MTG(7806)最終初値予想と気配運用記事になります。いよいよ7月の最注目銘柄のMTGが上場となります。公開株数やオーバーアロットメントの変更は行われませんでしたが、事前幹事配分予想を大きく下回る配分となり、結果的に簡単には当選できないIPOとなりました。それでもブログやツイッターで探してみると当選者は結構いました。


主幹事の野村證券の他にもSMBC日興証券や、楽天証券、松井証券などでの当選者もお見かけしました。私の抽選結果は野村證券で100株当選となり、運が良かったようです。公開株数から考えると容易に当選できそうでしたが、人気が高く激戦だったようです。


MTG(7806)最終初値予想と気配運用


項目 株数データ
公開価格 5,800円決定
公開株数 6,900,000株
オーバーアロットメント 1,035,000株
幹事団 野村證券(主幹事)
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
東海東京証券
SMBC日興証券
SBI証券 ←ポイントが貯まる
みずほ証券
楽天証券 ←IPO口座は少ない
いちよし証券
岡三証券
エース証券
マネックス証券 ←完全平等抽選
松井証券


最終的なMTG幹事配分も書いておきたいと思いますが、いちよし証券以下の平幹事でご当選された方は強運の持ち主でしょう。店頭系からの完全抽選枠を狙うにも引受株数の10%程度が完全抽選枠になるためそれはそれで激戦です。野村證券では当初の引受が5,313,000株でしたが、その後3,677,000株に減らされているため抽選派も厳しかったと思います。


MTGの詳細は下記記事が参考になると思います。想定発行価格5,290円から510円も高くなった公開価格ですが、それでも人気のようです。

⇒ MTG(7806)IPO新規上場と初値予想


MTG(7806)最終的な幹事引受株数の詳細

幹事名 配分単位(株)
野村證券(主幹事) 5,313,000⇒ 3,677,000
大和証券 690,000⇒ 477,400
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 207,000⇒ 143,200
東海東京証券 207,000⇒ 143,200
SMBC日興証券 103,500⇒ 71,600
SBI証券 103,500⇒ 71,600
みずほ証券 69,000⇒ 47,700
楽天証券 69,000⇒ 47,700
いちよし証券 41,400⇒ 28,600
岡三証券 34,500⇒ 28,600
エース証券 20,700⇒ 14,300
マネックス証券 20,700⇒ 14,300
松井証券 20,700⇒ 14,300


上記のように大きく株数が変更になりました。メルカリ(4385)でも似たようなことが起きましたが、グローバルオファリング銘柄や上場規模が大きいと今回のようなことがたまに起こります。裁量配分の方も厳しかったとききました。


MTG(7806)気配運用と最終初値予想

MTGの気配運用が東京証券取引所から発表されました。メルカリが一旦ストップ高になったため初値売却を見送る方も多いと思いますが、上場後株価が上なのか下なのか予想もつきません。リスクを取りたくない公募組の方は初値売却でしょう。


項 目 気配運用の内容
板中心値段 5,800円(公募・売出価格)
上限値段 13,340円(更新値幅290円、更新時間10分)
下限値段 4,350円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 1,450円以上、23,200円以下


最終初値予想6,800円


初値予想は10万円のプラスとなっています。私は板を見ながら考えたいと思いますが、余裕があれば少し高いところで売却したいと思います。初値価格よりも下で売却となる可能性もあるため、基本的に初値で売ってしまうほうがよいでしょう。


上場規模が大きいため普通であればそれほど上値はないと思いますが、メルカリが前例を作っているため様々な思惑もあるかと思います。明日の日経は穏やかに始まってほしいと思います。


イボキン(5699)IPO主幹事です! 【IPO申込で資金重複でもOK】
⇒ 東海東京証券公式へ