東海東京証券のIPO抽選ルール詳細を調べてみました。
以前は電話での申込でしかIPOの参加が出来ませんでしたが、現在はインターネットからの
IPO参加が可能
となっています。
これにより時間が開いた時に申込ができ抽選に参加できる機会が増えます。


東海東京証券のIPO当選ルール



2014年のIPO取扱い銘柄

【主幹事】 日本PCサービス、東京ボード工業、ポバール興業
【平幹事】 ヨシックス、今村証券、サイジニア 、綿半ホールディングス 、U-NEXT
マークラインズ、テクノプロ・ホールディングス、ビーロット、CRI・ミドルウェア、
すかいらーく、リクルートホールディングス、他

意外に取扱い数も多くダイレクトサービスではすべてのIPOに申込が可能となっています。
CRI・ミドルウェアなどは1単位で100万円抜きの銘柄です
取扱市場は東京証券取引所、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所
となります。東海東京証券は地場に強いイメージがあります。



2015年のIPO取扱い銘柄 

【主幹事】 KeePer技研、べステラ、日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行
【平幹事】 ALBERT、コラボス、ショーケース・ティービー、sMedio、
日本動物高度医療センター、モバイルファクトリー、RS Technologies、
海帆、レントラックス、ジグソー、 メニコン、富士山マガジンサービス、平山、
アイリッジ、 PCIホールディングス、ベステラ 、AppBank、グリーンペプタイド、
鎌倉新書、ダブルスタンダード、アートグリーン 、ビジョン、一蔵

2015年には第一発目のIPO、KeePer技研(6036)の主幹事を勤め大成功しています。
その後も順調に幹事を引き受けており現在IPO的に人気の企業です。
幹事引受も多くIPOをするなら口座を持っておきたい企業です。

※公式サイトへ⇒ 東海東京証券


東海東京証券の口座は2種類あり
①かんたんダイレクト口座(インターネットとコールセンターでの取引)
②あんしん総合ザービスになる(店舗で担当者が付きサポートを受けられる)
下記ではダイレクト口座のIPOを説明しています(私もダイレクト口座です)


東海東京証券のIPO抽選ルール 当選・落選
※口座開設や維持管理は無料


【東海東京証券IPOのかんたんダイレクト口座について】

1口座1抽選方式
・個人のお客様への割当数量は引受けの10 %以上(他企業と同等)
・銘柄別に完全前受金制で複数申込も可能
・本社一括抽選により個人への配分を決定する
・抽選対象となる需要申告に番号 ( 乱数 ) を付しその番号で抽選する
・銘柄別に資金が必要
・IPOの申込はインターネットからの申込!
・当選した場合は購入申込期限内に意思表示が必要(購入申込)
・補欠当選制度があるので繰上げ当選の可能性もあり
・個人優遇サービスがある
・引受数量が10単位未満の場合は本社一括抽選を行い個人優遇サービスは行わない
・口座を作ると東海東京証券カードが送られてくるのでATMを使って入金する
(手数料は無料で郵便局やコンビニ、BANCS加盟銀行で使えます)

※公式サイトへ⇒ 東海東京証券


銘柄別に前受金が必要になりますのでご注意ください。
また複数銘柄の申込も可能となりますが、申込株数の金額が必要になりますので
こちらもご注意ください。
IPO申込期限は、ブックビルディング最終日の午前10時までとなります。
抽選は口座毎に機械的な処理をし、当選・補欠・落選を選別する事になっています。


またIPO当選後に、「ご購入」もしくは「辞退」する意思表示が必要となります。
補欠当選になった場合にも当選同様に意思表示が行われますが、購入を確約する
ものではありません。
また複数申込の場合は、当選・補欠の双方に該当する場合あります。
(買付可能額の拘束開放はオンライントレード申込最終日の翌朝のタイミングとなります)


IPO当選をしても購入申込をしなければ「辞退扱い」になりますので、IPOの抽選発表日時を
控えておくことをお勧めします。
あり得ないと思いますが、たまに忘れる人が本当にいます。
上場日に初値が飛べば悔やみきれませんので忙しくても確認を怠らないようにしましょう。


⇒ 東海東京証券公式ページへ