TOMOTAQU(トモタク)とう不動産投資型クラウドファンディングについて調べました。評判や口コミをまとめ投資を行うことで儲かるのか考察しています。メリットやデメリットについても深掘りし特徴をまとめてみました。


利回りは5%~10%と高く設定され短期運用型のファンド組成が多いようです。そのため個人投資家を中心に人気が見込めそうです。法人の口座開設も可能となっています。


TOMOTAQU(トモタク)の評判と口コミ
※トモタク公式サイト引用


サービスを簡単に説明すると投資家から出資金を集め、そのお金で不動産を購入し運用益を分配するサービスになります。


劣後出資やマスターリース契約を設定することで投資家の損失を抑える仕組みが採用されています。マスターリース契約はファンド毎にチェックが必要になりますが、利回りが高いファンドにも採用されているため安心材料になりそうです。


募集方法は先着方式の他に抽選方式の採用も行われています。


ファンドはインカムゲイン型とキャピタルゲイン型が用意され、投資家を飽きさせない商品設計となっています。


不動産投資型のクラウドファンディングは、不動産を小口化することにより少額から投資できます。同社では10万円からの投資が可能となっています。

【この記事を読んでわかること】
  • 1口10万円から投資ができる内容や投資スキームを説明している
  • 優先劣後システムとマスターリース契約、信託銀行の分別管理が行われる事を説明している
  • 投資を行う際のメリットとデメリットを説明している
  • 投資家の口コミを調べ人気がある企業なの調べている
  • 投資を行っても問題ない企業なのか個人的な結論を書いている



TOMOTAQU(トモタク)に投資すると儲かるの?劣後出資は10%を設定している

TOMOTAQU(トモタク)は10万円からの投資になります。親会社のイーダブルジーは不動産売買や不動産の賃貸管理を行っている不動産のプロです。


その不動産のプロが不動産特定共同事業を行いクラウドファンディングを行っています。既に実績が積み上がっている企業になるため一定の信用や信頼はあると考えられます。


TOMOTAQU(トモタク)に投資すると儲かるのか考察
※トモタク公式サイト引用


出資金は運用ファンド確認で10万円からになっています。公式サイト確認では最低1万円からとあるため、今後1万円から出資が行える可能性があります。


基本的に不動産賃料収入から得られる利益を投資家に分配するためリスクは低くなると考えられます。元本変動がない投資になるため、予定された利回り(分配金)を得られる期待は高いと思います。


定期預金だと利子が殆ど付かないためクラウドファンディングに投資を行う投資家が増えています。また同社の場合は「不動産投資型」のクラウドファンディングになるため事業者が現物不動産を取得します。


そのためデフォルトの危険性が和らぐと考えられます。


不動産投資型のクラウドファンディング事業者の投資スキームは殆ど変わりませんが、同社の場合は信託銀行制度を利用し投資家の資産が守られる特徴があります。

優先劣後システムとマスターリース契約のダブル保証!さらに信託銀行の分別管理が行われる

ファンドによっては優先劣後システムの他に、マスターリース(サブリース)契約のダブル保証が付いています。


ファンド毎に異なるため投資前に確認を行っておくことをお勧めします。劣後出資は10%となっていますがファンドにより劣後割合が高まる可能性もあるかもしれません。


優先劣後システム詳細
※トモタク公式サイト引用


同社公式では全て優先出資90%、劣後出資10%の優先劣後構造となる記載があります。ファンド組成金額が大型になると劣後割合に変化があるかもしれません。


優先劣後システムは投資家の元本及び配当金の安全性を高める仕組みになります。同社の場合は不動産評価額が10%下落しても投資家は損失となりません。


ただ劣後出資割合が大きくなるとファンド組成金額によっては投資家が投資できない状況になると考えられます。例えば3,000万円のファンドで30%の劣後出資だと投資家は2,100万円の枠で投資を行うことになります。


ファンド組成金額が低い場合は劣後出資割合が高ければ良いという問題でもない気がします。そもそも不動産のプロが運用しているサービスなので元本毀損となるようなファンド設定は行わないでしょう。


マスターリース(サブリース)契約の詳細
※トモタク公式サイト引用


また、ファンドによってはマスターリース(サブリース)契約が締結されています。


マスターリース(サブリース)契約があることで、テナントや住宅などの空室保証が行われ無配当のリスクを抑制することができます。


この他、信託銀行制度を利用しており投資家の未出資金を安全に管理できます。


信託銀行で預入金の分別管理を実施するため、トモタクが倒産しても投資家の資産が保全される構造になっています。最近は信託銀行で分別管理する企業が増えているため投資家に嬉しい材料だと思います。

