LINEのIPO抽選結果は11日、12日です。来週は忙しいですね!一大イベントなので楽しみです。しかしながら雇用統計の結果は微妙すぎてどうなるのか解らない(非農業部門の就業者数は回復で、失業率は0.2ポイント悪化の4.9%)


NYダウ平均は大きく上げて前日比+250.86 (+1.40%)でした。ただ円高に振れている日本は毎回振り回されっぱなしで、相変わらず弱いですね。日経平均先物は230円プラスですが、素直に受け取っていいのかな~


日経平均推移
※年明けから暴落し18,000円回復も出来ない状況です


LINE株に関してはIPOブロガーさんも強弱が出ていて面白いですね。
私はある程度申込んだので当選狙いですが、大量に来た場合は困るかも・・・
300株程度の当選なら良いかな?と思っています。
とにかく100株も取れない場合はイベントに参加出来ないので寂しいです。


【日本経済新聞】
対話アプリのLINEが日米で株式を上場する。公開価格の仮条件は2900~3300円。仮条件の上限だと時価総額は6930億円と、今年の新規株式公開(IPO)では日米で最大規模。圧倒的な顧客基盤を強みに、コンテンツ配信や広告などに収益源を拡大できるかが課題だ。

米ニューヨーク証券取引所(NYSE)には現地時間14日(日本時間同日深夜)、東京証券取引所には翌15日に上場する予定。市場区分は東証1部となる見込み。日本企業が東証とNYSEに同時上場するのは初めて。新株発行により最大1300億円を調達する。

対話アプリでは米フェイスブックなどが先行し、全世界で規模を追っても消耗戦が待っているだけ。LINEはシェアの高い市場に経営資源を集中投下し「収益力の強化を進める」(出沢剛社長)戦略を強調する。 ~省略~ 会社側は16年12月期の連結業績見通しを開示していないが、最終損益は40億円程度の黒字(前期は75億円の赤字)に転換する公算が大きい。前期に118億円の営業赤字だったラジオ型音楽配信事業から3月で撤退。不採算事業の整理にもめどを付けた。売上収益は2割程度増えそうだ。



黒字転換は良い事です。
しかし企業規模的にインパクトに欠ける気もしますね。
M&A戦略を行っていくつもりらしいですが、攻めが評価されると良いですね。
私はIPOに当選したら短期間で売却予定です 
選挙が終わって新しい相場が始まると良いですが、とにかく日本の元気がありませんね。