株主優待を取得する銘柄が多いと手数料もケチりたくなります。となると現物買いではなく信用買いをして現引きをすればいいんです。この技も最近メジャーになっていますが、銘柄が多いとミスをしやすいのでミスしないように注文状況を確認しておきましょう。現引き不可の時もありますからね。


プレサンスコーポレーション株主優待
参考記事⇒ SBI証券で一般信用取引を利用した株主優待取得方法 


ただ気を抜いていいると現引きが出来なくなります。
なぜかと言うと、売りと買いの双方が信用取引になり余力に余裕が出ます。
いざ現引きをしようとすると余力が足りないことがあります。


私もクロスをしていた途中で気が付いたので、今日はやめて明日確認をしながら
頑張ってみます。時間が無ければ放置で~
先程3月優待銘柄を数えたら19個取得していましたのであと1個クロスしたいです。
意味も無く20個と考えただけです(笑)


SBI証券の他にもauカブコム証券松井証券を使いました。
一般信用を使った取引なので何処でも良いわけではありませんの注意が必要です。
リアルな話しですが、あと口座に70万円しかありません 
生活で使っている口座に余力はありますが、最近は手を付けていません。
学資保険から借り入れていた事が懐かしいです。

上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。