1年で最もIPOに当選しやすい時期に突入します。
初値が低く抑えられる事もありますが、IPOに当選出来るチャンスです。

2016年12月IPOは15社上場します。
リートIPO2社を含めると合計17社となり、その日程がタイトになっているので資金配分
により当選出来る銘柄も違いそうです。


12月IPOの狙い目は?どれだ
↑クリックで拡大します


12月1日上場のいちごグリーンインフラ投資法人は既にブックビルディングが終了
しているので含まれていませんが、画像を見て頂くとブックビルディングが重なっています。
キャリアインデックス以外は大きな資金がいらないので、資金がある程度豊富にあると
どの銘柄も申込は出来そうです。


限られた資金の中でやりくりするには、日程的にきついと思います。
私も証券口座に預けている資金を見直さないといけません。
JR九州の資金もまだ回収していないので、あまり使わないところからの出金も
考えないといけません 
すべての銘柄に参加すると思いますが、強弱をつける銘柄が出てきそうです。
微妙な銘柄も上場するのでその辺りを考えないと・・・


ZMP(7316)IPOのSMBC日興証券ネット配分が86万株推定と考えられますので、
4万人が抽選に申込んだとしても 当選確率が21.5% になります。
※個人的な算出なので参考までにお考えください
⇒ ZMP(7316)IPOの詳細はこちらの記事へ


店頭配分の傾向は解りませんが、複数株の配分を考えるとハードルは?
新規顧客だと100株配分はあるかもしれませんが、営業の電話も多そうですね。
私はインターネット口座で申込してみます(毎回ですが)
当選出来なければ残念ですが、これだけ当選確率が高い事も珍しいです。


その他の銘柄はA級ランクは厳しいと思いますが、資金が枯渇している方も多く
通常よりも当選確率は上がると思います。
B級・C級銘柄になるとさらに当選確率は高いでしょう。
IPO投資家には大イベントになるため12月は稼ぎ時です。
悔いの無いように口座開設や資金移動を頑張りましょう。