サイジニア(6031)IPOが東証マザーズに新規上場承認されました。ここ最近のIPO幹事を総なめのSMBC日興証券口座は必須ですね。後は資金があればかなり申し込みが出来ます♪何か当てたいですね。公開株数は40万株弱あるため当選できないこともなさそうです。想定発行価格は2280円となっています。


サイジニア(6031)初値予想


業種:サービス業
市場:東証マザーズ
公開予定:12/19
BB期間:12/04~12/10


【事業内容】
当社は、「パーソナライズ」(注1)という切り口で、顧客企業のインターネット上のマーケティング活動を支援する事業(以下「インターネットマーケティング支援事業」という。)を行っております。PCだけでなく、タブレットやスマートフォンの普及により、人々は、自分自身で消化できないほどの膨大な情報に囲まれ、接し、取得し、活用をしております。企業はこのような情報過多な環境において、自社のサービスや商品を認知してもらうためのマーケティング活動に膨大な労力とコストを投じております。また、同時に顧客データなどの重要性に気付き、データを収集しはじめたものの活用できていない企業が多い状況にあります。 ~省略~ そこで、当社は、企業のマーケティング活動を「検索」という切り口からではなく、「パーソナライズ」という切り口で、「あなたに」という点にフォーカスしたインターネットマーケティングを支援する事業を行っております。

まとめると⇒ EC事業者及び小売業向けのパーソナライズ・エンジン「デクワス」を利用したインターネットマーケティング支援サービスを提供



【資金使途】
手取概算額532,629千円及び「1 新規発行株式」の(注)3に記載の第三者割当増資の手取概算額上限123,569千円については、広告配信量及び取り扱うデータ量の増加に対応するためのサーバー等の設備投資に平成27年6月期に18,000千円、平成28年6月期に40,000千円、平成29年6月期に40,000千円、平成30年6月期に80,000千円、当社に蓄積させるデータを保管するデータセンターの利用料の増加に平成27年6月期に16,000千円、平成28年6月期に47,000千円、平成29年6月期に78,000千円、平成30年6月期に100,000千円、通信回線料の増加に平成27年6月期に11,000千円、平成28年6月期に22,000千円、平成29年6月期に32,000千円、平成30年6月期に51,000千円を充当する予定であります。また、人員拡充に伴うオフィス移転及びオフィス構築費用として、平成27年6月期に30,000千円、インターネット広告市場の成長を背景として、インターネット広告等の受注件数拡大による売上の増加に伴い広告枠費用等も増加することから売上回収までの運転資金として、平成28年6月期迄に91,198千円を充当する予定であります。データセンターの利用料は、当社に蓄積されるデータが増加すればするほど、サーバーの増設が必要となり、結果としてデータセンターにおいてサーバーを保管する面積が必要となるため、利用料が増加するものであります




100株単位
公募株数 258,500株
売出株数 136,000株
合計株数 394,500株(3945枚)


想定価格 2280円 ⇒ 22.8万円必要!
仮条件  2280円~2560円に決定


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券(副幹事)
マネックス証券  ←タイアップしてます♪
いちよし証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
エース証券
SMBCフレンド


■ サイジニアIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出59,100株
想定発行価格2280円を基に吸収金額を算出すると約9億円となり、
オーバーアロットメントを含めて算出すると約10.3億円です。
ある程度人気を集めそうな案件のため申し込みますが、何しろ財務が赤字で今期は
プラスになりますでしょうか。
サイジニアHP⇒ サイエンスとエンジニアリングで21世紀の課題を解決する


サイジニア(6031)IPO 売上と利益
↑クリックで拡大します


サイジニア(6031)IPO 利益と売上



売上不安定で利益もあまりありません。これからの企業でしょうか。
ただ個人的に「検索」という切り口からではなく、「パーソナライズ」という切り口からの
インターマケティングをする事は良いのかもしれないと思います。
で、申し込むかと言われれば多分全力です(笑)
事業は「パーソナライズ・レコメンドサービス」と「パーソナライズ・アドサービス」に分かれ
ているようです。その事業もまた細分化されます。
メイン顧客企業はやはりEC企業となっています (EC=ウェブサイトで販売するサイト)


会社設立は2005年で、東京都品川区大井に本社を構えます。
社長は吉井伸一郎氏となり、43歳になります。
経歴を見ると北海道大学の助教授から同社代表取締役に就任していて異色感があります。
ITベンチャーである程度有名な方のようです。
従業員の状況は、社員数25人、平均年齢34.2歳、平均勤続年数2.5年
平均年間給与約562万円となっています。


サイジニア(6031)IPO 株主とロックアップ
↑クリックで拡大します


【ロックアップ状況】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である吉井伸一郎、当社株主かつ当社役員である北城恪太郎、吉村真弥、福井敦、木戸貴司、三木雄信及び横溝大介、当社株主かつ当社従業員である寒河江道博並びに当社株主であるソフトバンク株式会社及び京セラコミュニケーションシステム株式会社は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成27年6月16日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。(ただし、ソフトバンク株式会社は、自社に課せられる制限と同様の義務を誓約させることを条件として、子会社を相手方とする普通株式の譲渡又は売却を行うことを除く。)
当社株主であるDCM V,L.P.、DCM AFFILIATES FUND V,L.P.及びNTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の平成27年3月18日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出における売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束しております。




ロックアップは90日間と180日間となっており、解除は1.5倍です。
ソフトバンクつながりは経歴から推測できますがDCM V, L.P.とのつながりは?
VCもいますね。
年末迫って上場する銘柄は高騰する場合がありますのでチェックです♪
企業収益が少ないですが、話題性はありそうな銘柄ですね。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事