イード(6038)IPOが新規上場承認されました。
吸収金額がこれまた少な目なので人気が出る事を願います♪
何でもいいからIPO下さい 
今年はスタートダッシュをする事ができずに悔やまれるIPOキムです。


イード(6038)IPO初値予想


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/24
BB期間:03/06~03/12


【事業内容】
当社グループは、当社及び連結子会社3社(株式会社エンファクトリー、Interface in Design,Inc.(米国)、株式会社泰文堂)で構成されております。当社グループはコンテンツマーケティング企業としての地位を確立するために、顧客に対してマーケティングサービスとデータ・コンテンツを提供する『コンテンツマーケティングプラットフォーム事業(以下CMP事業)』及び顧客に対してリサーチソリューションとECソリューションを提供する『コンテンツマーケティングソリューション事業(以下CMS事業)』を行っております。

まとめると⇒ Webメディア運営、コンテンツ提供、ソリューション提供



【資金使途】
手取概算額443,800千円については、新規サービスの広告費及び販売促進費、人材の採用費、人件費等の運転資金に充当する予定であります。
①新規サービスの広告費及び販売促進費
②人材採用費用(人材紹介会社を通じたエンジニア採用)
③人員増による人件費(「iid-CMP」システム増強のためのエンジニア採用)



100株単位
公募株数 350,000株
売出株数 598,700株
合計株数 948,700株


想定価格 1400円 ⇒ 14万円必要!
仮条件  1300円~1400円に決定しました


【幹事団】
野村證券(主幹事)
SBI証券(副幹事)
マネックス証券
SMBC日興証券
大和証券
みずほ証券
岩井コスモ証券
藍澤證券
エース証券


にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ      



■イードIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し142,300株
想定発行価格1400円を基に吸収金額を算出すると約13.3億円となり、
オーバーアロットメントを含めて算出すると約15.3億円となります。
イードホームページは⇒ すべての人に最高のユーザーエクスペリエンスを!


イードIPOの評判・分析
↑クリックで拡大  「トラリピ」FXで楽天スーパーポイント最大95,000P分タイアップ!


売上・利益共に順調です。
グループ2社を含めた連結3社で構成されており、CMP事業とCMS事業を柱として
事業を行っています。
M&Aを行い3つのWebメディア、コンテンツと8誌のパズル雑誌があり事業拡大も積極的に
行っている企業となります。
目論見書では勢いをやや感じる企業だと思います。
ネット媒体のためIPO的には好ましい銘柄と言えると思います。


会社設立は2000年4月となり、東京都新宿区西新宿に本社を構えます。
社長は宮川洋氏となり49歳となります。
従業員数は125名となり平均年齢は35.9歳、平均勤続年数は5.8年、
平均年間給与は500万円となります。


イード(6038)IPO株主状況とロックアップ状況
↑クリックで拡大します


【ロックアップについて】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人であり貸株人であるGlobis Fund Ⅲ,L.P.及びGlobis Fund Ⅲ(B),L.P.、売出人であるインスパイア・テクノロジー・イノベーション・ファンド投資事業有限責任組合、テクノロジーベンチャーズ2号投資事業有限責任組合、当社株主である株式会社三越伊勢丹ホールディングス、エキサイト株式会社、株式会社マイナビ、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、ドコモ・イノベーションファンド投資事業組合、電通デジタル投資事業有限責任組合及びみずほキャピタル株式会社は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日含む)後90日目の平成27年6月21日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及びその売却価格が「第1募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所取引における売却等は除く。) 等を行わない旨を合意しております。
 また、売出人である宮川洋、工木大造及び須田亨は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日含む)後90日目の平成27年6月21日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し等を除く。)等を行わない旨を合意しております。さらに、宮川洋、工木大造及び須田亨については主幹事会社に対して、元引受契約締結日から平成28年3月23日(当日含む)までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、保有する新株予約権の行使を行わない旨合意しております。



IPO記事が沢山のブログ村⇒ 


ロックアップは90日間となっておりロックアップ解除は1.5倍となっています。
ベンチャーキャピタルロックもかかっています。
ただ社長の宮川洋氏保有が4.28%とかなり少ない保有となっており株主構成もいまいちか?
その代り、三越やエキサイト、マイナビなどのネームバリュー企業が株主に入っています。
配当はありません。


イードIPO幹事です!! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 2014年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【東海東京証券】
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】 




イード(6038)初値予想とIPO分析 【初値買い意欲があるIPOです】 しかも株数もある記事へ