グランディーズ(3261)主幹事のエイチ・エス証券は10社幹事をしていた。


2012年は2011年に比べると上場数も増えています。
その中でも一際目立った印象があるのがエイチ・エス証券では無いでしょうか。
2006年までのIPO実績ではかなりの幹事をこなしていましたが、その後は
年間に2社程度しか幹事を受け持っていませんでした。
ところが本年度から幹事を獲得する動きが活発になり、10社も幹事をGETしています。


エイチ・エス証券取扱銘柄
↑クリックで拡大します


見ていただくと解りますが、公募割れした銘柄が一つもありません。
12月IPOにおいても公募割れは無いと思いますので、今後も見逃せない証券会社
となりそうです。エニッシュ(enish)においてはSBI証券よりも幹事配分が
多くみずほ証券と並んで32700枚をGETしています。
グランディーズでは主幹事を務める快挙となっています。


エイチ・エス証券のネット口座は取引実績や申込回数、さらには落選の
回数などで当選確立は変わりません。
口座毎に平等な抽選が行われています。
申し込んだ方全員にIPOの当選チャンスがあるということです。
IPOをするなら口座があるとチャンス逃がしませんね ^^


エストラスト幹事で最近活躍している証券会社! 口座数は少なく穴場





上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!