ユーザーローカル(3984)IPOが新規上場承認されました。

かなり人気があると思われるIPOの登場ですが、大型銘柄のスシローグローバル
ホールディングス(3563)
と上場日が被っています。
資金分散が起きてしまいますが、参加投資家の違いもあり期待したいです


ユーザーローカル(3984)IPO新規上場承認


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/30
BB期間:03/14~03/21


【事業内容】
当社は「データで世界を進化させる」という経営理念のもと、大量のデジタル情報(以下、「ビッグデータ(注1)」という。)を収集し、データ解析するためのプラットフォームの提供を主事業としております。とくに、企業のデジタルマーケティングデータとSNS上の大量データの分析により、企業の経営やマーケティングの意思決定を支援しています。近年では、人工知能(以下、「AI(注2)」という。)を使い、より高速かつ高精度な分析、データ活用ができるようにシステム強化を推進しています。

まとめると⇒ ビッグデータの解析・人工知能による情報提供サービス



【資金使途】
手取概算額578,300千円のうち、147,600千円をサーバー等の設備投資に(平成30年6月期26,400千円、平成31年6月期31,200千円、平成32年6月期以降90,000千円)、90,200千円をデータ処理量拡大に伴う蓄積データの増大により必要となる記憶媒体のSSDや、機械学習を高速化するGPU等のシステム関連購入費用に(平成30年6月期19,200千円、平成31年6月期21,000千円、平成32年6月期以降50,000千円)、24,000千円を事業拡大等に伴う新規人材の採用資金に(平成30年6月期12,000千円、平成31年6月期12,000千円)、115,920千円を新規採用に伴う人件費に(平成29年6月期8,400千円、平成30年6月期40,320千円、平成31年6月期67,200千円)充当する予定です。また、残額200,580千円については将来のデータ処理量拡大並びに新規事業に伴う設備投資金に充当する方針でありますが現時点においては未定のため、今後具体的な資金使途が成立・確定した場合には速やかに開示いたします。



100株単位
公募株数 205,000株
売出株数 200,000株
合計株数 405,000株(4,050枚)   ←サイズ的にOKです


想定価格 2,860円 ⇒ 28.6万円必要
仮条件  2,780円~2,940円に決定しました!
公開価格 03/22に決定予定です


【幹事団】
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券     ←IPOチャレンジポイントは勿体ないか?





■ ユーザーローカルIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し60,700株
想定発行価格2,860円を基に吸収金額を算出すると約11.6億円となり、オーバー
アロットメントを含めて算出すると約13.3億円となります。
ユーザーローカルHP⇒ 人工知能で顧客体験の質を向上サポートチャットボット


ユーザーローカル(3984)IPO初値予想
↑クリックで拡大します       ⇒ IPOチャレンジポイントを使うとこうなる


企業のデジタルマーケティングデータとSNS上の大量データの分析を得意と
する企業で、ビッグデータの活用や人工知能(AI)と言ったテーマ性ある銘柄です。
業績も順調に推移しており、IPOでは人気化する可能性がかなり高いと考えられます。
このIPOに当選すれば大きな利益が期待できそうです!


会社設立は2005年09月、東京都港区芝に本社を構えます。
社長は伊藤将雄氏(43歳)、株式保有率は71.19%と高いです。
従業員数は28人で平均年齢は28.1歳、平均勤続年数は2.4年、平均年間給与は
約557万円となります(臨時雇用者数15人)


ユーザーローカル(3984)IPOベンチャーキャピタル 立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション
↑クリックで拡大します        ⇒ 楽天スーパーポイント15,000円分が貰える


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である伊藤将雄、売出人である渡邊和行及び中村賀一、並びに当社の株主であるYJ2号投資事業組合、三上俊輔、合同会社クリムゾングループ、イーストベンチャーズ2号投資事業有限責任組合、八重樫拓己及び岩本大輔は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後180日目(平成29年9月25日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等を除く。)を行わない旨を合意しております。



ロックアップ期間は180日間(平成29年9月25日)、ロックアップ解除倍率の
記載はありません。
社長の経歴を見ますと、日経BPや楽天に入社経歴がありるようです。
事業の取り組みは複雑化しているように思いますが、ニーズについていける
からこそ業績に反映されていると思われます。


ユーザーローカルIPOはとても良い銘柄だと思いますので、自分の運気を試す
チャンスです
最近頂いた質問に、「IPOに申込続けて3ヶ月が過ぎましたが1回も当選できない」
とありましたが、人気がある銘柄にそう簡単に当選する訳ありません。
初めて申込んで当選する方もいますが、普通は平幹事から3ヶ月申込んでも
中々当選出来ないと思います 
しかも1社からなので大変厳しいでしょう。


 株ブログ IPO・新規公開株    


IPOブログを見ていると毎回当選している人もいますが、億のお金を持っている
「おくりびと」なので仕方ないです。
資金があれば私だって他の手法でGETできますもん 
羨ましがっても現実は変わらないので自分のペースで参加しましょう!


ユーザーローカル(3984)IPO主幹事です! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業です 【岡三オンライン証券】 





ユーザーローカル(3984)初値予想とIPO分析 | 人工知能IPOの初値は本物か?記事へ