SHIFT(3697)IPOが新規上場承認されました。
シフトIPOはマザーズ案件で吸収金額がかなり少ないIPOです。
単価も安く人気化しそうです!


SHIFT(3697)IPO


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:11/13
BB期間:10/27~10/31


【事業内容】
当社グループ(当社及び当社の関係会社、以下「当社グループ」)は、当社及び連結子会社3社の計4社で構成されております。当社グループは「新しい価値の概念を追求し、誠実に世の中に価値を提供する」ことを企業理念に掲げ、「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」を合言葉としてソフトウェアテスト事業を中心に提供しております。当社が展開するソフトウェアテストサービスは、「コンサルティングサービス」、「ソリューションサービス」、「ヒンシツプラットフォームサービス」の3サービスを中心として提供

まとめると⇒ ソフトウェアテスト事業



【資金使途】
手取概算額105,320千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限86,829千円と合わせて、ソフトウェアテスト事業の拡大に向けた種々の投資に充当したいと考えております。①ソフトウェアテストエンジニア人材の採用に係る人材紹介料、採用広告料等の採用費として148,000千円(平成27年8月期:68,000千円、平成28年8月期:80,000千円)②ソフトウェアテスト用端末等の取得費用等として30,000千円(平成27年8月期:30,000千円)




100株単位
公募株数 100,000株
売出株数 420,000株
合計株数 520,000株(5200枚)


想定価格 1210円⇒ 12.1万円必要!
仮条件  10/23発表 ⇒ 1210円~1300円


【幹事団】
野村證券(主幹事)
SBI証券(副幹事)
大和証券
マネックス証券
SMBCフレンド証券


■ SHIFT(3697)IPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出78,000株
想定発行価格1210円に伴う吸収金額は約6.3億円となります。
オーバーアロットメントを含めて算出すると約7.2億円となり小粒案件となっています。
SHIFT(シフト)ホームページ⇒ 第三者検証、品質保証のプロ集団


シフトIPOの初値予想  
↑クリックで拡大します


平成25年度8月決算が大きく赤字でよろしくないですね。
しかし平成26年8月決算は大幅な利益となっており勢いは感じられます。
(売上2,150,837,000円 経常利益124,275,000円 当期利益149,619,000円)


内容は、受託ソフトウェア開発市場が堅調に推移し、スマートフォンやタブレットの普及を
背景にソーシャルゲームやネイティブアプリを中心としたモバイルゲーム市場が活況に
推移した結果だそうです。


会社設立は2005年と比較的若く東京都港区麻布台に本拠地を構えます。
連結子会社は3社の計4社構成となっています(シンガポールとインド)
社長は丹下大氏で40歳となっています。
社員数は130人を抱え平均年齢は32歳、平均勤務年数2年、平均年間給与約505万円
(連結では148人臨時従業員189人)中々人数も多いです。


シフトIPOの株主状況  
↑クリックで拡大します  


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人であるNTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合、並びに、当社株主であるDraper Nexus Technology Partners, LP、Draper Nexus Partners, LLC、和出憲一郎、菅下清廣、スガシタパートナーズ株式会社は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日含む)後90日目の平成27年2月10日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所取引における売却等は除く。)等を行わない旨を合意しております。



ロックアップは90日間となり1.5倍以上で解除される事となっています。
VCにはロックがかかっていますので需給はよさそうですが、こんなにもマザーズ上場が
今まで続いた事がありませんよね。ヘラクレス(スタンダード、グロース)とジャスダックネオ
などがすべてジャスダックに統合されて以降、マザーズ上場を目指す企業が多いのでしょうか。


また12月IPOが20社以上になると伝わっておりこれから儲かる時期なので
集中して申し込みを頑張りましょう!
クリスマスを豪華に過ごしたり、お正月に無駄遣いができるよう頑張りましょう。
ある意味全員が敵でもありますが、楽しみながら参加できる余裕を持ちたいですね。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!