コラボス(3908)IPOが新規上場承認されました。利益こそ倍々イメージはありませんが、公開株数が非常に少なく初値的に期待が出来そうです。ただ当選しにくいのも事実です。クラウド系のIPOになるため初値期待はかなり大きいと思います。SMBC日興証券主幹事ですが当選は厳しそうですね。


コラボス(3908)IPO初値予想


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:03/17
BB期間:03/02~03/06


【事業内容】
当社はクラウドサービスとして、お客様相談室や製品問い合わせセンター等のコールセンターを所有するクライアントを対象とし、インターネット網を介して、IP(※1)電話交換機システムや顧客情報管理システムを月額料金制で提供しております。クラウドサービスは、企業が個別にシステム構築をするのではなく、同じシステムをインターネット経由で共同利用することにより、大規模な設備投資が不要になるとともに、導入コストの低減及び導入期間の短縮が可能となります。

まとめると⇒ クラウドサービスとして、コールセンター運営に必要な諸機能を提供する事業




【資金使途】
手取概算額269,255千円については、全額を設備投資資金に充当する予定であります。設備投資の内訳としましては、海外展開を行うために必要なサーバー等の拠点設備資金として50,000千円(平成28年3月期:30,000千円、平成29年3月期:20,000千円)、クラウドサービス市場の拡大を見据えた新たなサービスの構築を目的とするソフトウェア投資資金として100,000千円(平成28年3月期:50,000千円、平成29年3月期:50,000千円)、また当社サービスの更なる安定運営のため、情報漏洩及び不正アクセスを防止するためのセキュリティー強化や、システムの安定化のための一部冗長化等への設備資金として100,000千円(平成28年3月期:50,000千円、平成29年3月期:50,000千円)、社内基幹システムの導入資金として19,255千円(平成29年3月期:19,255千円)を充当する予定であります。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定であります。また、設備投資資金の内訳表は、下表のとおりであります。




100株単位
公募株数 83,400株
売出株数 79,600株
合計株数 163,000株(1630枚しかありません)


想定価格 3620円 ⇒ 36.2万円必要!
仮条件  3260円~3620円に決定しました


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
東洋証券
東海東京証券
SBI証券
極東証券
岡三証券  岡三オンライン証券


■コラボスIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し24,400株
想定発行価格3620円を基に吸収金額を算出すると約5.9億円となり、
オーバーアロットメントを含めて算出すると約6.8億円となります。
IPO的にはマザーズ上場の小粒案件でよいのですが、この枚数だと神に祈るしかありません。
コラボスHP⇒ クラウド型コールセンターシステムのパイオニア


コラボス(3908)IPO初値分析
↑クリックで拡大 「トラリピ」FXで楽天スーパーポイント最大95,000ポイント分獲得!


売上順調で利益横ばいイメージでしょうか。
@nyplace(エニプレイス)が売上の大半を支えており、IP電話交換システムをクラウドで
提供しているサービスとなります。
目論見書にもありますが、クライアントのニーズに基づいて既存サービスの機能強化を継続し、
@nyplaceの拡販と利益率向上、COLLABOS CRMの営業利益黒字化、COLLABOS PHONEの
営業利益黒字化に取り組んだとあります。


会社設立は2001年となっており、会社住所は東京都千代田区となります。
社長は茂木貴雄氏で42歳となり、株式保有率は45.8%となっています。
従業員の状況では、従業員数は56名で平均年齢29.3歳、平均勤続年数4.45年となり
平均年間給与は約388万円となっています。


コラボス(3908)ベンチャーキャピタル ロックアップの状況 
↑クリックで拡大


【ロックアップの状況】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である茂木貴雄、当社株主であるコムテック株式会社、茂木一男、株式会社アドバンスト・メディア、株式会社アイカム、原トミヱ、青本真人、富沢健、齋藤一紀、茂木文子、小沢克年、小川勇樹、株式会社ジェイドコーポレーション及びコラボス役員持株会並びに当社新株予約権者である鈴木裕幸は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成27年9月12日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。
売出人であるNIFSMBC-V2006S3投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の平成27年6月14日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出しにおける売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束しております。




ロックアップは90日と180日となっおり、ロックアップ解除は1.5倍となります。
SMBC日興主幹事なので主幹事からの申込は抑えておきたいところです。
公開株数が少なすぎて当選は困難ですが、誰かに当たります 
IPO的には魅力があるので口座があればすべて申込むスタンスです。
今まで配当を行った事は一度もありませんし、優待もありません。
意外に設定株価が高いので当選したらそこそこ利益につながるでしょう~ 欲しいですね♪