アクトコール(6064)の初値は予想外の結果です。公開価格1700円に対して初値は2500円と大きく利益が出ている状態です。たまに不人気と思われていた株でも利幅が大きくなることもあります。この辺りがもっとわかるようになればIPO利益も大きくなりそうです。


アクトコール IPO


初値 2500円
高値 2584円
安値 2320円
引け 2499円
公募 1700円

初値利益⇒ 80,000円 


【アクトコールの初値2500円、公開価格は1700円 】

買い気配で始まり、10時29分に公募・売り出し(公開)価格の1700円を800円(47%)上回る2500円で初値を付けた。同時点では20万4000株の売買が成立した。不動産会社などと契約し、賃貸物件で発生した水回りやガス、電気、カギの紛失などのトラブルに対応するコールセンターを運営する。公募9万株と売り出し16万700株のほか、オーバーアロットメントによる追加売り出し3万2000株を実施した。



売り板が少なかったので逆にびっくりしました(寄り付き)
その後も下落するだけではなく、引けも2499円で引けていて最近のIPOは戻しますね。
ワイヤレスゲートも人気化しそうなのでよろしくお願い致します。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!