シェアリングテクノロジー(3989)IPOが新規上場承認されました。
株数が多めなのでIPO当選に期待がかかります 


シェアリングテクノロジー(3989)IPO新規上場承認


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:08/03
BB期間:07/19~07/25


【事業内容】
当社は、「求める人と提供する人を結びつけるマッチングサービスを高度なテクノロジーで成熟・進化させ、世の中に貢献して参ります。」を企業理念に掲げ、ライフサービス領域に関する「バーティカルメディアサイト」の運営を通じて、暮らしの中での“お困りごと”を抱えるユーザーと、生活に密着したサービスを提供する専門業者とのマッチングを中心としたWEB事業を展開し、ライフサービスに関わる幅広い領域でサービスを展開しております。

まとめると⇒ ライフサービス領域に関する「バーティカルメディアサイト」及び総合プラットフォームサイト「生活110番」の運営、WEB集客にかかるコンサルティング業務等



【資金使途】
手取概算額920,000千円については、自社取引システムの機能拡充に伴う設備投資資金、ユーザー獲得のための広告宣伝費、事業拡大に伴う人材の採用にかかる採用費及び人件費、並びに金融機関からの借入金及び社債償還のための返済資金に充当する予定であります。具体的には以下の投資を予定しております。

自社取引システム「SHARING PLACE」の機能拡充のためのシステム開発投資として75,000千円(平成29年9月期:3,000千円、平成30年9月期:36,000千円、平成31年9月期:36,000千円)
当社バーティカルメディアサイト及び総合プラットフォームサイト「生活110番」への問合せユーザーを獲得するための広告宣伝費の一部として339,499千円(平成30年9月期:121,998千円、平成31年9月期:217,501千円)
問合せ件数の増加に対応するためのコールセンター人員及び当社バーティカルメディアサイトの改修等を行うためのデザイナー等の採用にかかる採用費及び人件費として140,866千円(平成30年9月期:65,000千円、平成31年9月期:75,866千円)
財務体質及び経営基盤の安定化のため、金融機関からの借入金及び社債償還のための返済資金として152,500千円(平成29年9月期:22,500千円、平成30年9月期:65,000千円、平成31年9月期:65,000千円)

残額については、将来における当社サービスの成長に寄与するための支出、投資に充当する方針でありますが、当該内容等について現時点で具体化している事項はなく、今後具体的な資金需要が発生し支払時期が決定するまでは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。



100株単位
公募株数 600,000株
売出株数 600,000株
合計株数 1,200,000株(12000枚)   ←株数が多めなので当選期待!


想定価格 1,560円 ⇒ 15.6万円必要
仮条件  1,560円~1,600円に決定しました!!
公開価格 07/26に決定予定です


【幹事団】
大和証券
SBI証券     ←SBI証券でIPOをはじめる3つのポイントはこれだ!
香川証券
いちよし証券
みずほ証券
SMBC日興証券   ←口座があるとIPOの他にもPOの抽選に参加可能
マネックス証券    ←IPO配分が完全平等抽選だった





■ シェアリングテクノロジーIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し180,000株
想定発行価格1,560円を基に吸収金額を算出すると約18.7億円となり、オーバーアロット
メントを含めると約21.5億円となります。
シェアリングテクノロジーHP⇒ 日本最大級のライフサービスプラットフォーム


シェアリングテクノロジーIPO初値予想 
↑クリックで拡大します        ⇒ むさし証券もIPO前受金が不要になりました


WEBマーケティングサービスとWEBコンサルティングサービスを行っており、主力は
WEBマーケティングサービスになります。
同サービスの特徴は、ユーザーからの問合せに自社で運営している24時間365日年中
無休のコールセンターにて、専任のスタッフが受付対応を行い、問合せ等を受けたコール
センタースタッフが希望サービス、対応地域、希望訪問時間等のユーザーニーズをヒアリ
ングし、全国各地の加盟店の中から希望サービスを抽出し、加盟店にユーザーの紹介を
行っています。


売上は底堅く推移しているようですが、赤字から黒字へ転換し今期に大幅な黒字予想
となっています。事業の問合せ件数は大きく伸びており、今後に期待が出来そうです。
会社設立は2006年11月、愛知県名古屋市中区丸の内に本社を構えます。
社長は引字圭祐氏(32歳)、株式保有率は56.54%です。
従業員数は82人で年間臨時雇用は26人、平均年齢28.7歳、平均勤続年数1.3年、平均年間
給与は約341万円となります。


シェアリングテクノロジー(3989)IPOロックアップVC 
↑クリックで拡大します      ⇒ 東海東京証券は主幹事も行います!


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である引字圭祐、並びに当社の株主である榊原暢宏、綿引一、アイビス新成長投資事業組合第3号、株式会社ベクトル、SBIベンチャー企業成長支援3号投資事業有限責任組合、SBIベンチャー企業成長支援4号投資事業有限責任組合、SBI アドバンスト・テクノロジー1号投資事業有限責任組合、SBIベンチャー企業成長支援2号投資事業有限責任組合及びSBIベンチャー企業成長支援投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(平成29年10月31日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。



    


ロックアップは90日間でロックアップ解除倍率は1.5倍となります。
ただしVCである「MSIVC2012V投資事業有限責任組合」250,000株はロックから外れて
いるようです。
SBI系のベンチャーキャピタルが多いですが、主幹事は大和証券となります。
そこそこ当選確率は高そうなので、申込予定でいます 


シェアリングテクノロジーIPO幹事です!! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 2017年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】





シェアリングテクノロジー(3989)初値予想とIPO分析 | 株数が多く狙い目IPO登場記事へ