NATTY SWANKY(ナッティースワンキー)のSMBC日興証券を調べてみました。ブックビルディング開始2日目に申し込んだときはそれほどブックビルディングが積み上がっていないと思っていたので、改めて確認したところかなり積み上がっていました。あとは運ですね。


公開株数はオーバーアロットメントを含め588,800株あり、SMBC日興証券引き受け分が563,400株になります。ざっくりネット配分を考えてみると84,510株が抽選に回り851人が当選する試算となります。先日始まったばかりの、ステージ制抽選もこの中に含まれています。新規口座開設者は3ヶ月の特典がついているため試算に含めてみました。


SMBC日興証券IPO買い付け余力


そして、Welby(ウェルビー)にも申し込みを行い申込番号を調べようとするも資金が足りなくてわかりませんでした。これはまずいと思ってネット入金を500,000円行うも翌日に入金されるシステムだったことから結局資金足らずでわかりませんでした。


Welbyのブック締め切りまでには間に合いそうですが、SMBC日興証券が主幹事を連発すると資金が足りなくなり大変です。入金ついでに信用口座も開設してみたので3月の株主優待ただ取りにもチャレンジしてみようと考えています!


SMBC日興証券即時入金失敗


これでも資金が足らないためネット証券から出金しないといけません。店頭でもいいんですが確認の電話などがあると面倒なので?最近は店頭に資金を置いておく意味があるのか自問自答しています。全然IPOくれませんしね。


SMBC日興証券は銘柄毎に資金が拘束されるため資金が乏しいと今回のようなときは資金繰りに苦しみます。IPO抽選ルールについては下記の記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。


SMBC日興証券IPO抽選ルール完全版


SMBC日興証券の信用口座開設はメリットあり?

同社の信用口座を開設してみました。まだ使っていませんが、無事信用口座を開設でき注文を入力すれば取引ができる状態となっています。ネット証券に比べると見た目が古臭い感じがしますけど、一般信用残数も確認できることから意外に使えます。取扱い銘柄はこれから増えていくと考えられます。


店頭証券の中でも同社はネット口座に注力しているため嬉しく思います。


SMBC日興証券一般信用売建銘柄発見


銘柄にって残数が多かったり少なかったりしますが、一般信用売建なので証券会社により状況が変わってきます。通常のように日証金から借りるのではなく、証券会社とのやり取りになるからです。


一般信用売建を行う証券会社が増えてきて、個人投資家にもメリットが多くなっています。同社の場合は信用取引を行っても信用取引委託手数料(売買手数料)が無料なのでメリットがあります。


現物取引手数料もそこそこ安く設定されています!流石にネット証券と比べると高くなりますが、一般信用売建目的ならば悪くないと思います。


SMBC日興証券現物取引手数料


IPOに当選しても売却手数料が安いためIPO投資家にもメリットがあります。手数料と利益が相殺されるような微妙ま銘柄にも積極的に申し込んだりできます。この辺りは自己判断になりますが、公開価格を割れなくても手数料負けすると何となく悲しいんですよね。


みんかぶIPOの補欠繰上り状況、そして当選できたのか?

先に結論から書きますが、1枚も当選することができませんでした。8割~9割の力で申し込みましたが失敗したようです。こんなに人気があると完全に想定外です。某レポートでは心配するようなことが書かれていたため戦略を誤りました。上場するまで結果はわかりませんがご当選された方おめでとうございます。


ミンカブ・ジ・インフォノイド補欠繰上り


また、穴場証券ということで楽天証券での当選確率が今回も高かったようです。私一人で頑張って申し込んでいましたが、IPO取扱いが増えているため妻にも協力を求めています。5月の連休中に何とか頼み込むつもりです。今は忙しく厳しいですね。


楽天証券IPO抽選倍率決定


当選確率は86倍なので妻と2人で申し込めば43倍になります。子供の口座も合わせて申し込めば?と妄想も広がりますが、資金がありません。最近は昔のように資金移動することが面倒だと考えるようになっているため疲れなのか?歳なのか?と感じます。


とりあえず口座開設は無料なので妻にゴリ押しで楽天証券の口座開設をお願いしたいと思います。これもマジ疲れます。


話は少し変わりますが、3月末の優待権利は26日なのでそろそろ動いてもよいと考えクロスさせた優待銘柄があります。普通に余っているので今がチャンスじゃないかな?と思いました。余力を残しつつ状況を見ながら残りを考えたいと思います。


ただし、2019年3月末優待は火曜日が最終権利付き日なので逆日歩が3日付きます!それほど高騰しないと思いますが、安全性を求めるなら一般信用売建を使っておきましょう。楽天証券も一般信用売建があるので売建可能銘柄を探してみると良い銘柄に出くわすかもしれません。各社競争しているため投資家にはメリットがあります。


東名(4439)に幹事入り決定、取扱いが増加中! 【IPOを100%抽選に回す企業】
⇒ 楽天証券公式へ