DMM株(DMM.com証券)のIPO申込み方法が変わりました。これまではログイン後のマイページから申し込みが出来ていましたが、今後はWEB版の「DMM株 STANDARD」またはスマホアプリ「DMM株」ノーマルモードからの申込みに変更されました。今までは申し込みを行うとメールで申し込み確認ができていましたが、今後は廃止されます。


申し込み方法が変更となりますが、難しいことはなくパソコンとスマートフォンで申し込み方が変わるだけです。DMM株は完全平等抽選を行っているためIPO取扱いがあれば参加しておきましょう。


DMM株(DMM.com証券)のIPO申込み方法


同社のIPO抽選ルールは別記事にまとめていますが、ざっくりご紹介すると申込者すべての当選チャンスがあり、抽選段階では資金が不要なので当選してから購入代金を入金すればよい前受け金不要を採用しています。最近増えてきていますが、資金不要で抽選に参加できるため魅力的な企業です。


口座開設後に当選すれば取引手数料も無料となっているため、売買手数料的にも魅力でしょう。この辺りは毎月状況が変わるため最新の情報は公式サイトで確認をお願いします。


DMM.com証券のIPO購入手順


IPOが当選した場合の購入方法は上記のようになります。この辺りは変更がないため心配はいりません。今回は申し込み方法だけが変わっています。


完全平等抽選となっているため、取引実績や預かり資産などに応じた配分(裁量配分)は行われません。現在のところ委託幹事になりますが、同社の勢い的には幹事入りしてもおかしくないのかもしれません。ライブスター証券のようにいきなり幹事入りすることも考えられます。


同社はベンチャーキャピタルも子会社にあることから様々な方面に出資しています。今後IPO幹事になることは十分考えられるため早めに口座を開設しておいて損はないでしょう。


ただしデメリットが一つ存在し、当選した場合は購入注文をカスタマーサポートに電話しなければなりません。この辺りはまだ手間が掛かりますが、取扱いが増えれば改善されていくことでしょう。


当選しても入金が間に合わない場合は購入ができないため自己資金の管理には気を付けてください。


DMM株でIPOを申し込む手順を徹底解説!

DMM株(DMM.com証券)でIPOを申し込む手順を新たにご紹介します。パソコン版を私は利用しているため下記に画像付きで詳細を書いています。申し込み方法は簡単です。


DMM株IPO申し込み方法


マイページにログインした後に、PC版株式に移動すると上記のような画面が出てきます。私はデフォルト設定のブラックから見やすいホワイトバージョンに変更しています。


画像の左に「IPO新規公開株式」という表示があるのでクリックすると現在申し込みができる銘柄が表示されます。


DMM株IPO申し込み画像


上記の画面が出るためIPO申し込みをクリックすると下記のような画面が出てきます。ここで1つポイントがあり、抽選申し込み期間前でも申し込みが可能です。なぜなら委託幹事を引き受けるかどうかまだわからないからです。


引受け後でも構いませんが、取扱い銘柄が表示されれば申し込んでおいて損はありません。手間だと思う方は取扱い決定の報告を待って申し込みを行いましょう。完全平等抽選なので優劣はないと思いますが、なんとなく始めから申し込みを行っていたほうが当選しやすいのかも?


DMM株IPO申込完了


申し込みボタンを押すだけで抽選に参加できるため簡単です。金額指定などはなくすぐに終わらせることが可能です。ちなみに申し込みを2回行ってしまうと「IPO抽選申し込みに失敗しました」と画面に警告的な表示が行われます。


少しドキッとしましたが、特に間違っても問題はなさそうです。


IPO申し込み失敗


また申込結果紹介という画面も用意されており、当選結果などを表示できる画面も備わっています。これまでよりもわかりやすくなっているため今回の改善は嬉しく思います。


IPO申し込み銘柄が増えてもわかりやすい表示となっているため当落の確認もしやすいと思われます。


DMM.com証券のIPO申込


ログインを一度行ってみると、手順がわかりやすいと思います。管理画面は黒バージョンからホワイトバージョンへ変更し若干見やすくなっています。黒色は項目を探すのに時間がかかったので変更しました。変更方法は左カラムの設定をクリックし画面設定タブで変更するだけです。


取引設定や通知設定なども変更ができるのでオリジナルにすることも可能です。下記の画面です。


DMM株画面設定


スマートフォンでIPOを申し込む方法も簡単だった!

同社のスマートフォン申し込みもパソコンとそれほど違いはありません。逆に少し親切かな?と感じています。スマホアプリの「DMM株」をダウンロードしログインを行い、メニュー画面からIPO新規公開株をタップしIPO新規公開株申込をクリックすれば同様の流れとなります。


スマートフォンDMM株


DMM株IPO申込完了(スマートフォン)


迷うようなことはないと思いますので流れに沿って申し込みを行えばよいと思います。スマートフォンでも申込結果紹介がパソコンと同様に表示されます。


DMM株でIPOが当選した後に購入約定となった場合は4営業日前に取引ツールに残高が反映されます。


    【DMM.com証券公式抜粋】

  • 購入注文を新規上場日の4営業日前までに発注できなかった場合、以降の営業日の16時00分までに受注が完了すれば、翌営業日に取引ツールの残高に反映します。
  • NISA口座を指定したお客様で、約定の結果、非課税投資枠(NISA/ジュニアNISA枠)を超過した場合、口座区分を特定口座または一般口座に変更します。
  • 当選辞退があった場合、補欠当選のお客様の中から繰上当選を決定します。
  • 繰上当選のお客様には、お電話およびメールにて連絡します。また、メールにて目論見書を交付いたしますので、必ずご確認ください。
  • 当選のお客様と同様、繰上当選のお客様の購入注文も、カスタマーサポートで受注します。



同社の口座を持つことでIPOに当選できるとは言えませんが、前受け金不要でIPO抽選に参加できるため口座を開設しておいて損はないでしょう。幹事入りした場合は口座開設が間に合わないと考えられるため、時間があるときに頑張っておきましょう。


いずれ幹事入りすると思われますが、同社が狙っているポジションはあの企業のようです。今後もサービス拡大を狙い攻めてくるでしょう。一般信用売建も取扱いが行われるのでは?と予想しています。


証券会社もサービス合戦となり投資家には嬉しいばかりですね。


DMM.com証券がIPO取扱いをついに発表しました! 【前受け金不要で抽選に参加できる】
⇒ 株をはじめるなら、DMM.com証券

【DMM 株】口座開設






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事