マネックス証券のロボアドにON COMPASS(オンコンパス)というETF(上場投資信託)商品があります。実は1,000円からロボアドバイザーを利用できるため密かに人気です。


そこで運用実績を公開し投資を行ってもよいツールなのか考察してみたいと思います。投資金額が低いため面白みに欠けますけどね。


ON COMPASS(オンコンパス)の運用実績を公開
※ON COMPASS公式サイト引用


ON COMPASSは投資一任型のロボアドなのでほったらかし投資ができます。多くの企業が似たような仕組みとなっているためシステム的にはわかりやすいと思います。


同社のロボアドを利用するにはマネックス証券の口座開設が必要になります。証券口座開設と一緒にON COMPASSの口座開設ができることになっています。


未成年口座もマネックス証券の総合取引口座を持っていれば利用可能です。法人の顧客は利用できません。


また、大々的に宣伝しているような感じではないため知らない方も多いかもしれません。私は1,000円単位で利用できると知ったので利用してみました。


ON COMPASS(オンコンパス)の運用実績を確認してみました。儲かるのか?

正直なところ1,000円単位で投資ができるためお試しで利用してみただだけです。投資金額も証券口座に100万円程度入れっぱなしなので勿体ないと思ったことが要因です。


成績については市場が不安定のため微妙だと思いますが、悪くない状況だと個人的に考えています。


ON COMPASS(オンコンパス)の運用は積極型を選択


私の運用プランは積極型となっています。無料診断を行いそのまま投資を行っています。


診断は口座開設を行わなくても無料で受けることが可能です。投資先を確認すると外国株式が59%と大きいようです。


保有資産のリバランスも自動で行ってくれるため完全ほったらかしで投資を楽しむことができます。たまには確認したほうが良いと思いますが、私は投資金額が低いため放置していました。


4ヶ月くらいは確認していないと思います。


そして運用成績を確認してみるとプラスで推移していました!!


ON COMPASS(オンコンパス)の運用時価残高合計


投資金額59,792円から利益率を計算すると約8%のリターンとなっています。


運用は2021年5月なので投資期間は1年2ヶ月程度になります。もっと早くから投資を行っておけば10%のリターンを超えていた可能性があります。


新型コロナウイルス感染症があったため損していないだけましかもしれません。一応、儲かっているという実績が出ています。


ON COMPASS(オンコンパス)はマネックス証券の口座開設が必要!コスパも良い?

ロボアド(ロボアドバイザー)は複数の企業で利用できます。今では珍しいツールではないと言えそうです。


有名な企業だとウェルスナビや「THEO+docomo」、「FOLIO ROBO PRO」などがあります。同社と比較した場合の違いは最低投資金額の低さや資産構成になります。





どの企業も一長一短あると思うので何処が良いとは一概に言えないと思います。ON COMPASSの場合はマネックスグループ(8698)のマネックス・アセットマネジメントが提供しているという強みもあります。


詳しい投資内容は上記動画で確認することができます!


企業破綻などを考えると保証面でTOPクラスだと思います。もちろん投資家の資産は分別管理されています。


またコスパは投資一任型のロボアドになるため年利1.0075%の手数料が発生します。そう考えると他社と似たような手数料と言えそうです。組み込むETFの平均経費率0.10%程度も含みます。


魅力なのは10,000円以下から資産運用を始めることができること、さらに1万円以下でも毎月積み立て投資ができることです。マネックス証券が間に入ることで実現できたサービスだと考えられます。


kimukimu

1,000円以上だと1,000円単位で利用することができます。ここまで投資金額を下げることができるのは「ON COMPASS」だけです!



私は初期投資1万円に設定し3,000円を積立設定しています。ショボ過ぎますがこのまま継続してみたいと思います。1年で36,000円にしかなりませんけど長期投資を行ってみたいと思います。


毎月3,000円の貯金をしているみたいですよね。ロボアドは他社でも投資を行っています。また米国株式投信の積立も行っています。毎月コツコツ頑張っています。


ON COMPASS(オンコンパス)への積立てが一番低いため利益も見込めませんが、追加投資なども無料でできるため気が向いたら頑張りたいと思います。毎月の教育費に苦しんでいますからね。


投資スキームと特徴をまとめると以下のようになります。


【投資スキーム】
  • 資産運用プランを無料体験で作成
  • マネックス・アセットマネジメントのマイページにログインし投資一任契約の申込み
  • マネックス証券で口座開設
  • マネックス証券の口座に入金
  • ロボアドバイザーで投資が始まる


【特徴】
  • 一人ひとりの資産計画作りを行えるパーソナルなサービス
  • 難しい投資判断や運用管理の手間がない
  • 1,000円単位から投資額を設定できる
  • 計画の変更や一部解約などすべて手数料が無料
  • シンプルで透明性の高い手数料体系(年率1.0075%)
  • マネックス証券を通すため入出金を無料にできる


ON COMPASS(オンコンパス)の平均初回投資額は100万円を超えている!!

