三機サービス(6044)IPO初値予想とIPO分析記事になります。
地味な設備メンテナンス事業でジャスダック上場なので人気は薄いはずです。
配当が仮条件上限で約2.9%出るので下値では買い支えになるかもしれません。


三機サービス(6044)IPO初値予想 IPO分析


業種:サービス業
市場:ジャスダックS
公開予定:04/24
BB期間:04/08~04/14


100株単位
公募株数 250,000株
売出株数 250,000株
合計株数 500,000株(5000枚)
※オーバーアロットメントによる売出し75,000株


想定価格 1540円 ⇒ 15.4万円必要!
仮条件  1440円~1540円に決定しました


【幹事団】
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
みずほ証券
高木証券
エイチ・エス証券
エース証券
※au カブコム証券取扱決定


       




仮条件上限の1540円に決定した場合は約7.7億円の吸収となり、オーバーアロット
メントを含めると約8.9億円となります。
時価総額は約27.5億円程度になる見込みです。
兵庫県にある企業なのでここはデメリットになるでしょう(地方なので)


三機サービス(6044)IPO評判 売上状況
↑クリックで拡大します      口座開設だけで1000円⇒ au カブコム証券


三機サービスIPO分析
↑クリックで拡大します    


空調機器、厨房機器、電気設備、給排水衛生設備等のトータル設備メンテを行う企業で
連結子会社2社により構成されています。
空調機器メンテナンス事業では、パナソニックグループ会社が製造・販売を行う大型空調機器
を中心としたメンテをおこなっており、設置や組立、試運転や保守管理に関する受託業務を
開始しています。


トータルメンテナンス事業では、総合ビル管理などの建物メンテナンスを一括で引受けたり
24時間365日稼働のコールセンターを核としたサービスを多店舗、多棟展開企業である
飲食業や小売業、イベント施設、また医療・介護・福祉施設等の幅広い業界をターゲット
として売上を伸ばしています。顧客側にはコスト削減や省エネなどのメリットが存在します。


2014年5月期売上高構成比は、空調機器メンテナンス事業36.6%でトータルメンテナンス
事業62.8%となります。
取引先にはパナソニックES産機システムやプレナスなどが上げられています。

三機サービス初値予想1800円


【幹事配分】
野村證券  425,000株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券20,000株
SMBC日興証券20,000株
みずほ証券 10,000株
高木証券  10,000株
エイチ・エス証券10,000株
エース証券  5,000株
※au カブコム証券取扱決定


【業績等の概要】
売上高は5,481,138千円(前連結会計年度比1.1%増)
営業利益は295,868千円(前連結会計年度比104.4%増)
経常利益は289,362千円(前連結会計年度比93.6%増)
当期純利益は164,324千円(前連結会計年度比1.5%減)

営業利益及び経常利益が増益となっているにもかかわらず、当期純利益が前連結会計年度比1.5%減となっているのは、上記子会社2社の清算手続き開始に伴い、関係会社出資金評価損に対する繰延税金資産を認識した結果、前連結会計年度において法人税等調整額△144,373千円を計上したためです



【類似企業】
日本空調サービス(4658)PER16.48倍
シンプロメンテ(6086)PER26.71倍


ロックアップは90日間で、解除倍率は記載なしとなっています。
ベンチャーキャピタル保有株式は無く、ストックオプション未行使株が25万株あり
払込金額が200円となっています。注意が必要ですね!
そもそも公募株数が25万株なので匹敵する株数です 
⇒ 三機サービス(6044)IPOがジャスダックに新規上場承認記事へ


PERを仮に出してみますと1540円算出で約10.1倍となり、多少の上値余地は
あるように思えます。利益は拡大見通しとなり、安定的な利益確保が当面の目標と
なるように思います。冒頭にも書きましたが、配当は約2.9%となります。
しかも5月決算なので近いです。この辺りを意識した買いは入ると思いますが
初値が飛ぶような事は考えにくいです。 ですがIPOには参加します!!


岡三オンラインがIPOの取扱い開始! 口座開設で書籍プレゼント
岡三オンライン証券
   

※岡三オンライン証券のIPO抽選ルール詳細記事へ

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!