運営企業のイーダブルジーについて調べてみました

TOMOTAQU(トモタク)の運営企業はイーダブルジーになります。


同社は一棟レジデンスや区分マンション、土地、戸建などあらゆる不動産物件の売買・仲介・賃貸管理などに取り組む企業です。


首都圏を中心とし日本全国の不動産物件を買い取ることで不動産再生事業を行っています。


項 目その内容
会社名株式会社イーダブルジー E.W.G Co., Ltd.
会社設立2009年8月
資本金1億円
代表取締役田中克尚
住所〒106-0032
東京都港区六本木7-4-1 スマイリービル6F・7F
事業内容
  • 不動産事業(売買・仲介・賃貸管理)
  • 不動産コンサルティング業
  • 不動産特定共同事業
  • 損害保険代理業
免許
  • 不動産特定共同事業許可番号:東京都知事第133号
  • 不動産特定共同事業の種別:第1号•2号事業(電子取引業務を行う)
  • 宅建業免許番号:東京都知事(3)第93945号
  • 賃貸住宅管理業:国土交通大臣(2)第2381号
加入団体
  • 公益社団法人全日本不動産協会
  • 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会
主要取引業者
  • 三井不動産リアルティ株式会社
  • 東急リバブル株式会社
  • みずほ不動産株式会社
  • 株式会社長谷工リアルエステート
  • 三井住友トラスト不動産株式会社
  • 三菱UFJ不動産株式会社
  • 野村不動産アーバンネット株式会社
  • 住友不動産株式会社
  • その他不動産仲介会社
※2022年4月29日調べ


大手企業との取引も多いようなので安心できそうです。


不動産を小口化しネットを利用して投資ができるスキームを備えています。過去に組成されたファンドには「書面契約型」となっているものがありますが、同社は電子取引業務の認可を受けているためネットで全て投資作業が完結できます。


以前は、不動産小口化商品というジャンルになり電子取引業務の認可を受けることで最新のクラウドファンディング企業になったと考えられます。


調べてみると2021年11月12日(金)付で電子取引業務を含む不動産特定共同事業の許可を取得したとありました。なので心配する必要はないと思います。


他社でも認可が下り不動産小口化商品から、不動産投資型クラウドファンディングと表記が改められている企業があります。投資家にはサービス向上につながるため歓迎できる内容です!



TOMOTAQU(トモタク)の口座開設手順とトモタクポイントについて調べてみました

口座開設手順を調べてみました。もちろん口座開設(会員登録)や口座維持管理にかかる費用は全て無料です。


TOMOTAQU(トモタク)の口座開設手順
※トモタク公式サイト引用


【会員登録の流れ】
  1. 無料会員登録
  2. 投資家登録と本人確認
  3. 登録完了


無料会員登録はメールアドレスを入力するだけです。


メールアドレスに記載されているURLにアクセスし、名前や生年月日、ログイン用パスワードの入力を行い会員登録を済ませます。


その後、マイページトップの「投資家登録はこちら」から投資家登録と本人確認を行う流れになります。運転免許証やマイナンバーカードなどの個人情報はこのステップで必要になります。


投資家登録と本人確認が完了するとファンドへ投資が可能になります。ただし事前入金が必要なので気を付けてください。


投資家毎に用意されている振込口座にお金を振り込んだ後にファンドに出資できるスキームになります。


投資する際に「トモタクポイント」を利用することも可能です。トモタクポイントとはTOMOTAQUのオリジナルポイントになります。投資の際に利用できます。


また、国内に居住していない方は口座開設ができません。個人の方もしくは法人の方が同社を利用することができます。法人登録をご希望の方は「お問い合わせ」フォームから連絡が必要になります。


TOMOTAQU(トモタク)のメリットとデメリットを考察!

TOMOTAQU(トモタク)のメリットとデメリットについて調べてみました。


クラウドファンディングのなかでも不動産投資型になるためリスクは軽減されると考えています。何故なら現物不動産を取得する仕組みだからです。


融資型や貸付型に比べるとリスクが比較的低くなると考えられます。組成されるファンドにより異なるため一概に言えないところはありますが、同じ不動産に投資を行うなら不動産投資型のほうが良いと思います。


最終的には運営企業の信用と信頼になると思います。


【メリット】
  • 1口10万円からの投資ができる
  • 短期運用型のファンドが多く利回りが高い
  • 劣後出資とマスターリース契約のダブル保証ファンドがある
  • 不動産投資の知識や経験が必要ない
  • 法人口座の開設が可能
  • 口座開設(会員登録)などの費用は全て無料


【デメリット】
  • 元本や利回りの保証がない
  • デポジット口座に事前入金が必要
  • 入出金で振込手数料が発生する
  • 利回りは確約された数値ではない
  • 運営企業が上場企業ではない
  • 運営企業の倒産がないとは言いきれない


同社を利用するメリットは劣後出資とマスターリース契約のダブル保証ファンドがあることです。しかも利回り(分配金)が高いためリターンを考えると魅力があります。


1口10万円からの投資はややハードルが高いかもしれませんが、不動産に小口投資ができることを考えると魅力だと思います。なかには1口1万円から投資ができる企業もあります。


