値2,375円に張り付いています。しかも引けで大きな出来高が発生しています。


地合いは悪くないはずですが、配分があった投資家は頭が痛いですね。私はブックビルディング締め切り間際に連絡があったので買いませんでした。さばききれないため連絡していると確信できたためです。


かんぽ生命(7181)売出価格決定


【ロイター】

かんぽ生命保険<7181.T>が続落。同社は15日、日本郵政<6178.T>による売り出しについて、売出価格が2375円に決定したと発表した。ディスカウント率は4.00%。ディスカウント率が大きかったことで、受け渡し日以降の需給悪化が懸念された。



ディスカウント率が4%だったことで仮条件上限決定となり需要は少なかったことがわかります。今回で売出が終わるわけではないため投資家も懸念材料と考えたのかもしれません。


国内の買い支えが今日で終わり、明日から22日までは海外向けに安定操作があるはずです。意外に海外では人気となりそうな気もしますがどうなるのか心配ですね。やることもないので少し参加してもいいかな?と考えています。


日本経済新聞では野村外しの衝撃とタイトルを打って記事が配信され、読みごたえがあります。そういえば過去に日本郵政と野村ホールディングスがM&Aを行う話があり株価が一気に上昇したことを思い出します。


結局決裂となり、しこりを残した結果、今回の売出に幹事として参加できていないそうです。なるほどね。大人の事情が見え隠れします。次回は某証券のように返り咲きを狙うようですがガリバー野村の顧客層にも期待したいところでしょう。


数日前に自社株発表で株価急上昇の材料は何だったのか?


この他、売出株規模が変更になり総売出し株式数136,670,900株、オーバーアロットメント13,732,400株に決定しました。国内売出しは91,550,000株、海外売出し45,120,900株です。


【かんぽ生命保険注意事項】

国内における募集に係る安定操作可能期間 4/16~4/17
海外における募集に係る安定操作可能期間 4/16~4/22
売出価格:1株につき2375円
※安定操作期間は、株価が本来の需給とは異なる要因で変動することがありますので、 お取引に際しては十分ご注意ください。

4/17(水)以下の通り安定操作取引が行われました。新規売停止、現引停止(4/5以降)



受渡日は4月23日になっているためしばらく期間があります。現物保有の方は冷や冷やものですが、なるようにしかなりません。本日の引け値2,375円算出の配当利回りは3.03%になります。


しばらくは微妙な株価になると思いますが、しこりが残らなければ2,300円~2,800円のレンジ相場に戻るのかもしれません。2,200円になれば買いかも?


ちなみに日本郵政も同様に大きく下落し、ゆうちょ銀行は横ばい継続となっています。先行き暗そうですね。


ロボットアドバイザーに10万円から投資ができます! 【期間限定で特典が付きました】
⇒ Wealthnavi(ウェルスナビ)公式へ

ウェルスナビタイアップ1500円特典

※ウェルスナビに1年7ヶ月投資をした実績を完全公開【タイアップ特典あり】






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事