私の運用実績はとりあえず利益が出ている状況です。ただ利用者の平均初回投資額を調べたら104万円となっていました。


毎月の積立金額は30,000円です。そして続けた場合のシュミレーションは以下のようになります。


ON COMPASS(オンコンパス)の資産運用シュミレーション
※ON COMPASS公式サイト引用


シュミレーションなので後付けも可能ですよね。しかしコロナショック以降も世界の投資市場は拡大していると考えています。


現在は地政学的リスクなどがあり投資しにくい環境かもしれませんが、長期的に見ればコツコツ投資を行っていくことで負けにくいと過去のシュミレーションから言えそうです。


リーマンショックやコロナショックなど暴落に巻き込また状況で大きなポジションを持つことができるのは一握りの方だと思います。リスクを取れる方はリターンも大きくなる傾向にあります。あとはタイミングです!


ただ私はリスクがとれない性格なのでコツコツ地味に継続したいと思います。大きな利益を得られませんが損失も限定されると考えています。


なのでIPOやクラウドファンディングに投資を行っています。PO(公募増資)や分売、TOBなどにも参加しています。イベント投資が基本なんですよね。


ということで同社では毎年36,000円を積立予定です。また詳しい投資内容は下記記事にまとめています!




ON COMPASS(オンコンパス)に投資を行い最終的にいくら儲かるの?まとめ

ON COMPASSに投資をこのまま続けると、どのくらい儲かるのか確認してみました。すると銀行預金よりもはるかに利益見込みがあると感じました。


投資なのでリスクがあります。リスクを受け入れられない方は銀行預金を選択しましょう。投資は行わないほうがいいです。


ON COMPASS(オンコンパス)に投資を行った場合の利益予想


上記はシュミレーションになるためただの期待値になります。その辺りを理解しておきましょう。


どうやら3年後には元本18.8万円が50%の確率で22.6万円になるようです。実際にこのようになるのかはわかりませんが面白いですよね。


私はウェルスナビで22万円前後の利益が出た時にやめてしまいましたが、その後は他社で運用しています。THEO+docomoについては下記記事でまとめています。


特定口座の損益通算の関係でメリットがあると思ったためです。




またマネックス証券も損益通算できるかもしれません。この辺りは決済していないため把握できていません。


しかし、マネックス証券にログインするとマイページから「保有残高・口座管理」へ遷移すると「ON COMPASS残高」とあるため特定口座であれば損益通算できると考えられます。


マネックス証券でON COMPASS(オンコンパス)の資産残高確認可能
※ON COMPASS公式サイト引用


システムへのログインは、マネックス証券ログイン後にON COMPASSに自動ログインしても良いですし、直接ON COMPASSにログインすることも可能です。


そしていくら儲かるのか?と思い、管理画面を探しましたが終着点となるよな箇所はありませんでした。無料体験時には確認できると思います。


運用開始を行うと数年先しかわからないようです。


また、投資対象となるファンドは以下のようになっています。


【ON COMPASS公式抜粋】
ON COMPASSでは弊社(マネックス・アセットマネジメント)が設定・運用するファンドを投資対象としており、8段階ある運用戦略レベルのうち5から8でご運用いただいている場合、MSV内外ETF資産配分ファンドのEコースからHコースを投資対象としております



ということで、現状のままであれば年利5%~8%くらいを期待できるかもしれません。


結局はマネックス・アセットマネジメントが運営する投資信託の評価額が上がれば儲かるし、下がれば損失となります。


そこで積立を行いリスクを軽減しながら中長期で投資を行って行くことが望ましいと個人的に考えています。私の投資金額であれば大きく損失となっても、それほど痛手を負わないため個人的に放置作戦で挑みます。


今後、地政学的リスクの高まりは投資チャンスとなる可能性があります。「○○ショック」などが起きれば買い増しのチャンスでしょう。


最後になりましたが1つだけデメリットがあります。それは買付け日が決まっていることです!


その他は最強クラスのサービスだと思います。マネックス証券を通して資産運用できるため入出金も無料になっています。ETF投資を小額で試してみたい方に特に魅力があると思います。



ロボアドの短期投資で儲かりたいと考えている方はFOLIO ROBO PROがお勧めです。AIのレベルが他社比較でも高いと思います。調べればすぐわかりますけどね。


FOLIO ROBO PROの場合は10万円からの投資にになるため、初期投資金額のハードルが高くなります。興味があれば下記記事も参考になると思います。セミナーも受講してみました。


上場企業に投資できるFundsのスキームが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)代表にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・口コミを徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは魅力的です!!