ビーブレイクシステムズ(3986)IPOが新規上場承認されました。いよいよIPO再開となりますが、主幹事はまたもやSBI証券となっています!利益の伸び率が良くクラウド事業やIT人材派遣などを行っている企業になります。ただ想定価格が低いのでポイント投下組も渋りそうですね。株数も31万株程度なので賑わいそうです。


ビーブレイクシステムズ(3986)IPO新規上場承認初値は2倍か


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:06/15
BB期間:05/29~06/02


【事業内容】
当社は、「世界が認めるシステム構築の仕組を世に広め、社会の発展に貢献する」という理念のもと、ドイツのERPベンダーであるSAP社の日本法人のシステムコンサルタントであった2名を中心に起業し、現在は、主にクラウドERP(注1)の開発および販売を行うパッケージ事業と、顧客が構築するシステムの受託開発やIT人材の派遣を行うシステムインテグレーション事業を行っております。当社の技術者は、どちらの事業のプロジェクトにも対応可能であり、両事業の繁忙に応じて適宜配置を変更する体制を取っております。

まとめると⇒ 主にクラウドERP(MA-EYES)の開発および販売を行うパッケージ事業と、顧客が構築するシステムの受託開発やIT人材の派遣を行うシステムインテグレーション事業



【資金使途】
手取概算額314,400千円および「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限39,612千円については、①研究開発および製品製造のための人件費およびそれに付随する費用の一部として174,012千円、②広告宣伝資金として90,000千円、③採用および教育資金として90,000千円に充当する予定であり、具体的には以下の通りであります。

当社製品(クラウドERP「MA-EYES」)の販売対象業種の拡大を含む競争力強化を目的とした研究開発のための人件費およびそれに付随する費用(消耗品費、地代家賃、減価償却費、旅費交通費、水道光熱費、事務用品費および管理諸費)、ならびに、既存の「MA-EYES」の製品製造のための人件費およびそれに付随する費用(消耗品費、地代家賃、減価償却費、旅費交通費、水道光熱費、事務用品費および管理諸費)の一部として平成30年6月期に85,000千円、平成31年6月期に89,012千円を充当する予定であります。
当社製品(クラウドERP「MA-EYES」)の知名度向上、および、当社ブランドに対する信頼性向上を目的とした広告宣伝資金として平成30年6月期に43,000千円、平成31年6月期47,000千円を充当する予定であります。
人材の採用および教育のための資金として平成30年6月期に36,000千円、平成31年6月期に54,000千円を充当する予定であります。

なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融資産で運用する予定であります。



100株単位
公募株数 250,000株
売出株数 62,000株
合計株数 312,000株(3,120枚)    ←株数が少なく人気化しますね!


想定価格 1,380円 ⇒ 13.8万円必要
仮条件  1,550円~1,670円に決定しました!
公開価格 06/05に決定予定です


【幹事団】
SBI証券(主幹事)    ←SBI証券でIPOをはじめるための3つのポイント
SMBC日興証券    ←口座があると年間に相当申し込める
みずほ証券
岡三証券      岡三オンライン証券
極東証券
岩井コスモ証券   ←後期型IPOで忘れがち





■ ビーブレイクシステムズIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し31,200株
想定発行価格1,380円を基に吸収金額を算出すると約4.3億円となり、オーバーアロット
メントを含めると約4.74億円となります。
東証マザーズ上場を考えても吸収金額が少ないため初値は高騰しそうです!
ビーブレイクシステムズHP⇒ ITで経営の今を変える、未来を変える


ビーブレイクシステムズ(3986)初値予想 岡三オンライン証券タイアップ
↑クリックで拡大します       ⇒ なんと1回取引で15,000円もGET!


クラウドERP開発や販売を行うパッケージ事業と、顧客が構築するシステムの受託開発や
IT人材の派遣を行っている企業です。
企業規模はそこそこ大きいようで、人員もいます。


※ERP(Enterprise Resource Planning)は、経営資源の有効活用の観点から企業全体を統合的に管理し、経営の効率化をはかるための手法・概念のことです。また、これを実現するための統合型基幹業務パッケージを指します。クラウドERPは、クラウド技術を用いて提供されるERP、またはその提供サービスのことです。



売上は拡大傾向にあり、平成28年より経常利益も大きく伸びています。
今期第3四半期開示情報では既に経常利益ベースで平成28年を超えているので期待が
できそうです。
ただ、売上も伸びていますが経常利益(当期利益)の異常な伸びはなんでしょうね。
上場に合わせて色々と準備をしてくるのでこのまま推移するのか解りませんが、インパクトが
あるので人気になるでしょう 


会社設立は2002年07月、本社は東京都品川区西五反田にあり実績があります。
社長は白岩次郎氏(44歳)、株式保有率は46.33%と比較的高く好感が持てます。
従業員数は126人で平均年齢30.5歳、平均勤続年数4.9年、平均年間給与452万円
となっています。


ビーブレイクシステムズ(3986)IPOロックアップ状況
↑クリックで拡大します         ⇒ 前受金不要でIPOに参加だって? 


【ロックアアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、当社の取締役であり売出人かつ貸株人である白岩次郎、当社の取締役であり売出人である上川伸彦、高橋明および鹿取裕樹、当社の取締役である熊田圭一郎、ならびに当社の監査役である菅谷順子および伊藤修久は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年9月12日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出しおよびオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。




ロックアップは90日間(平成29年9月12日)、ベンチャーキャピタル出資は無いようです。
公開株も少なく、売出し株も少ない。そして利益が出ていて事業もIT系です。
個人的意見ですが、間違いなく人気化すると思われます!
初値2倍~3倍程度にはなるのでは?
当選出来たらウハウハ間違いなしの銘柄だと思いますので当選したら祝い酒コースですね。