GA technologies(3491)IPOが東証マザーズに新規上場承認されました。主幹事がSBI証券となっており、IPOチャレンジポイントを使う方も多そうです。公開株式数は600,000株だけでオーバーアロットメントの設定はありません。事業は自社システムのRenosy(リノシー)を使い中古不動産の売買仲介などを行っている企業です。


人工知能(AI)やRPA(Robotic Process Automation)などにも関係があるようです。ビッグデータなどにも関係がありそうな企業なのでIPO市場では好まれる傾向があります。SBI証券では複数配分も可能になるため当選期待をしている方も多そうです。業績面がやや心配ですが、売上は好調に推移しているようです。


GA technologies上場と初値予想


GA technologies(3491)IPOの詳細データ

項目 上場基本データ
市場 マザーズ
業種 不動産業
事業内容 中古不動産流通プラットフォーム「リノシー」の開発・運営、プラットフォームを通じた中古不動産の売買仲介及びリノベーションの企画・設計・施工
公開予定 7月25日
ブックビルディング期間 7月06日~7月12日
想定価格 2,130円
仮条件 2,310円~2,510円
公開価格 7月13日
企業情報 https://www.ga-tech.co.jp/


【手取金の使途】

手取概算額1,165,760千円については、以下の運転資金への充当を予定しています。

①新規事業(クラウドファンディング事業)の開始
当社は、小規模不動産特定共同事業者(東京都知事(1)第1号)として、一般の投資家等から小口出資を受け、それを基にマンション等の不動産を取得し、賃料収入等を投資家に分配する事業(クラウドファンディング事業)を平成30年8月から開始する予定です。クラウドファンディング事業を手掛ける場合、ファンド運営期間中は対象資産が当社のバランスシートに計上されることから、一定程度の運転資金が必要となることが想定されます。現時点では、18,000千円程度の物件を年間複数回取得することを計画していることから、クラウドファンディング事業の開始に伴う運転資金の増加に対して、45,000千円を充当する予定

②Renosy事業の拡大のための人件費
今後、既存事業であるRenosy事業を拡大すべく、ユーザーが利用するアプリ、Webサイトの機能を向上するために、開発人員を増加する予定です。そのため、採用費、人件費の増加に対して、115,000千円を充当する予定

③広告宣伝費の拡大
当社のRenosy事業の拡大には、Renosyブランド及び当社自身の認知度向上が必要不可欠と考えています。そのために、今後もインターネットを含む各種媒体を通じた積極的な広告宣伝を行っていく方針です。具体的には、広告宣伝費として1,005,760千円を充当する予定



項目 株数データ
公募株数 600,000株
売出株数 0株
公開株数(合計) 600,000株
オーバーアロットメント 0株
上場時発行済み株数 4,251,380株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額 約90.6億円
幹事団 SBI証券(主幹事)
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券 岡三オンライン証券
東海東京証券
藍澤證券
岩井コスモ証券 ←後期型IPO申込


GA technologies(3491)上場評判とIPO分析

想定発行価格2,130円を基に吸収金額を算出すると約12.8億円規模の上場となります。上場規模的には少し標準よりは大きいですが、株価も買いやすい水準で問題なさそうです。事業は中古不動産に特化した流通プラットフォーム「Renosy」の運営を通じた事業展開を行っています。


Renosy事業では、「中古不動産のマッチング・ポータルサイトを通じた中古不動産の売買及び仲介」「賃貸物件の契約、集金代行等の管理業務」「リノベーションの企画・設計・施工管理」「会員向け情報提供・資産管理アプリの開発・運営」などを主に行っています。中古不動産を自社で仕入れ、それらを一定期間内に販売することによる売買収入や不動産の売買に係る仲介収入、販売後の物件の集金代行等による手数料収入を得ています。


リノベーションに関しては自社にて中古不動産の仕入れは行わず、顧客の保有物件に対して企画・設計・施工管理を請負っているそうです。同社の「Renosy」プラットフォームには、同社が自ら仕入れた物件を含む豊富なマンション情報を掲載しており、これら物件と物件購入を希望する買い手との間において速やかに取引を成立させる仕組み(マッチング機能)を提供しています。


