シリコンスタジオ(3907)初値予想とIPO分析記事になります。みずほ証券が久々の主幹事をしますので、支店に確認してみたところ支店配分も多いけど申込も多く厳しい展開が予想されるそうです。人気銘柄はネット口座の方が当選しやすいのかもね~(私は全く当選しませんが)


シリコンスタジオ初値予想IPO


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:02/23
BB期間:02/04~02/10


100株単位
公募株数 270,000株
売出株数 280,000株
合計株数 550,000株(5500枚)
※オーバーアロットメントによる売出し82,500株


想定価格 4900円必要⇒ 49万円必要!
仮条件  4200円~4900円に決定


【幹事団】
みずほ証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
SBI証券
いちよし証券
エイチ・エス証
SMBCフレンド
エース証券
香川証券
※マネックス証券でもなぜかIPOの取扱が行われています!(裏幹事ですね)


       




仮条件上限は想定発行価格の4900円となりました。
これに伴う吸収金額は約27億円で、オーバーアロットメントを含めると約31億円です。
マザーズ上場にしてはやや金額が大きいですが、業種的にIPO人気があるので問題は
ないと思います。シリコンスタジオIPOの後に、新規承認空白期間があるため人気化すれば
大きな利益をもたらす可能性があります。


シリコンスタジオIPO 売上予想
↑クリックで拡大します


シリコンスタジオ(3907)IPO 取引先DNAや任天堂 
↑クリックで拡大します  IPO口座で書籍GET⇒ 岡三オンライン証券


シリコンスタジオIPOは開発推進・支援事業、コンテンツ事業、人材事業の3つのセグメントに
より構成されています。主力は家庭用ゲーム機・スマートフォン・組込機器向けのミドルウェアの
開発販売コンソールゲーム及びオンラインゲーム等の受託開発、サーバーネットワークの
構築や運用・監視等のソリューションサービス。さらに同製品でのゲームコンテンツなどを
開発しています。ミドルウェアの販売は殆どが国内だそうです。


コンテンツ事業では、自社オリジナルタイトルのソーシャルゲーム、スマートフォンネイティブ
アプリの開発や提供をしていて、スマートフォン向けゲーム及びフィーチャーフォン向けゲーム
を、国内と海外のユーザーに提供しています。
(三国志カードバトル、逆襲のファンタジカ、戦国武将姫-MURAMASA-、刻のイシュタリア)


人材事業では、CGやゲーム制作、映像制作やWEB制作のデザイナーやクリエイター等の
技術者を有料で紹介する人材紹介サービス。
登録派遣社員を派遣する人材派遣サービスの提供を手掛けています。
技術者とクライアント企業をマッチングするための登録サイト等も運営していて、3500名の登録
者がいるそうです(クリエイターエージェント)
DNAや任天堂、ngmoco社等が主要取引先となっており、知名度的に安心できます。

シリコンスタジオ初値予想7200円



【幹事配分】
みずほ証券(主幹事) 423,500株
三菱UFJM・S証券  44,000株
SMBC日興証券22,000株
SBI証券    22,000株
いちよし証券  11,000株
エイチ・エス証 11,000株
SMBCフレンド 5,500株
エース証券 5,500株
香川証券  5,500株


【業績等の概要】
当連結会計年度の売上高は、7,264,342千円(前期比25.9%増)となりました。一方、利益面では連結子会社であるイグニス・イメージワークス株式会社において、開発に伴う受注損失引当金を計上し、売上原価が5,553,938千円(前期比37.8%増)となったことにより、売上総利益は1,710,403千円(前期比1.7%減)となりました。また、広告宣伝費の圧縮等のコスト削減を進めた結果、販売費及び一般管理費は、1,154,367千円(前期比2.1%減)となったものの、売上総利益が前期比で減少したことにより、営業利益は556,036千円(前期比0.8%減)と前期比で減益となりましたが、為替差益の発生等によって営業外収益が23,625千円(前期比76.3%増)となったことにより、経常利益は565,253千円(前期比1.2%増)と前期比で増益となりました。当期純利益につきましては、法人税、住民税及び事業税(法人税等調整額を含む)が163,149千円(前期比21.1%減)となったことにより、395,615千円(前期比20.3%増)と前期比で増益となりました。



【類似企業】
CRI・ミドルウェア(3698)PER68.08倍
インフォテリア(3853)54.44倍
ACCESS(4813)PER-倍


ロックアップは90日間となり、ロックアップ解除は1.5倍の7350円が予想されます。
ベンチャーキャピタルにはロックアップがかかっていますが保有割合は少ないです。
ストックオプションについては行使価格が334円~934円となりかなり安いですが、一番近い
行使可能でも平成27年9月18日~となっています。もうしばらくは問題ないでしょう。
株売数としては普通株式229,500株で役員と従業員となります。働いていたら売れないでしょう?


シリコンスタジオPERを算出してみると約20.36倍となり、配当は10円予想です。
類似企業のCRI・ミドルウェアが昨年度1発100万円抜きをしたので、今回も人気になると
考えています。ソーシャルゲーム関連という事もありますが、増益予想となっており安心感が
少しあるでしょうか。マニアック企業的な印象がありますね。
ただソシャル系(ゲーム)でありながら成長率は高くありません。
そう言えばマネックス証券でブックビルディングが出来る様になっているので資金がある方は
参加ですね♪