SBIネオモバイル証券の口座を早速開設してみました。Tポイント投資にかなり魅力を感じているため、詳細を調べていると勘違いを発見してしまいました。それはネオモバ期間固定Tポイントというのはヤフーショッピングで配布される期間固定ポイントとは違うようです。これが一緒であればネットショッピングをヤフーだけに絞りますがどうやら違うようです。


今後サービス拡大が行われる可能性はあると個人的に考えていますが、現在のところはダメみたいです。毎月Tポイントがかなり貯まるので期待していたんですけどね。


SBIネオモバイル証券ログイン画面


既に口座開設申し込みを行い本人確認書類のアップロードまで完了させました。あとは書類が郵送されるため待つだけです。その後、サービス利用料の支払い設定を行えば登録が可能となります。


50万円以下の約定だと税別200円が毎月発生しますが、固定ポイントとして200円が毎月配布され、結局1ヶ月間の口座管理料は16円で済みます。消費税分を負担する形になっています。私の考えとしては高配当銘柄を保有し、その16円さえも負担せずに済むように銘柄を選びたいと考えています。


毎月200円以上を約定させることで期間固定ポイントを有効に使いたいと考えています。


期間固定のTポイントとはSBIネオモバイル証券だけでしか使えない?

世の中そんなにうまい話はないと思っていましたが、口座開設後に公式サイトに用意されている「よくあるご質問」を見ていて気が付いたことがあります。ここが私の中で最重要ポイントだった訳ですが、残念な結果となりました。


【Tポイント利用手続きについて】

Tポイント利用手続きとは、他社で貯めたTポイントをネオモバイル証券のサービスに利用できるようにする手続きとなります。当社で利用できるTポイントには、Tポイントと期間固定Tポイントの2つがあります。

Tポイントは、Tポイントと提携しているお店で貯めることができます。期間固定Tポイントは、当社サービスの利用により付与されるポイントで、当社でのみご利用いただけるポイントです。※サービス利用料のお支払にはご利用いただけません

Tポイント利用手続きは、ログイン後のメニュー内のマイページ>Tポイント(ID連携)サービス>Tポイント利用手続きの照会・解除画面より設定できます。※Tポイント利用手続きにはYahoo JAPAN IDが必要となります。



ただし少しだけ希望もあります。「Yahoo JAPAN IDが必要」と書かれているためひょっとして?という期待も少し残っています。口座開設完了書類が届いた後にこの辺りははっきりさせたいと思います。私の勘違いであればよいですが、多分ヤフーネットショッピングで配布されるポイントは難しいでしょうね。サービス拡大に期待します。


私はヤフーオークションなどを過去に頻繁に利用していたためTポイント発行元のCCCマーケティングとは密接な状況にあります。元々はTSUTAYAで学生の頃にレンタルを始めたことが切欠ですが、気が付けば意外と多くの店舗で利用ができます。企業別にポイント合戦となり消費者には嬉しい反面、管理も大変なのでポイント間の移行などが始まると助かります。


SBIネオモバイル証券の口座開設手順で気になるところをピックアップ

同社に口座を開設するにあたりわかりにくい場所はありませんでしたが、メールアドレス登録後の仮ログイン状態で、個人情報を入力する流れとなっているため登録完了までに少し時間が掛かります。


メールアドレス登録はアドレスを入力することでメールが届き、そのメールに書かれている「URL」をクリックして申し込みを完了させます。ここでのポイントは30分以内に発行されたURLをクリックしないと無効扱いとなり、はじめから登録しなおさなければならないことです。


ネオモバイル証券口座開設申し込み


ネオモバから登録メールが届いた画像



未成年の方は登録できないことになっているため気を付けてください。クレジットカードは未成年でも発行できますが、同社での口座開設はNGのようです。


また、口座開設には本人確認書類やマイナンバーが必要になるため事前に用意が必要になります。実際に申し込んだ感じでは、後でも登録できると思われますが、出来るだけその場で申し込んだほうがよさそうでした。


一時停止などの操作がなく、再ログインすれば多分可能だと思いましたが、私は最後まで入力を済ませました。


SBIネオモバイル証券個人情報登録画面


ネオモバ特定口座開設申し込み画面


上記のようにステップ2で申し込みで気を付ける場所があります。それは特定口座源泉徴収なしというチェックがあるからです。私は「ネオモバ」にまかせるという項目を選びましたが、「自分で確定申告する」を選ぶこともできます。


一般口座の開設はできないため、特定口座の源泉徴収「あり」もしくは「なし」を選択することになります。この辺りのことは証券口座を開設したことがある方は常識でしょう。


ただ今回はTポイントによる投資なので投資初心者も多いと考えています。初めて投資口座を開設される方は気を付けてください。


SBIネオモバイル証券口座開設完了画面


次に投資情報登録を入力し、約款等の確認・同意、そして登録内容確認を済ませると上記のように完了画面が出てきます。ここまでつまずくようなことはありませんでしたが、スマートフォンを意識した入力画面だと感じました。


私はパソコンで口座開設申し込みを行っています。スマホだと文字を打つのが遅く苦手です。


次にログインを実行するわけですが、メールでユーザーネームとログインパスワードが自動的に送られてくるため大切に保存しておきましょう。自分で設定しなくてもよいため楽でした。


本人確認書類アップロード


初期設定完了


ここまでくると一旦ログアウトしてもよさそうでしたが、引き続き本人確認書類のアップロードと初期設定を行ってみました。本人確認書類はマイナンバー通知カードと運転免許証の裏表をアップロードしました。


そして出金先などを登録すれば初期設定も完了となります!完了後は郵送される書類を待ちましょう。同社については詳しく下記の記事にまとめているのでよかったら参考にしてください。期待しています!


SBIネオモバイル証券(ネオモバ)評判とデメリット


Tポイント発行元のCCCマーケティングについても調べています。単元未満株(S株)も買えますが、普通株も買えるため上手く使えば手数料面でも得をすることができそうです。


ネオモバ投資はIPO投資家に向いている地味な積み立て

同社の投資はIPO投資家に向いているのではないか?と考えています。地味なことを長く継続できる力や性格がネオモバ投資にも向いているのではないでしょうか。IPOもいつ当選するのかわからない中で毎回申し込み続ける力はたいしたものだと思います。


IPOのように大きな利益にはなりませんが、継続すればそれなりのリーターンや楽しみになるかもしれません。結局貧乏性なのかもしれませんね。


ネオモバ200ポイントプレゼント完了


また、同社のログイン後の説明によると「お支払い方法設定完了で期間固定Tポイント200ptプレゼント」となっていましたが、すぐに貰えてしまいました。なぜ貰えたの?


送られてきたTポイントカード確認URLにヤフーIDを入力して確認してみたところ200ポイントが入っていました。またさらに200P貰えたりして?


期間固定TポイントをSBIネオモバイル証券から頂いた


期間固定Tポイントの他、通常ポイントが数百円の残高があるため合算してまずは投資を始めてみたいと思います。もちろん毎月50万円未満で売買するため口座維持には16円しかかけないつもりです。


画像のヤフージャパン期間固定のTポイントも使えるとほんと助かるんですけどね。ヤフーポイントの場合は最短有効期限が短いため自己管理をしっかりしないと消滅してしまいます。


ポイントで投資ができるシステムを採用している企業はいくつか存在しますが、これだけ大きなシェアを持っている企業は少ないでしょう。相乗効果で新しいサービスも期待したいと思います。


日本初のTポイントで投資ができるサービスが開始です! 【月額16円の管理料からOK】
⇒ SBIネオモバイル証券公式

SBIネオモバイル証券