GA technologies上場評判とIPO分析



さらに同社は、物件のマッチングに留まらず、顧客が満足度の高い取引を実際に成立させるまでを顧客の「成功」と定義し、顧客毎に異なる成功の実現に至る一連のプロセスにおいて自社のエージェント(販売担当者)を介在させたエンド・トゥー・エンドのサービス提供も行っています。
※エンド・トゥー・エンドとは、物件やそれに付随する情報の収集から契約締結、購入後のアフターフォローまで、すなわち「端から端まで」の意味です


同社が手掛ける事業の特徴として、AIやRPA活用による高効率かつ科学的な業務運営が挙げられます。アプリやウェブ・ポータル、インターネット広告、接客面談等のさまざまな顧客接点を通じて得られるデータを自社開発システム「Tech Series」に集約し活用することで、不動産売買に係る一連の業務を自動化・効率化しています。


GA technologies(3491)事業内容



掲載物件は現在39,871件あり、東京都23区に絞ると15,535件となります。今後は不動産事業を通してクラウドファンディング事業にも着手するとあります。上場による資金使途にもしっかりと書かれているため個人的にも期待しています。


政府が平成28年に発表した「名目GDP600兆円に向けた成長戦略」において、IoT・AI・ビッグデータ等の活用を通じた第4次産業革命の実現で30兆円の付加価値創出を目指すことを示しています。これにより同社では、少子高齢化や人口飽和、核家族化、所得の伸び悩み、都市部への人口集中等により、中古住宅の有効活用が果たす役割が今後より一層大きくなることが期待されると目論んでいるようです。


GA technologies(3491)販売実績


GA technologies(3491)の企業財務情報と配当性向

回次 第4期 第5期
決算年月 平成28年10月 平成29年10月
売上高 5,373,624 9,557,609
経常利益 △102,099 336,265
当期純利益又は当期純損失 △133,277 258,828
持分法を適用した場合の投資利益
純資産額 14,992 336,617
総資産額 722,839 998,344
1株当たり純資産額 4.53 97.48
1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額 △41.38 77.35
自己資本比率(%) 2.1 33.6
自己資本利益率(%) 147.6
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー △163,620 467,425
投資活動によるキャッシュ・フロー △95,986 △128,516
財務活動によるキャッシュ・フロー 413,947 △162,125
現金及び現金同等物の期末残高 279,318 456,102
※数値は千円単位


第6期第2四半期累計期間(平成29年11月01日~平成30年4月30日)
売上高8,159,981千円
営業利益274,140千円
経常利益264,251千円
四半期純利益171,180千円


GA technologies(3491)従業員と株主の状況

会社設立は2013年3月12日、東京都渋谷区広尾一丁目1番39号恵比寿プライムスクエア8階に本社を構えます。社長は樋口龍氏(昭和57年11月23日生まれ)、株式保有率は39.97%です。
従業員数は164人で平均年齢29.3歳、平均勤続年数1.7年、平均年間給与5,366,085円となります。


氏名又は名称 所有株式数(株) 所有株式数割合(%)
樋口 龍 1,900,000 39.97
合同会社GGA 930,000 19.56
株式会社GA technologies 642,260 13.51
株式会社TATERU 335,180 7.05
清水 雅史 184,000 3.87
佐野 比呂之 150,000 3.16
樋口 大 140,000 2.94
※株主上位7名の状況


【目論見抜粋】

本募集に関連して、当社取締役である樋口龍及び清水雅史、並びに株主である合同会社GGA及び株式会社TATERUは、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成31年1月20日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等は行わない旨合意しております。

また、当社株主であるみずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年10月22日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所における売却等は除く。)は行わない旨合意しております。



上位株主には180日間(平成31年1月20日まで)のロックアップが付与されています。別途90日間(平成30年10月22日まで)にはロックアップ解除倍率1.5倍の設定があります。


ベンチャーキャピタル出資は、NTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合106,000株とみずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合41,880株の2社だけのようです。NTT系のほうにはロックアップが掛けられていないようです。


GA technologies(3491)IPO大手初値予想と各社配分

想定発行価格2,130円に対し、仮条件が大きく引き上げられ2,310円~2,510円となりました。これに伴い吸収金額の引き上げも発生し、仮条件上限の2,510円算出で約15.1億円の吸収となります。また、オーバーアロットメントの設定はありません。


