日本動物高度医療センター(6039)IPOの新規上場承認が来ました!
人口が減りペットブームもありこの手は一気に伸びた感がありますね。
そう言えばアニコム(8715)なども業績が拡大中でペット保険も伸びてますね~
我が家のワンちゃんは持病があり子供1人分の費用が掛かります。保険って大事です 


日本動物高度医療センター(6039)IPO 初値予想


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/26
BB期間:03/11~03/17


【事業内容】
当社グループは、当社及び連結子会社の株式会社キャミック、JCアライアンス株式会社の3社で構成され、動物医療業界における高度医療を提供することを目的としております。
 動物と人間との絆「ヒューマン・アニマル・ボンド」が叫ばれる中、動物も家族の一員であり、人間と同じように放射線治療装置やMRI、CTなどの先進医療設備を備えた施設で専門知識と経験を持った獣医師に診療してもらいたいというニーズが、飼い主の間で年々高まっています。当社グループは、このような社会の要請に応えるべく誕生した、動物医療業界では画期的な高度医療専門の施設で構成されております。

まとめると⇒ 犬・猫向けの高度医療を行う二次診療専門動物病院



【資金使途】
手取概算額130,266千円及び「1 新規発行株式」の(注)3.に記載の本第三者割当増資の手取概算額上限112,604千円については、財務体質の改善を目的として、過去に調達した設備投資のための長期借入金の返済資金として平成28年3月期に全額を充当する予定であります。なお、具体的な充当時期までは安全性の高い金融商品等で運用する予定であります。



100株単位
公募株数 133,000株
売出株数 592,300株
合計株数 725,300株(7253枚)


想定価格 1130円 ⇒ 11.3万円必要!
仮条件  1080円~1130円に決定しました


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
東海東京証券
マネックス証券
SMBCフレンド
岡三証券  岡三オンライン証券?
丸三証券


       




■日本動物高度医療センターIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し108,700株
想定発行価格1130円を基に吸収金額を算出すると約8.2億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約9.4億円となります。
日本動物高度医療センターHP⇒ 日本動物高度医療センターは二次診療専門の動物病院


日本動物高度医療センターIPO初値分析
↑クリックで拡大します     たまにIPO出来ます⇒ GMOクリック証券


売上拡大中で利益もようやく安定してきたようです。
事業は3つに分かれています。

①二次診療サービス
一次診療施設からの紹介を受け特定の専門分野を持った獣医師が、高度な医療機器を使用して
行う、診察、検査、投薬、手術等の診療サービス
②画像診断サービス(キャミック)
株式会社キャミックにおいて、一次診療施設からの紹介を受け、専門知識を有する獣医師が、高度な医療機器を使用して行う、画像の撮影・読影・診断等のサービス
③その他
①、②の診療・画像診断以外の主に一次診療施設向けのサービスや物品販売等



会社設立は2005年9月、本社は神奈川県川崎市高津区になります。
社長名は平尾秀博氏で45歳となります。株式保有率はわずか0.78%となります。
ベンチャーキャピタルシャブシャブの株主構成となっています。
従業員数は90人で平均年齢は34.6歳、平均勤続年数は3.1年、平均年間給与475万円
となっています(連結を入れると120人で臨時雇用は25人)


日本動物高度医療センターIPO ベンチャーキャピタル保有率 ☆キムさんのIPO日記☆
↑クリックで拡大します   半自動・自動・裁量53,000円⇒ トライオートタイアップ!


【ロックアップの状況】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、売出人であるGlobis Fund Ⅲ, L.P.、安田企業投資3号投資事業有限責任組合、Globis Fund Ⅲ(B), L.P.、NIFSMBC-V2006S3投資事業有限責任組合及び株式会社新生銀行は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の平成27年6月23日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出しにおける売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束しております。
 貸株人かつ売出人である金重辰雄、貸株人である平尾秀博並びに当社株主である風越建設株式会社、株式会社サンリツ、大津光義、正岡敦喜、川端節夫、北村直人、小野憲一郎、松永悟、石川隆行及び今順一は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成27年9月21日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。



IPOブログカテゴリー(ブログ村)⇒  にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ


ロックアップは90日と180日に分かれており、ロックアップ解除は1.5倍となります。
吸収金額が少ないですが、ベンチャーキャピタル保有が多いので初値予想めどは
1.5倍程度でしょうか?
ホームページや目論見書を見ますとしっかりとした店舗のようです。
日本動物高度医療センターIPOの参加スタンスはとりあえず参加とします。
IPOが沢山出てきて銘柄と事業内容の把握が解らなくなりそうですね(汗)
資金も枯渇するでしょうが、そこが狙い目IPOだったりします ^^


日本動物高度医療センターIPO主幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 2014年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【東海東京証券】 




日本動物高度医療センター(6039)IPOの仮条件決定記事へ
日本動物高度医療センター(6039)初値予想とIPO分析 【動物病院のIPOは初めてらしい】 増益見込み!記事へ