みらいワークス(6563)が明日上場します。単独上場のはずでしたが、ナレッジスイートとすすらネットの初値持ち越しにより資金が分散されます。どちらも人気銘柄のため初値不安はありませんが、出来るだけ高く初値が付けば公募組の利益が多くなりIPOを続けている旨味がでてきます。


みらいワークス(6563)IPO新規上場承認


みらいワークスは、コンサルタントのビジネスマッチングサービスを行う企業です。
公開株式数は214,000株、オーバーアロットメント25,600株、ストックオプション行使可能株数は120,000株(発行価格900円)となっています。
ロックアップは1.5倍解除で平成30年3月18日までです。
ベンチャーキャピタルは5,000株のようです。


■ みらいワークス初値決定前の気配運用
板中心値段(公開価格)1,840円
上限方向値段4,235円で気配更新は92円(更新時間は10分)
下限方向値段1,380円で気配更新は通常の更新値幅(更新時間は3分)
注文受付価格の範囲460円以上、7,360円以下



上場規模も4億円規模と小さく株数も少ないため上場当日の初値は付かない可能性が高いと思います。
まさにIPOバブルと言ってよいと思いますが、12月上場が多かったにも関わらずこれだけ成功するとは思いませんでした。


大型上場が3社控えていますが、案外良い初値が付く可能性も出てきています。
アルヒは公開価格を割れてしまいましたが、森六HDとオプトラン、プレミアムグループなどがどのような初値を付けるのか見ものです。他のIPOは公開価格を超えてくるでしょう。


みらいワークス初値予想は4,200円程度のようですが、持ち越し濃厚だと思います。
イオレよりもIPOチャレンジポイントは少なくて良かったみたいですから、個人的にも敗北感?
12月IPOは久々に楽しい体験が出来ました。
2018年のIPOもこのまま継続しそうなので楽しみです。12月優待も今日から始めようと思いましたが、資金がバラバラなので面倒ですね・・・


トラスコ中山だけクロスさせておきました(汗)
その他は残り物で構いませんが、SBI証券でクロスが出来ないと他の証券会社にはあまり資金がありません。
未成年口座も活用していると資金がホント足りません。
FXやETF、ソーシャルレンディングと仮想通貨にも資金がとられています。色々投資ができ楽しいですけどね。