ファーストコーポレーション(1430)IPOが新規上場承認されました。売上倍増中で利益も拡大中です。ただ新興銘柄なのでその後が気になりますね。公開株数は64万株程度あり、主幹事はみずほ証券が務めます。ロックアップ解除倍率は1.5倍となっているようです。


ファーストコーポレーション(1430)IPO初値予想


業種:建設業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/24
BB期間:03/06~03/12


【事業内容】
当社は、分譲マンションに特化した建設工事の施工を中心に、マンション・デベロッパーへの事業化提案も行う「分譲マンション建設事業」を行っております。当該事業を行うにあたっては、「建設業法」に基づく建設業許可、さらに「建築士法」「建築基準法」に基づく一級建築士事務所としての登録ほか、マンション・デベロッパーへの事業化提案の過程で生じる不動産の仲介、売買等に必要な「宅地建物取引業法」に基づく宅地建物取引業の登録を行い事業を行っております。

まとめると⇒ 分譲マンションの建設事業




【資金使途】
手取概算額339,719千円及び「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限135,551千円の手取概算額合計上限475,270千円につきましては、40,000千円を業務系システム及び会計システムの設備投資として充当し、残額を土地仕入の決済資金として充当する予定であります。
充当時期につきましては、業務系システム及び会計システムの設備投資は、平成27年5月期末までに10,000千円、平成28年5月期末までに30,000千円を充当する予定であります。また、土地仕入の決済資金は、平成28年5月期末までに充当する予定でありますが、土地にかかる建設工事の採算性を勘案して土地仕入を行うため、上記調達資金の具体的な充当時期、及び取得予定の土地は、現時点では未定であります。




100株単位
公募株数 252,500株
売出株数 390,000株
合計株数 642,500株(6425枚)


想定価格 1530円 ⇒ 15.3万円必要!
仮条件  1530円~1600円に決定


【幹事団】
みずほ証券(主幹事)
SMBC日興証券(副幹事)
いちよし証券
SMBCフレンド
岡三証券  岡三オンライン証券
マネックス証券


■ファーストコーポレーションIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し96,300株
想定発行価格1250円を基に吸収金額を算出すると約9.8億円となります。
オーバーアロットメントを含めて算出すると約11.3億円です。
ファーストコーポレーションHP⇒ 都市の新価値空間の創造


ファーストコーポレーション初値 岡三オンライン証券120×120タイアップ
↑クリックで拡大します


売上・利益共に順調です。
規模は小さいですが今のところは順調のようです。
時価総額も約34億円程なので大きな銘柄ではありません(1250円算出)
ただ巷ではマンションなどの不動産企業に対して不安感があるようなので
さっさと上場ゴールをたくらむ・・・・なんて。


会社設立は2011年6月となっており非常に若い企業です。
社長は中村利秋氏となり64歳となります。
現在も他企業の取締り役や社長などを兼任されているようです。
従業員数は81名となっており、平均年齢は41.1歳、平均勤続年数は1.6年、
平均年間給与は約595万円となっています。


ファーストコーポレーション(1430)IPO 株主状況
↑クリックで拡大します


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である中村利秋、及び売出人である飯田一樹、株式会社中村、並びに当社株主である斉藤みさを、中村莉紗、中村建二、佐藤和広、堀口忠美、諸橋隆章、片山剛志、小平定、平野洋子、遠藤美紀、鈴谷健三、安部敏弥、海老根宏、青木公司、亀山周二、林淳二、及び村上功は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成27年6月21日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等を行わない旨合意しております。



ロックアップ期間は90日でロックアップ解除倍率は1.5倍となります。
想定価格で計算すると2295円になります。
ベンチャーキャピタル保有分は無いようなので需給は良いでしょか。
配当を行った事はありません。
短期間の上場となりますので、設立は上場を視野に入れていたんでしょうね。
何だかんだで結局私は参加予定です。