M&Aキャピタルパートナーズ(6080)の株主優待が届いたためご紹介したいと思います。使い勝手が良いクオカードが貰えるため優待クロス組に人気です。


ただし値がさ株のため資金力が必要になります。複数名義でクロスできれば最強の株主優待だと思います!


M&Aキャピタルパートナーズ(6080)の株主優待はクオカード3000円分


M&Aキャピタルパートナーズは現時点で配当金がでません。そのため唯一のインカムゲインが株主優待になります。


2019年11月30日を基準日として株式分割が行われているため、株主優待制度の実質拡充が過去に行われています。


事業は企業(事業)の合併や買収の仲介会社です。コロナ禍では業績が順調に拡大し調剤薬局に強い顧客基盤を持つとされています。


ちなみに私は優待クロスで株主優待のクオカードを3名義分いただきました。早めに狙ったため経費が多く掛かってしまいました。


M&Aキャピタルパートナーズ(6080)の株主優待を詳しく調べてみました。クオカード3000円分GET

M&Aキャピタルパートナーズの株主優待は100株以上保有していれば貰えます。


権利確定月は9月末のみになります。1年以上保有するなどの条件は設けられていないため、優待クロス組には助かる銘柄だと思います。


項 目その内容
対象株主毎年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された1単元(100株)以上保有の株主
優待内容一律、クオカード3,000円分を贈呈
贈呈時期毎年1回、12月下旬に定時株主総会の決議通知に同封し発送される


株主優待の権利を得ると12月下旬にクオカードが届きます。


貸借銘柄になり一般信用売建を利用することで逆日歩も付きません。私はSBI証券でクロスさせました。


ただ株価が高いため早めに一般信用売建を行うと経費がかさみます。1名義はかなり早くから売建ましたが、残り2名義分は意外とギリギリに売建たと記憶しています。


奥さんに協力してもらいましたが、操作が遅いせいでなかなか確保できなかったことを覚えています。


コロナ禍から一般信用売建を利用した優待タダ取りに注力する方が多くなりすぐに売り切れてしまいます。そのため早めにクロスすることが多く経費がこれまで以上にかかるようになりました。


SMBC日興証券だと貸株料がSBI証券よりも安く済みますが、こちらは競争がさらに激しいため無理でした!!


M&Aキャピタルパートナーズ(6080)の株価推移はどうなっている?

M&Aキャピタルパートナーズが上場したのは2013年11月20日、公開価格3,000円に対し初値は7,000円でした。


その後、公募増資や株式分割を行い現在に至ります。


M&Aキャピタルパートナーズ(6080)の株価推移
※SBI証券公式サイト引用


上記は上場からの株価推移になります。


2019年11月に株式分割を「1株→2株」に行っていますが、それ以前にも分割が行われているため上記のようになるようです。これまで3回分割されているようです。1回目は「1株→3株」です。


上場から100株持っていたら分割され1,200株になるようですね。マジか!と驚きの内容でした。


上場した時はマザーズ市場でしたが、現在は東証プライム市場となっています。企業成長を見込んで長期投資を行う方は凄いですね。私には難しいです。


M&Aキャピタルパートナーズ(6080)の業績を確認してみました。配当出ないの?

M&Aキャピタルパートナーズは無配を維持したままです。2022年9月期の売上は連結で207億円を超えています。


当期純利益は約67.9億円となっています。配当金がそろそろ設定されても良さそうなんですけどね。


M&Aキャピタルパートナーズの売上推移
※M&Aキャピタルパートナーズ公式サイト引用


損益計算書
※M&Aキャピタルパートナーズ公式サイト引用


上記データからわかるように業績拡大が続いています。


さらに株価が高くなるとまた株式分割が行われる可能性もありそうです。中長期的な投資にも期待できそうですね。


企業買収や合併は日本の課題とも言われています。同社はテレビCMを行っているため知名度は抜群だと思います。そのため買収や合併を考えている企業からすると選択肢の一つになるのかもしれません。


M&Aキャピタルパートナーズ(6080)の株主優待を現物で貰える方は本当の投資家!?まとめ

本来企業成長を楽しみながら中長期で投資を行うことが株主だと言われていたと思います。


しかしインターネット社会となり、誰でも気軽に投資ができる世の中になり投資スタイルが変わりました。


M&Aキャピタルパートナーズ(6080)の株主優待まとめ


クオカードだけ頂くずる賢い優待クロス取引も今では証券会社が勧めています。これも時代の変化だと思います!


企業によっては株主数を維持したり増やすため戦略的に株主優待を利用している企業もあります。


今回私が頂いたクオカード3,000円×3枚は妻に没収されたため自分で使うことはありません。そもそもお小遣いも貰っていませんからね。


ただ物価高となっているため妻も生活のため上手くクオカードを利用しているようです。株主優待でクオカードは一番人気なのでは?と考えています。


株主優待の中では最強クラスなのは間違いないでしょう。金欠時は重宝しますからね!


AGクラウドファンディングの口座開設ベースでVプリカとAmazonギフト券を1,000円分ずつプレゼントしています。


月末までのキャンペーンとなっているためよかったらご利用ください。タイアップ特典は継続されますがVプリカ進呈が更新されるのかはわかりません。


詳しくは下記記事で説明しています。2,000円分の特典となっています!


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。