CMC Markets JapanといえばCFD取引で有名です。最近では色々なメディアに掲載されているので一度は見たことがあるはずですね。CMC Markets Japanの特徴としては25カ国以上、3000銘柄以上ののCFD取引が可能ですから他企業のように「ある指数だけの取引」など制限もなく幅広い投資が可能です。幅広いと迷うこともありますが、あらゆる銘柄の取引が出来るとそれなりに儲かるチャンスも多くなります。また、世界で初めてリアルタイムのオンラインFX取引ソフトウェアの提供を始めた企業なのでノウハウも違うわけですね。


▼ CMC Markets Japanでは月間CFD取引銘柄ランキングが発表(過去)

1. JAPAN225 (日経平均株価指数)
2 .US30 (ダウ工業株30種平均)
3. USCRUDEOIL May 11 (米国原油)
4. JGB Jun 11 (日本国債)
5. USCRUDEOIL Jun 11 (米国原油)
6. TBOND Jun 11 (アメリカ国債)
7. HONGKONG 33 (香港ハンセン株価指数)
8. SILVER FUTURE May 11 (銀先物)
9. GOLD FUTURE Jun 11 (金先物)
10. USNATGAS May 11 (米国天然ガス)



上記のようなランキングが発表されています。
初心者に人気なのは JAPAN225 や US30 ですね、これはやはりなじみがあるし
日本株式のリスクヘッジにもなります。
また流動性も非常に高いのでレバレッジをかけてもリスクが少ないと言われます。
流動性が少ないと売買の値幅が開きますからね~

US30(ダウ工業株30種平均)などは仕事が終わった後に帰宅してNY市場を取引
出来るのでサラリーマンにもかなりの人気です。
何よりアメリカの経済指標発表なども時間的にリアルタイムで動くので面白いです。
上記ランキングでは6位のアメリカ国債と8位の銀先物が大きく変動しています。 

FXはやった事があるけれどCFDはまだ未経験の方も多いと思いますが、
CFDは「FXの株バージョン」なのでFXをされている方は躊躇することなく
取引が出来ると思います。 もちろんFX取引も出来ます。


CMC


CMC Markets JapanにはMarkets-pro™という無料ツールがあります。
このツールは自由にカスタマイズが出来るので人気ですね。
(ワンクリック注文、ポジション画面、個別価格など)
それにダウンロードタイプやブラウザータイプ、モバイルなど最先端でシステム
導入がされています。

CFDは売りからも入ることが出来るので上下どちらでも利益が狙えます。
株だと信用取引口座を開かないとできませんしレバレッジが低いですからCFD
取引の方がチャンスも多くなるでしょう。
また個別銘柄にしてもCMC Markets Japanを使うと取引が出来るので関税など
の税金を考慮する必要がなくて助かります。
通常では取引が出来ない銘柄もたくさんあるので人気がありますね。

直近では東日本大震災がありましたが、このときにJAPAN225(日経平均株価指数)などをショートしている方もいて流石です。
最近ではコモディーもチャンスだと言われています!

口座開設は無料なので興味がある方は口座開設をお勧め致します♪

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!