エスネットワークス(5867)の初値予想と幹事割当数などを評価したいと思います。初値2倍以上は期待できるIPOのようです!


オファリングレシオが低く上場規模も3億円弱のため初値高騰パターンだと思います。


エスネットワークス(5867)IPOの評価


項目株数データ
想定価格700円
仮条件11月30日
公開価格12月11日
公募株数50,000株
売出株数300,000株
公開株数(合計)350,000株
オーバーアロットメント52,500株
幹事団SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
アイザワ証券
楽天証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


同社は変革フェーズにある企業に対し経営支援コンサルティングを行っている企業です。


また、海外進出を行っている企業を支援している特徴を持っています。某紙によれば「普通のコンサルファーム」になるとのことです。


IPOとしては人気が見込めると考えています。しかも上場規模が想定ベースで約2.8億円と極小ですからね。時価総額は約21.3億円となっています!


ロックアップは180日間で解除設定がないため需給に関しては魅力があります。


2023年の上半期であれば初値3倍は軽い案件だと思いますが、下半期は駄目なIPOが多いためSBI証券のIPOチャレンジポイントを使いたいと思っている方は相当悩みそうですね。


IPOチャレンジポイントの価値も1ポイントあたり200円程度まで落ちています。


最近のIPOは大型化しているため小粒上場は貴重です。ただ初値はしばらく前に比べると飛びません。セカンダリーも微妙なんですよね。


エスネットワークス(5867)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。仮条件が上振れする可能性もありますがここ3年の業績は横ばいとなっています。


設立から33年以上経過しているためスピード上場感はゼロです。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,500円~2,000円
※注目度B


公開価格割れは考えられませんが、先日SBI証券主幹事で上場したバリュークリエーション(9238)の値動きを考えるとあまり期待しないほうがよさそうです。


小型銘柄は個人投資家の思惑次第なので何とも言えませんけどね。セカンダリー期待はかなりあるように思いますが難しい判断だと思います。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

「IPO承認」エスネットワークス(5867)の上場データと初値予想を考察!


エスネットワークス(5867)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSBI証券が単独で引き受けます。


幹事名割当株数引受割合
SBI証券(主幹事)315,000株90.00%
SMBC日興証券10,500株3.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券10,500株3.00%
みずほ証券7,000株2.00%
アイザワ証券3,500株1.00%
楽天証券3,500株1.00%


IPOの人気が低迷しているため当選確率はいつもよりも高そうです。


SBI証券に資金を集中させて当選している方の金額が下がってますよね?しばらく前だと1億円でも当選が難しかったのに2,000万円程度で当選している方もちらほらいらっしゃるようです。


運も大きく関係していると思いますが一時期の人気は見られません。


私は資金枠で当選できないと思っているので資金移動さえ行っていません。目の色をかえて投資している方も減りましたよね。私はコツコツ頑張ります。


朗報!上場会社のビーロット(3452)が直接運営しているクラファンでキャンペーンが行われています。


口座開設ベースでAmazonギフトカード1,000円分が貰えるので記事にまとめてみました。よかったら参考にしていただければと思います。




エスネットワークス(5867)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


人気が集中しそうなのでIPOチャレンジポイントの出番だと思います。ただ株単価が低いため10万円程度の利益になりそうです。


エスネットワークス(5867)IPOの業績予想
※エスネットワークス公式サイト引用


業績を確認すると2023年12月期の連結予想を確認することができました。それによれば売上27.18億円となり前期26.49億円から2.60%増、経常利益2.48億円となり前期2.35億円から5.53%増となります。


四半期利益は1.53億円となり前期1.43億円から6.99%増を予想しています。


想定発行価格700円による指標はEPS52.08からPER13.44倍、BPS454.31からPBR1.54倍になります。配当金が41円なので配当利回りが5.86%になります。


グロース市場の銘柄なのに配当金が高くちょっと驚きのIPOです。業績は頭打ちが感じられるようです。


kimukimu

吸収金額が低いため公募組の売渋りも起きやすいのでは?と考えています。久しぶりに初値持越しパータンかもしれません。



アセクリの口座開設でデジコ1,000円分が貰えるタイアップが始まりました。タイアップページを用意していただいたので公式サイトでも確認できます。


条件は口座開設完了なのでハードルは低いと思います。気になる利回りは高めに設定されています!


人気企業ですがまだ口座開設されていない方でご興味があればご利用いただけたらと思います。下記記事に詳しく内容をまとめています。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。