オプトラン(6235)IPOが新規上場承認されました。ニッチ分野ですが業績は悪くありません。しかし株数と吸収金額を考えると初値売却益はあまりでないと感じています。仮条件が発表されたタイミングでBBに参加するのかを考えたいと思います!現在のところ積極的な参加は控えるつもりです。


オプトラン(6235)IPO新規上場承認


業種:機械
市場:東証1部又は2部
公開予定:12月20日
BB期間:12月05日~12月11日


【事業内容】
光学部品等表面に各種機能膜を成膜(コーティング)する光学薄膜装置の製造・販売



【資金使途】
手取概算額6,119,000千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当による自己株式処分の手取概算額上限1,576,600千円については、受注拡大に伴う「イオンソース」、「電子銃」等の原材料等の仕入に充てることを目的として金融機関から借り入れた短期借入金139億円の返済資金の一部として、2018年3月までに充当する予定であります。

1.イオンソースとは、イオンビームを照射する装置を言います。ガス化した蒸着材料にイオンビームを照射することにより基盤まで運び、基板上の成膜面に叩きつけます。叩きつけることにより膜の結晶性や膜密度が良い薄膜が可能となります。
2.電子銃とは、電子ビームを放電する装置を言います。固形の蒸着材料を溶かし、ガス化させるために使用します。



100株単位
公募株数 4,200,000株
売出株数 3,000,000株
合計株数 7,200,000株(72,000枚)   ←流石に申込めば当選でしょう
 

想定価格 1,460円 ⇒ 14.6万円必要!
仮条件  12月01日に決定予定
公開価格 12月12日に決定予定


【幹事団】
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券  カブドットコム証券
みずほ証券
野村證券
むさし証券
岡三証券   岡三オンライン証券
SBI証券


オプトラン(6235)上場評判とIPO分析


オーバーアロットメントによる売出し1,080,000株
想定発行価格1,460円を基に吸収金額を算出すると約105億円、オーバーアロットメントを含めると約120.9億円です。
オプトランHP⇒ http://www.optorun.co.jp/


オプトラン(6235)IPO初値予想 THEO LENDEX
↑クリックで拡大します      ⇒ ETF投資のチャンスかも?(テオ)


オプトラン(6235)上場評判とIPO分析


光学薄膜装置の製造・販売を主要な事業としている企業です。
光学薄膜とは、レンズ等の各種光学部品の表面にコーティングを施し、コーティングの材料により異なる機能(例:反射防止、赤外線カット等)を持たせることを指すそうです。


光学薄膜技術の応用分野は、携帯電話・プロジェクター等のデジタル家電から、近年ではスマートフォンタッチパネル・カメラレンズ、LED照明等に市場が拡大してきましたが、これからは、IoT関連で市場の成長が期待される生体認証、車載、VR/ARや半導体光学融合に取り組んでいくそうです。



オプトラン(6235)従業員と株主の状況


会社設立1990年8月25日、埼玉県川越市竹野に本社を構えます。
社長は林為平氏(60歳)、株式保有率は2.32%です。
従業員数は67人で平均年齢38.3歳、平均勤続年数8.8年、平均年間給与約917万円と高額です(連結従業員数は600人)


オプトラン(6235)IPO株主の状況
↑クリックで拡大します       ⇒ シストレ24 限定タイアップ



オプトラン(6235)のロックアップ状況と私見


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である当社の株主、売出人、貸株人かつ取締役である孫大雄、並びに当社の株主、売出人かつ取締役である林為平及び高橋俊典、並びに当社の株主、売出人かつ執行役員である宮健、奚建政及び範賓、並びに当社の株主かつ売出人である株式会社アルバック、JSR株式会社、肖連豊、唐健及び小泉達也、並びに、当社株主の浙江水晶光電科技股份有限公司、大和PIパートナーズ株式会社、Cernobbio Investment Ltd、理研電線株式会社、株式会社オハラ、MORGAN STANLEY & CO. INTERNATIONAL PLC、オムロン株式会社、DCIハイテク製造業成長支援投資事業有限責任組合、東京都ベンチャー企業成長支援投資事業有限責任組合、株式会社三菱東京UFJ銀行及び他37名は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(2018年3月19日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。



ロックアップは90日間((2018年3月19日)、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
ストックオプションも調べてみましたが、3,456,000株もあります。
行使期限は2018年1月21日からなので上場日には関係がありませんが、発行価格は310円となっています。


ここにきて機械ですか?と言った感じに考えています。
上場日が12月20日なのでそろそろ今年のIPOも終わりに近づいています。
個人的な見解ですが、業績が良いことを考慮しても公開価格前後の初値ではなかろうかと考えています。


上場時発行株数は44,358,000株となり、吸収金額は約647.6億円になります。
東証1部になる見込みが非常に高いと思いますが、パスでも良いかな~と考えています。
翌日の上場も大量株が控えているプレミアグループ(7199)もあり、不安ですね。