Chatwork(チャットワーク)の話題でIPO市場は持ちきりのようです。しかし楽観視しないほうがよさそうな情報もあります。上場するまでわからない幹事になっているため油断していると大損になる可能性も出てきました。


同社は有料プランの契約者が増えたため収益的にも問題がないと踏んで上場申請後、承認されました。全ユーザー数274万7000人となり、有料プランのユーザー数は36万4000人になるそうです。


Chatwork(チャットワーク)評価と人気


同社の収益構造に問題がある訳ではなくセカンダリー参戦者がどれだけいるのか?という疑問があるようです。上場規模は約156.4億円になり公開株数は977.5万株あります。


売出人にはベンチャーキャピタルが多く上場後も一定の売り圧力があります。マザーズへの承認となっていますが業績がもう少し伴えば東証1部へ直接上場してもおかしくないとの声もあり資金回収のために上場せざる負えなかった感もあります。


1年後の地合いは読めないため資金回収できる機会に上場承認の流れでしょう。ツクルバ(2978)よりも若干安心できそうですが上場規模や公開株数に大きな差があり、チャットワークもだいぶ心配だと思います。


売上がたった15億円しかないのに約156億円以上を吸収できるのか?素人から見ても上場ゴール感があるため難しいIPOになりそうです。既にブックビルディングが始まっており積極的に申し込んでいる方が多いようです。


私もそれなりに申込んでいますが少し不安に思えてきました。しかし、同社のような銘柄に申し込まなければIPOを手に入れることは難しくなっているため悩みます。


大手予想は承認時に1,800円~2,500円、仮条件後に1,500円~1,800円へ修正してきました。考えると思ったほど人気がないのでは?という観測があるのかもしれません。個人投資家だけが話題性から騒いでいる可能性があります。


仮条件範囲が1,440円~1,600円に引き下げられたことも初値上昇率を下げる要因でしょう。ツクルバと同じような展開なので公開価格前後で初値が付くことも普通にあり得ると思います。最近の傾向から上場後に上値追いが確認されますが、同社の場合はどうでしょう。詳細は下記記事にまとめました。


⇒ Chatwork(チャットワーク)IPO上場承認と初値予想!知名度や評判から利益出そう


Chatwork(チャットワーク)のSMBC日興証券申込番号は?

チャットワークのSMBC日興証券の申込番号を調べてみました。ブックビルディングが開始され2日が過ぎようとしています。しかし申込番号を確認すると12,100番程度でした。人気がある銘柄だと30,000番くらいあってもおかしくありませんが申込者はあまり多くないのかもしれません。


SMBC日興証券の引受け株数は340,000株となっているため、その1割34,000株がネット配分になると推測できます。当選者は340人なので現在の当選確率は2.8%しかありません。今後申込者が増えるとさらに当選期待は減ります。


SMBC日興証券チャットワークIPO申込番号


海外配分が予定されているため国内の引受け株数は減らされると考えていますが、日本で人気がない場合に海外が引受けることもたまにあります。同社の場合はどうでしょうか?


色々と難しい投資になりそうです。


チャットワーク大和証券申込画像


主幹事の大和証券からも申し込んでみましたが流石にチャンス回数10回なので当選できるかも?と考えています。ツクルバではチャンス回数10回でも落選した方をお見かけしましたが今回は株数が多いため獲得できそうだと考えています。


同社はビジネス用チャットソフト分野において国内最大手になります。しばらく前には不正アクセス問題が起き2段階認証を導入しそれ以降問題はないようです。社外接続も同一IDで行えるため使い勝手も良くツールとしてはかなり受け入れられているため個人投資家目線では悪くないと思います。


結局は株を売りたいベンチャーキャピタル、チャットワークの売上規模が小さいこと、サブスクリプションモデル型による将来の収益、PERなどの指標から株価設定が割高であることなどが複合的に問題となっています。PERは約1019.10倍なので驚きの数値です。12月決算なので来期業績予想はでていませんが期待と不安と入り混じります。


kimukimu

日経平均が戻り基調ではあるものの油断を許さない環境が続き、公開価格割れ(公募割れ)はないかもしれない?


という状況だと感じていますい。IPOに当選すれば利益が出ると思わないほうがよさそうです。ちなみに前営業日上場のギフティ(4449)は業績面からも買われIPOに当選すれば5万円くらいの利益が見込めそうです。


当選しやすいチャットワークも申し込みは行っていますがあまり期待しないほうがよさそうです。


当選できるチャンスなので積極的に申し込みを行いたいところですが全力申し込みは控えるかもしれません。複数株当選で割れたら損失額も大きく泣けてきますからね。


日本初のTポイントで投資ができるサービスが開始です! 【月額16円の管理料からOK】
⇒ SBIネオモバイル証券公式

SBIネオモバイル証券

※SBIネオモバイル証券(ネオモバ)評判とデメリットについて詳しく調べてみました






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事