ブロードバンドセキュリティ(4398)最終初値予想と気配運用記事になります。セキュリティー関係の銘柄はIPOセカンダリーのターゲットになりやすい傾向があります。同社の上場規模は、約6億円と規模が小さく個人投資家を中心とした相場が期待できそうです。一部のセキュリティ関連銘柄で既に盛り上がっているため、同社への期待は個人的にも高いように思います。


業績は増収増益となる見込みですが、新規従業員採用などのコスト増により利益が下がるようです。成長性を考えると人員を増やすことでさらなる収益確保に結び付きそうです。また、中長期戦略をかがけており目標に沿って推移しているようです。


ブロードバンドセキュリティ(4398)気配運用


項 目 気配運用の内容
板中心値段 750円(公募・売出価格)
上限値段 1,725円(更新値幅38円、更新時間10分)
下限値段 563円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 188円以上、3,000円以下


最終初値予想1,750円


上場規模はかなり軽量感があるため公開価格を超えてきそうです。明日の上限は1,725円となっており初値付かずになる可能性もあります。直近のIPOとセカンダリーに資金が流れ込んでいるため、同社への関心も高くなっているようです。


同社の手取金使途は、「人材の採用・育成等に係る採用・教育費、人件費」「業務効率化のためのシステム開発等の費用」となり積極性が感じられます。純資産や総資産は拡大し、自社への投資も拡大しているようです。


上場時点でのデメリットは、筆頭株主がSBI系のファンドと言うことでしょう。急いで自社株を売ってくるような気配はありませんが、株数は1,741,000株保有しています。ロックアップは90日間、ロックアップ解除金額は発行価格の1.5倍である1,125円となります。明日は9月末の権利落ち日になるため地合いは良くないと思いますが、IPOは別格でしょうか。


アイリックコーポレーション(7325)初値は2,226円と低調

アイリックコーポレーション(7325)が本日上場しています。思っていたよりも初値が低く、その後の値動きも低調のようです。SBIインシュアランスグループ(7326)への影響がないことを祈ります。


アイリックコーポレーション(7325)初値決定画像


【モーニングスター社】

25日、東証マザーズに新規上場したアイリックコーポレーション<7325.T>が公開価格1770円を25.8%上回る2226円で初値を付けた。「保険クリニック」のブランドで保険販売事業を展開する。仮条件(1600~1770円)が目論見書記載の想定発行価格(1410円)を大きく上回る水準に設定された案件だが、初値買いはそれほど盛り上がらなかった。公開株式数は82万8000株。


事前予想は2,500円となっていたため売りそびれた方もいるのかもしれません。ブロードバンドセキュリティの上場にも少し関係がありそうですが、連休明けなので購買意欲が薄れたのかもしれません。アイリックコーポレーションの想定価格は1,410円で公開価格が1,770円だったため割高感もあったようです。


7月上場銘柄には資金が入っているようなので、割安になった銘柄は買われているようです。ブロードバンドセキュリティは100株当選できたので様子を見ながら売却を行いたいと考えています。投資情報の一部には過熱感があるような話が出ていますが、今年の3月~4月にかけて上場した銘柄に比べると勢いがあるようには思えません。


1銘柄の当選で30万円~50万円の利益が出る相場が戻ってくると嬉しく思います。


FUNDINNO(ファンディーノ)でIPOを引き当てよう! 【口座開設完了しました】
⇒ FUNDINNO公式サイトへ



※FUNDINNO(ファンディーノ)詳細記事をかきました