東洋証券のIPO抽選ルール詳細記事になります。
東洋証券のIPO口座はかなり少ないと思うので、積極的にIPOの当選を狙いたい方は口座開設をしておきましょう。


東洋証券のIPO抽選ルールとIPO当選方法


東洋証券のIPO申込は基本的に主幹事のみの受付になります。
そんな理由からIPO口座を開設する方も少なく、超穴場証券口座だと思っています。
幹事に絡む事はそこそこあるので、店頭口座であればさらにIPO配分は濃厚なのかもしれませんが、私はインターネット口座を開設しています。


東洋証券は広島発祥の企業になり、全国に31店舗網となります。
現在の本店は東京都中央区にあり、中国株やアジア系投信の売買に定評があります。
創業は1916年、設立は1934年になり老舗企業です。


東洋証券IPO抽選口座
※実際に口座開設してみました


東洋証券のインターネット取引(ホームトレード)口座

・1口座1抽選方式
・前受金方式になり、申込銘柄相当の資金が必要
・基本的にインターネット口座での配分は主幹事のみ
・IPO抽選は需要申告した方に番号(乱数)を付け、配分予定数量の10%を抽選に回す
・抽選によるIPO当選数量は最低単元株数
・IPOに当選しなかった場合でも配分する事がある(需要の積み上がり等)
・インターネット入金の取り扱いがある
・東洋カードが発行されるので入出金が無料に出来る
・口座開設費用は無料化できる(ホームトレード一般コースを選ぶ事)



参考までに日本郵政関連の東洋証券の個人配分を調べてみました。
10%程度は配分されているので、主幹事の時は期待が出来るかもしれません。
チャンスは多くありませんが、取扱いがあればそれなりに当選出来る可能性はあります!


東洋証券のIPO抽選ルール詳細

中国株に興味があれば店頭口座を選んで、IPOの配分を裁量で狙うのもありだと思います。平幹事は1年を通し意外にあるので良いかもしれません。


ホームトレードの会員コースを選ぶと、売買手数料にメリットが生まれます。
ヘビーユーザーならループ取引により、同一資金で何度も売買が可能になります。
ただし月額手数料が10,800円掛かるのでホントに取引をされる方向きのサービスとなります。
私はインターネット口座一般コースでボチボチ参加させて頂きます。


⇒ 東洋証券の公式ホームページはこちら