また、デポジット口座に事前入金が必要なのはデメリットだと思います。最近は事前入金不要で投資ができる企業も増えています。ただ企業側のことを考えると事前入金があるほうがやりやすいと思います。


振込先はマイページの入出金ページに記載されています。


同社から出金する場合は依頼金額から払戻手数料を差し引いた金額を送金することになっています。一律250円(税込)となっています。振込代金も投資家が支払うことになっています。


投資金の入金(振込)は多くの企業で有料です。出金手数料は企業により金額が異なります。企業規模が大きくなると無料になる場合があります。


同社は上場企業ではありませんが、大手企業との取引があるため安心できると思います。ただし運営企業の倒産がないとは言いきれないため、投資をご検討の方は他の企業にも資金分散を行うと良いかもしれません。


同社は預り金に対して信託銀行で分別管理されているため安心感はありますけどね。


TOMOTAQU(トモタク)を利用している投資家の口コミを調べてみた結果

実際にTOMOTAQU(トモタク)を利用している投資家の口コミを調べてみました。


ファンド申込は先着方式と抽選方式の2種類になります。抽選の場合は当選と落選があるため最終的には「運」が必要だと思います。










徐々に人気が高まっている企業のようです。他の企業を含めファンド供給が追い付かないようです。


投資したい投資家は多いけれどファンド組成が追い付いていないようです。この傾向は今後も続くとされています。


同社は出資者の元本保全性を高めるよう努力しているため期待したいと思います。1つでも元本割れを起こすと投資家が離れていくことが考えらえます。


投資家の口コミは投資を行う際に判断基準になるためチェックしておきましょう!


また、COZUCHIも不動産投資型クラウドファンディングを手掛けている企業です。大規模なファンド組成を得意としキャピタルゲイン型の高利回りファンド組成を行う特徴があります。


面白い企業なので口座開設を行っておくと良いかもしれません。詳しい内容は下記記事にまとめています。



この他、前澤友作氏プロデュース案件や堀江貴文氏が関わった案件など驚きのファンド組成を行った利回りくんも面白い投資ができそうです。


投資を行いながら社会貢献ができることもあります。


楽天ポイントが貰えるため楽天ポイントを貯めている方の利用者が多そうです。こちらも詳しく内容をまとめています。利益や分配金狙いの他に楽しめる投資を検討している方に向いていそうです!




TOMOTAQU(トモタク)の評判と口コミまとめ!利回り10%以上を確認

TOMOTAQU(トモタク)で投資を行っている方は、安定した利益を得られることを目的としていると思います。


イメージ的には「ほったらかし投資」になると考えてよいと思います。ただ元本変動がないだけです。積立NISAやiDeCoなどを利用している層もクラファンに興味を持つ方が増えているそうです。


堅実にコツコツと資産形成したい方向きの投資になります。利回り10%以上になるファンドも登場しています!


TOMOTAQU(トモタク)の評判と口コミまとめ
※トモタク公式サイト引用


組成されたファンドはインカムゲイン型が多く、期間が1年以内となる案件が多いようです。資金を回転させ利益を狙うタイプの方には人気だと思います。


私も短期運用型のファンドがリスクが低くなるため好みです。


同社によれば仕事や家事で忙しく、頻繁に投資情報をチェックできない会社員や主婦の方に人気となっています。TOMOTAQU(トモタク)の投資内容をまとめると以下のようになります。


【まとめ】
  • 口座開設などの費用は無料
  • ファンド申込はネット完結で出資が可能
  • 入出金時の振込手数料は投資家持ち
  • 劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行で分別管理を実装済
  • 元本毀損の可能性がある


ファンドの利回り(分配金)が業界でも高利回りのため、出金時の振込手数料は仕方がないと考えても良いかもしれません。


同社は不動産のバリューアップが見込める収益性の高い不動産に対し積極的にファンド組成を行うと考えています。


分配回数はファンドで異なるため実際に申込を行うファンド毎に確認を行っておきましょう。


元本毀損の可能性があると書いていますが、そもそも元本保証は出資法で禁止されているためそのように書くしかないと思います。どの企業も同じだと思いますが運営企業が倒産した場合は出資金が戻らない可能性があります。


そんなことを言っていたら投資ができませんけどね。なので短期運用型のファンドが好まれるのかもしれません。


また確定申告をされる方は、電子交付書面から年間取引証明書を取得することができます。書面上でやり取りを行わなくても良いため楽だと思います。


投資スペックは良いため気になる方は利用してみるとよさそうです。




朗報!同社は「トモタクポイント」を口座開設時にプレゼントしていることがわかりました。しかも今なら2,000円分のポイントが貰えます。


投資を行う際に利用すれば短期間で利益が上乗せされることになりそうです。有効期限は2年間となっているため頂いた方はかなりお得な投資ができると思います。

クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。