FUNDINNO(ファンディーノ)のサービスで第一号の倒産企業が出ました。これについて詳しく見てみます。私はブレスサービスに投資を行っていないため財務状況などはわかりませんが、2018年12月27日に東京地方裁判所に対して当該会社及びその代表取締役井本英志氏につき破産手続き開始の申し立てを行ったとわかりました。


ブレスサービスの公式ページを確認すると既に閉鎖されていました。同社は2017年11月にファンディーノを通して資金調達を行っています。その額は35,250,000円となり投資家は219人となっています。目標募集額が18,000,000円だったことから相当な人気が伺えます。


FUNDINNOでブレスサービス倒産


【事業内容】

ブレスサービスはスマートフォン黎明期からプッシュ通知の配信サービスを提供しています。プッシュ通知の分析ツール「CORE INTELLIGENCE」は、私たちが提供してきた、国内最大級のプッシュ通知配信サービス「CORE PUSH(コア・プッシュ)」で培われた技術・ノウハウを保有しているブレスサービスだから実現できるサービスです。

「CORE INTELLIGENCE(コア・インテリジェンス)」はプッシュ通知の効果を自社と他社で比較分析を可能にし、アプリ利用者のアクティブ率(利用率)を向上させ、ビジネスを加速させます。



第一回目の動画を確認してみると、どうやら事業をバイアウトすることが目的だったと感じます。代表取締役の井本英志氏自らがバイアウトすると発言しています。また過去に一度バイアウトを成功させた実績があるそうです。


倒産したからそう思うのかもしれませんが、自社サービスを拡大したあとに企業を誰かに買い取ってもらおうという姿勢が丸出しだと個人的に感じます。


2017年11月の段階では少なくとも600社以上の企業で使われていたサービスだそうです。成長に伴い、国内だけでなくアメリカや中国、ヨーロッパなどスマートフォンが利用されている地域すべてをターゲットにし、世界中のアプリのプッシュ通知との比較ができるサービスを展開したい希望があったそうです。


プッシュ通知の配信の規格が違う国でも、ブレスサービスが行ってきたプッシュ通知配信サービスで培ったノウハウをもとに、システムを構築し、情報を提供したかったとあります。夢に消えたみたいですね。


ただ井本英志氏の悪評がネットで出回っていたので引用させて頂くと、どうやら2017年9月にDEARという法人を別に立ち上げているようです。え?ベンチャー企業として資金集めのためにファンディーノを用いた資金運用を行ったのでは?何で別法人立ち上げた?


となると資金流用も疑われるようです。新しい会社はメンタルヘルスケア関連サービスの提供になるようですね。


FUNDINNO(ファンディーノ)への影響はあるのか?

FUNDINNOがブレスサービスへの投資を仲介したことには間違いありません。しかし、リスクが高い金融商品であることは初めからわかっていたことです。ただ審査が適正だったのか?という疑問は残りますが、投資段階で「投資に関するリスク・留意点等」などの確認があるため責任はないと思います。


投資をされた方は完全にやられたとしか言いようがありません。また、いきなり倒産の書類が届いたということなので219人の投資家の方は目を疑ったと思います。そして怒りがこみ上げたことでしょう。


FUNDINNOへの投資がすべて成功するとははじめから思っていない方が多いと思いますが、破綻は厳しい現実です。また投資金は戻ってこないはずです。ブレスサービスは大手メディアにも取り上げられていたことから信頼された方が多かったのかもしれません。


2010年6月に設立されているようなので、ある程度結果を残せたいたと思われますが、最終的には資金が尽きてしまい倒産という結果になったようです。


投資をした後にIRや月次レポート配信が行われる

FUNDINNOを通して投資を行うと、たまに連絡があります。私が投資を行ったのは「株式会社MOSO Mafia」になります。Summon(サモン)というスマートフォンアプリを使って商品やサービスを提供している企業になります。直近の連絡によれば、順調に利用者が増え続けているそうです。


FUNDINNO投資結果


2018年11月と12月比較では金額として月額決済金額が180%増の成長になっているようです。2019年は有料版のリリースがあるそうなので収益チャンス?と考えています。募集時に、IPOに向けた加速化を目指すと公言しているためこのまま突っ走って頂きたいと考えています。


詳細記事は下記でまとめているのでよかったら参考にしてください。

⇒ FUNDINNO(ファンディーノ)の評判がいいのに審査が厳しい?


それと金額が9万円だったのでエンジェル税制には申込をしませんでした。作業することのほうが大変かも?と思って放置となりました。NISAロールオーバーと同じで忙しかったの余裕がありませんでした。


と言うことで案件により業績も異なるため、投資をする際にはしっかりと企業を見極めないといけません。MOSO Mafiaに投資を行った後に3案件くらい申し込みをしましたが、申込者が多く配分がない状態が続いています。最近の案件をしっかりと見ていませんが、興味があれば新しい投資を考えています。


ただリスクがあるため、余裕資金の範囲内で投資をすることをお勧めします。余裕資金でも無くなれば腹が立ちますけどね。


FUNDINNO(ファンディーノ)でIPOを引き当てよう! 【口座開設完了しました】
⇒ FUNDINNO公式サイトへ

FUNDINNO(ファンディーノ)






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事