2019年12月の特大目玉とも言われたフリー(freee)の初値予想と幹事配分などを今回も自己評価していきたいと思います。利益が出るの?本当に投資をして大丈夫なの?と言った意見が多くあります。


現在のブックビルディングスタンスは中立です。いつでも投資が出来るように準備だけはしておきたいと思います。大手企業などの見立ては厳しい上場になると言われているようです。


フリーIPOの初値予想と幹事配分


項目株数データ
想定価格1,800円
※1,660円~1,940円の平均値で算出
仮条件12月02日
公開価格12月09日
公募株数5,435,200株
※国内募集2,952,000株、海外募集2,483,200株を目処に予定
売出株数12,041,100株
※国内売出4,313,000株、海外売出7,728,100株を目処に予定
公開株数(合計)17,476,300株
オーバーアロットメント1,089,700株
幹事団三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)
大和証券(共同主幹事)
メリルリンチ日本証券(共同主幹事)
SBI証券
野村證券
みずほ証券
岩井コスモ証券
東洋証券
楽天証券
いちよし証券
エース証券
ちばぎん証券
東海東京証券
松井証券
丸三証券
水戸証券
※マザーズ上場にあたっての幹事取引参加者は三菱UFJモルガン・スタンレー証券と大和証券です
委託見込au カブコム証券 ←取扱い決定
DMM.com証券


上場規模も約334.2億円と大きなサイズですが引受幹事も多い状況です。またフリーの勧誘が既に行われているようです。共同主幹事だけではなく平幹事からの営業もあるようです。と言うことは「人気がないと考えている」のかも?と感くぐってしまいます。


同社の事業は「スモールビジネス向けクラウドERPサービスの提供」です。クラウド会計ソフトfreeeの他、freeeシリーズを横展開しています。事業は悪くありませんが単純に業績が悪いんですよね。


2020年6月の連結業績予想は売上69.4億円になり前期の45.2億円から53.7%も伸びています。勢いを感じる成長率となり今後も期待が出来そうです。ただ経常利益を確認すると-31.3億円の赤字を計上し前期の-28.5億円から増えています。



四半期利益は-31.4億円(前期-27.8億円)あたりになるそうです。同社の収益構造から赤字先行になることは理解できるものの収益性が感じられない中で、フリーに投資をするには勇気が必要になりそうです。


Sansan(4443)のように赤字縮小しその後利益が出る予想で上場するなら歓迎されそうですが、赤字額が増える中で買い進む投資家はいるのでしょうか?


とことん叩かれて株価が低い価格になってから購入するほうが賢そうです。上場後に株価が下げるのかはわかりませんが、現段階では個人的にこのように考えています。


もっと詳しく知りたい

フリーの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。

フリー(freee)IPO上場承認と初値予想!爆損覚悟で挑みVC被弾か



類似企業比較では万年赤字となっているマネーフォワード(3994)になります。確かに赤字ですが株価は結構高い位置にあります。時価総額も2019年11月29日の終値4,825円で約1057.3億円となっています。フリーの時価総額は想定発行価格算出で約839.5億円です。


マネーフォワードがなぜ人気なのかは調べていませんが外国人に人気があるそうです。もしかしてフリーもそんな展開になるのでは?という期待も多少あります。


初値予想1,700円~2,000円!
※仮条件前の予想


幹事名配分単位引受割合
三菱UFJ・モルガンスタンレー証券(共同)3,167,400株43.60%
大和証券(共同)2,606,600株35.88%
メリルリンチ日本証券(共同)147,400株2.03%
SBI証券726,500株10.00%
野村證券333,400株4.59%
みずほ証券123,500株1.70%
岩井コスモ証券24,700株0.34%
東洋証券24,700株0.34%
楽天証券24,700株0.34%
いちよし証券12,300株0.17%
エース証券12,300株0.17%
ちばぎん証券12,300株0.17%
東海東京証券12,300株0.17%
松井証券12,300株0.17%
丸三証券12,300株0.17%
水戸証券12,300株0.17%


上記が現在発表されている幹事引受け株数です。幹事配分株数は予定なので今後変更される可能性があります。ご注意ください。発行株数の変更や売出株数の変更が行われる可能性も十分あります。


三菱UFJモルガン・スタンレーや大和証券の支店口座の方はとくに営業の電話が掛ってきそうです。安く買えるのであればよいですが日本国内ではあまり人気だとは感じません。


優良課金ユーザー企業(顧客)は確実に増えています。クラウド化された会計ソフトの普及率は日本国内では低いため今後も需要があると見込まれているサービスです。データ的には中小企業の会計ソフトウェア利用率は54.1%でクラウド会計普及率は14.5%しかないそうです。


今年は消費税税率引き上げがあり同社の会計ソフト利用社数も増加しているはずです。


フリーIPOのクラウドERP


【DMM 株】口座開設


ベンチャーキャピタル出資も多く存在し、新株予約権もかなりの株数が発行されています。海外販売比率は55%と高く設定されていることから国内投資家よりも海外勢に向けた上場なのか?と少し考えています。実に難しいIPOになります。


迷ったときは不参加にしておくべきでしょう。ネット応募はあまりないと考えられるため証券会社の営業が頑張っている雰囲気があります。もうしばらく我慢して上場しなければ黒字上場も可能なのではないかと考えられるため、大人の事情で上場するのかな?と考えてしまいます。


ランサーズ(4484)やメドレー(4480)も不人気そうですよね。2019年12月前半線~中盤にかけて微妙なIPOが続くようです。微妙なIPOは端株でIPOにチャレンジでしょう!SBIネオモバイル証券だと1株からIPO抽選にチャレンジできます。100株だと不安ですが1株なら参戦しても良いですよね。


公式サイトでも既に発表されているため口座開設者が増えているそうです。ひとかぶIPOで当選できるチャンスです!端株であれば長期間保有してもいいかもしれません。IPOに興味がない方はネオモバのTポイント投資をお勧めします。


SBIネオモバイル証券のひとかぶIPO記事

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!