日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の気配運用と初値予想です。
いよいよ明日11月04日に上場します!


東京証券取引所


日本郵政(6178)初値決定前の気配運用

板中心値段(公開価格)1400円
上限方向値段3220円で気配更新は70円(更新時間は10分)
下限方向値段1050円で気配更新は通常の更新値幅(更新時間は3分)
注文受付価格の範囲350円以上、5600円以下

初値予想1500円



かんぽ生命保険(7181)初値決定前の気配運用

板中心値段(公開価格)2200円
上限方向値段5060円で気配更新は110円(更新時間は10分)
下限方向値段1650円で気配更新は通常の更新値幅(更新時間は3分)
注文受付価格の範囲550円以上、8800円以下

初値予想2400円



ゆうちょ銀行(7182)初値決定前の気配運用

板中心値段(公開価格)1450円
上限方向値段3335円で気配更新は73円(更新時間は10分)
下限方向値段1088円で気配更新は通常の更新値幅(更新時間は3分)
注文受付価格の範囲363円以上、5800円以下

初値予想1600円



初値予想をしている企業がほぼ一致している価格を出していると言われています。
上場発表時は、国策に売りなしとはいうものの巨額ゆえに初値利益が取れるかどうか
微妙案件と思いましたが、ブックビル段階においては需要が盛んだったという事でIPO
に当選出来なかった方もいます。


よって初値買い需要もかなりあると大手も推測されていますが、蓋を開けてみなければ
こればっかりは解りません。
⇒ 郵政の初値予想を読者目線でアンケート頂きました 【参考になります】


【配当利回り】 2016年3月末基準

日本郵政23円配当予定で約1.64%利回り(通年3.2%)
かんぽ生命保険56円配当予定で2.54%(通年)
ゆうちょ銀行25円配当予定で約1.72%(通年3.4%)


【PER算出】

日本郵政EPS約85.2⇒ PER16.4倍
かんぽ生命保険EPS約140⇒ PER15.7倍
ゆうちょ銀行EPS約85.34⇒ PER約17倍



今更比較してもどうにもなりませんが、利益を取りつつ損をしないような取引を心
がけたいと思います。
少しだけ保有し続けても良いかと思いますが、初値が高く寄るようならさっさと処分を
したいと思います。IPOは郵政グループだけではなく今後も続きます!!
年末までのラストスパートはまだですから、取りこぼしの無いように頑張りましょう。

気を抜いていると私のように申込み忘れ乱発しますからね。



オーナーズブックを使った投資を2年以上続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。不動産事業を行っているスペシャリスト集団が安定した利回りを提供します。

また貸付型案件は全て不動産担保設定ありとなるため安心できます。日本で初めて不動産特化型クラウドファンディングを行った企業としても有名です。

OwnersBook(オーナーズブック)評判とデメリット

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。最大利回りで100万円投資すると1年間に60,000円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は30万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!