メタウォーター(9551)IPOが新規上場承認されました。
パット見ですが、公開株が多すぎで想定価格も2550円となっておりこれはダメなのでは?
内容を少し見てみましょ~


メタウォーター(9551)初値予想


業種:電気・ガス
市場:東証1部or東証2部
公開予定:12/19
BB期間:12/03~12/09


【事業内容】
当社グループは、当社、子会社15社及び関連会社9社で構成されており、浄水場・下水処理場、ごみ処理施設・リサイクル施設等の機械・電気設備の設計・建設にかかわる事業と、これら機械・電気設備の補修工事・維持管理(保守・点検)、及び運転管理等の各種サービスの提供を主な事業としております。
機械技術と電気技術をあわせ持つ幅広いソリューションを提供する企業として、日本全国に約40ヶ所の事業所・営業所・サービスステーションを配置し、主な顧客を自治体として、2,000以上の施設に設備を納入しているほか、70以上の施設で維持管理・運転管理を行っています。

まとめると⇒ 浄水場・下水処理場の各種プラントの設計、施工監理、維持管理(運転管理、水質管理、保守・点検)等



【資金使途】
手取概算額23,930百万円については、4,850百万円(平成27年3月期850百万円、平成28年3月期2,000百万円、平成29年3月期2,000百万円)は、上下水道に係る情報やデータを活用したソリューションを提供し、維持管理の省力化、運転者支援、設備延命化などを実現するため等の研究開発に充当する予定です。
残額は、当社グループが志向する上下水処理場全体のマネジメントの強化、事業領域拡大や海外地域拠点の強化を目的とした戦略投資に充当する予定です。当社グループは、かかる戦略投資として、水道事業の民間委託拡大を見据えた人材獲得や強みとする電気設備や機械設備の更なる機能強化、保有していない上下水処理場における機械設備やサービス機能獲得に向けて国内外企業・PFI(注2)運営企業等への投融資やアライアンス等を検討しておりますが、現時点においてその具体的な内容、金額及び充当時期について決定したものはありません。 このため、上記戦略投資への実際の充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針です。




100株単位
公募株数 5,000,000株
売出株数 5,000,000株
合計株数 10,000,000株(100,000枚)  ←かなりの株数です


想定価格 2550円 ⇒ 25.5万円必要!
仮条件  2400円~2550円に決まりました


【幹事団】
野村證券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券


■ メタウォーターIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出1,500,000株
想定発行価格2550円を基に吸収金額を算出すると約255億円となり、
オーバーアロットメントを含めて算出すると約293億円となります。
無くてはならない企業だと思われますが、平成26年9月の中間では赤字となっています。
ただ上場に伴い買わなければいけない企業もあると思うんですよね~
メタウォーターHP⇒ 水と未来を作るがコンセプト!


メタウォーターIPO 売上と利益
↑クリックで拡大します(連結)   


メタウォーター IPO情報 ヒロセ通商タイアップ
↑クリックで拡大します(単体)


売上横ばいで利益も基本は横ばいです。
事業的にそんなものだと思いますが、当期は減益のようですね。
海外事業も展開しており、欧米での事業拡大を目指して米国に子会社を設立したのに続き、
欧州ではオランダ企業へ資本参加するなど、今後の成長に向けた取り組みを進めている
ようです(子会社15社および関連会社9社で構成)


【目論見書】
2014年(平成26年)3月期の単体業績は、売上高約951億円、経常利益約79億円(売上高経常利益率8.3%)、当期純利益約43億円(売上高当期純利益率4.5%)となりました。
連結決算は2013年(平成25年)3月期より実施しており、2014年(平成26年)3月期の連結業績は売上高約1,054億円、経常利益約80億円(売上高経常利益率7.6%)、当期純利益約41億円(売上高当期純利益率4.0%)となりました。2015年(平成27年)3月期第2四半期累計期間の連結業績は、前述した業績の季節的変動により、売上高が年間の水準に対して低く、そのため経常損失、四半期純損失を計上しています。



会社設立は2008年となり、東京都千代田区神田須田町に事務所を構えます。
社長は木田友康氏となり64歳となります。
元々は、富士電機関係で入社をし社長にまでなられたようです。
NGK水環境システムズと富士電機水環境システムズが対等合併をしメタウォーターが出来
ましたが、NGK水環境システムズとは日本碍子の事です。


メタウォーター 初値


【ロックアップ】
本募集に関連して、貸株人である日本碍子株式会社及び富士電機株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成27年3月18日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所取引における売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。



ロックアップは90日間となっており、ロック解除倍率は1.5倍となります。
ロックはかかっていても公開株がこの規模だとどうでしょうか。。。
株主になる方は初値でそんなに売っては来ないと思う銘柄ですが、IPO的にには不向きです。
上場する時期は基本的に利益が伸びているのですが、メタウォーターはいまいちです。
こちらも大手予想を見ながらIPO参加のスタンスを決めたいと思います。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事