2018年10月の単体業績予想では売上82.4%増、経常利益79.5%増の増収増益見込みとなっています。EPS105.18を基にPERを算出すると約23.86倍です。自社プラットフォームであるRenosyを使い物件と物件購入を希望する買い手をマッチングさせるサービスを行っています。


初値予想4,700円~5,400円

初値予想(第2弾)4,400円~5,100円


初値は2倍以上となるようですが、同社は人工知能(AI)やRPA(ロボットによる自動業務)などにも関係があり人気化するようです。ベンチャーキャピタル保有株は少なく、ロックアップは1.5倍解除となります。不動産の値崩れが起きた場合に同社にプラスなのかどうかはわかりませんが、しばらくは業績期待もできそうです。


幹事名 配分単位(株)
SBI証券(主幹事) 510,000
大和証券 42,000
みずほ証券 18,000
SMBC日興証券 18,000
岡三証券 3,000
東海東京証券
3,000
藍澤證券 3,000
岩井コスモ証券 3,000


類似企業 PER
PBR
TATERU(1435) PER28.37倍 PBR13.41倍
AMBITION(3300) PER19.25倍 PBR8.56倍
ファーストロジック(6037) PER21.7倍 PBR3.02倍


SBI証券主幹事のためIPOチャレンジポイントを使った当選が有効だと思われます。公開価格決定日が7月13日なので、IPOチャレンジポイントが5倍適用になるはずです。SBI証券で新しく始まったキャンペーンなのでこの機会に1回の落選で5ポイントをGETするチャンスだと思います(6月19日~7月13日まで)


SBI証券IPO抽選ルール


私も未成年口座のポイントを増やすために追加入金をしました(笑)某支店から引き抜いたお金を分散したいと考えていたところなので丁度良かったと考えています。過去のIPOチャレンジポイントによる複数抽選結果は下記の表が参考になると思います。直近ではライトアップを強制的に当選させました!


ライトアップ(6580)IPO複数当選300株


300株の当選で60万円程度あれば嬉しく思いますが、なるようにしかならないので上場を待ちます。エーアイは200株の複数配分だったようです。RPAホールディングスのような1撃320万円利益を狙うのも良いですが、私は待てませんでした。メルカリ購入忘れが尾を引いています。


SBI証券でIPOチャレンジポイントを使った場合の当選株数など


GA technologiesのストックオプション詳細を調べました

ストックオプション行使期間 株式の数(株) 発行価格(円)
平成29年5月26日~平成39年5月11日 140,000 358
平成31年5月16日~平成39年5月11日 180,100 358
平成32年1月31日~平成40年1月11日 32,600 1,900
平成32年8月01日~平成40年3月08日 50,000 1,900
平成33年8月01日~平成40年3月08日 100,000 1,900


ストックオプションで行使期限を迎えている株数は140,000株となります。新株予約権者は、新株予約権の権利行使時において、同社または同社関係会社の取締役、監査役または従業員であることを要するとあります。設立から5年しか経過していないためストックオプションも出回らない可能性が高そうです。


GA technologies(3491)IPO私見と申し込みスタンス

GA technologiesは今話題の人工知能と少しだけ関係がありそうです。株価が何倍にもなるようには思いませんが、ある程度注目されると考えています。前期売上は96億円と言うことで会員の増加とともに業績が向上してくるものと思われます。


他の同業種と何が違うのかと言えば、自社にて当該データを顧客属性に応じた物件情報の取得・推薦、マーケティング、サービス設計などに活用できることが挙げられます。また同社は自社システムをパートナー各社に提供することも今後考えているようです。これによりより多くのデータ蓄積ができ新規サービスに活用できる展望があるそうです。


SBI証券主幹事と言うことでIPOチャレンジの話題になりがちですが、前回のエーアイやライトアップでは数枚の申込みでも当選をしている方が見受けられました。私はGA technologiesにIPOチャレンジポイントを使う予定はないため完全抽選で当選を狙いたいと思います。


GA technologies(3491)IPO主幹事です! 【IPOを始めるなら口座は絶対に必要です】
⇒ SBI証券公式サイトへ