シュッピン(3179)のIPO記事考察になります。


業種:小売業
市場:マザーズ
公開予定:12/20
BB期間:12/03-12/07


【事業内容】
初心者から愛好家までの幅広い層を対象に、「インターネットを利用して価値ある中古品(注)1の安心・安全なお取引を行うこと」を目標に事業を展開

【資金使途】
インターネットと店舗において、中古品の買取と販売及び新品の販売を行っており、今後、インターネットでの販売を拡充するために使用(エレクトリックコマース)
また、顧客の消費行動等をより効率的、効果的に把握・管理するため、また、仕入及び販売システム(POS)と会計システムとを連携管理するための新POSシステム・基幹システムの導入。
残額分については、平成26年3月期の商品買入資金に充当する予定。


100株単位
公募株数 750,000
売出株数 200,000
合計枚数 950,000(9500枚)


想定価格 330円 ⇒ 3.3万円必要!
仮条件  310円~330円


野村證券(主幹事)
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
極東証券
岩井コスモ証券


--------------------------------------------------------


シュッピンの売上構成はカメラ事業73.3%、時計事業23%、自転車事業1.9と
なっています。残りは筆記具、その他。
中古を個人から仕入れて、販売しているスタイルです。
新品商品はメーカーから直接仕入れているとの事です。
気になるのがコピー商品ですが、専門スタッフにより対応していて、万が一
仕入れた場合は全て廃棄処分しているようです。


シュッピンIPO初値予想
↑クリックで拡大


【業績等の概要】
営業利益211,794千円(同122.1%増)
経常利益は193,763千円(同126.6%増)
新ECサイト開設にともなう既存システムの固定資産除却損を含む特別損失49,706千円を計上することで、当期純利益は75,228千円(同101.4%増)


吸収金額はオーバーアロットメントを含めても約3.6億円と少なく人気マザーズ
上場なので需給面では問題はないでしょう。
同日3社上場となっていますが、ここは公募割れはないと予想しています。


シュッピンIPO
※トレーダーズ参照


【類似企業】
ハードオフ(2674)
トレジャーファクトリー(3093)
ブックオフ(3313)


EPS36.9でPERを算出すると約8.9倍となります。
株式状況的にはロックアップが90日間で、1.5倍で解除となっています。
無難に初値をつけた後に動きそうですね~


トレンダーズ幹事のマネックス証券! ネット証券で完全抽選を実施している
⇒ マネックス証券公式へ


※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!